Pocket

本日は京都大賞典2017 荒れレース診断予想を中心とした記事になります。

 

京都大賞典ですが、こちらは登録頭数が15頭なっています。

 

メンバーは、毎日王冠と比べて物足りない構成ですね。

 

これまでの実績では、シュヴァルグランやサウンズオブアース、ミッキーロケットが、このレースをキッカケにG1勝利に向けての弾みとなるレースが出来るかが注目となってきます。

 

3歳馬の登録が無かったのが残念ではありますが各馬の特徴は掴んでいますので、3連続重賞3連勝を目指して頑張ります。

 

 

まずは、想定オッズを見ていきましょう

 

シュヴァルグラン    2.1倍

ミッキーロケット    3.7倍

サウンズオブアース   4.7倍

スマートレイヤー    7.9倍

トーセンバジル     11.7倍

フェイムゲーム     13.4倍

 

ざっと上位6番人気までの想定オッズとなっておりますが、シュヴァルグランは納得の人気ですかね。

 

 

京都大賞典荒れるレース診断予想

 

まずは、過去10年の傾向をデータで見てみましょう。

 

人気&配当

2013年に3連単360万馬券がでてますね。

 

しかし、基本的に京都芝2400mは紛れが少ないレースですので、余り過度な大穴狙いはしない方がよいかもしれません。

 

 

脚質傾向

過去10年逃げ馬は全滅です。

 

先行馬が圧倒的に有利です。

 

 

枠傾向

 

開幕週ということもあり、内枠~中枠が有利になっています。

 

 

登録馬時点荒れるレース診断

 

過去データを見る限り、荒れる傾向のレースではありません。

 

しかし、荒れていない年は2016年はキタサンブラック。2015年はラブリーデイと実績のあるG1馬が出走してきている年もあります。

 

今年はG1馬いないので果たしてどうなのかというところですね。

 

 

では、有力馬の分析をしていきたいと思います。

 

出走予定馬分析

 

シュヴァルグラン

 

想定1番人気

 

個人的に過去に何度か美味しい思いをさせて頂いている馬です。

 

この馬は東京も走りますが、やはり京都と阪神が主戦場だと思っています。

 

このレースの後は天皇賞秋では無く、ジャパンカップを目指す様です。

 

当然ジャパンカップをメイチに持っていくのは明らかですが、だからこのレースは余裕残しか?といわれたら、そうでは無い気がします。

 

過去休み明けの前哨戦でG2を2度使って、1着、2着と結果を出しています。

 

ジャパンカップまで約2ヶ月近くあり、調整期間も充分にありますので、ここはそれなりに仕上げて臨んで来ていると思います。

 

「1番人気=期待値が低いからあまり買いたく無い」というマイスタイルですが、このレースに関しては、この馬は軽視出来ないですね・・・。

 

このレースが中山などであれば絶対に消しますが、実績のあるコース、距離なので軸候補にせざるを得ないと現時点で思っています。

 

 

ミッキーロケット

 

想定2番人気

 

この馬も京都、阪神のコース適正を感じさせる馬です。

 

ただ、シュヴァルグランのようにG1を狙える馬か?といわれたら、まだそのレベルでは無い気がします。

 

現時点では、あまり積極的に買いたいという要素が見つけられません。

 

最終追い切りを見ての判断になりますが、シュヴァルグラン軸で買うのであれば、こちらは消す可能性もあります。

 

 

サウンズオブアース

 

想定3番人気

 

善戦マンの登場です。

 

勝利が2014年4月の500万クラスからありません。重賞2着(G1 3回2着あり、菊花賞、有馬記念、ジャパンカップ)で賞金を稼いでいます。

 

この馬もシュヴァルグランと同じで、G1に手が届きそうで届かない。残念な馬です。

 

そして、G1で好走するのにG2では「あれ?」という走りをする。何とも掴みきれない馬でもあります。

 

今年は春にドバイ遠征して、帰国後札幌記念を使って今回3走目。

 

札幌記念を使っているので、このレースに向けては調整は問題無く来ていると思いますので、押さえておく必要はあると思います

 

 

スマートレイヤー

 

想定4番人気

 

脚質転換してから覚醒しました。

 

メイチはエリザベス女王杯になると思いますが、このレースは試走としての位置づけ感が相当ありますね。

 

勝てるレースを選ぶのであれば、距離適正のない京都大賞典では無く、次週の府中牝馬ステークスを狙った方、距離適正を考えたら勝てる確率が高い気がします。

 

実績のある馬ですが、人気になるようならあまり重視したくないですね。

 

 

トーセンバジル

 

想定5番人気

 

3連勝して昨年の秋に準オープンを卒業後、重賞の壁にぶち当たった格好になります。

 

さすがに、このメンツで想定5番人気は過剰人気ではという感じもしないでも無いですが・・・。

 

脚質的にも後ろから競馬をする馬なので、重視はしない方向でおります。

 

 

まとめ

 

上位人気馬5頭を検証してきました。

 

軸はこの時点で決まってしまいました。

 

あとはどのように馬券を組み立てていくかですが、最終追い切りと枠順を見て判断していきたいと思います。

 

最後に、実力があるのに想定5番人気に入っていません。

 

その馬は↓

 

競馬ブログランキング

 

この馬が想定人気どおりなら絶対に押さえようと思っています。

 

セン馬なので、G1勝っても種付けられません。

 

G1を勝つ必要がありません。

 

賞金を稼ぐのであれば、G1よりG2定量戦が絶好のチャンスです。

 

ココが狙い目でしょう。

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。