Pocket

今回はアルゼンチン共和国杯2017 荒れる診断予想および出走予定馬分析の記事を中心に書いていきます。

 

本題に入る前に、まずは昨日行われた天皇賞秋の回顧と予想の反省を書かせて下さい。

 

天皇賞秋結果報告

 

軸指定していたリアルスティールは4着、ソウルスターリングは6着の結果となりました。

 

※この軸予想については、後ほど予想の反省の方で詳しく書きます。

 

天皇賞秋は結果として、キタサンブラックの強さが際だったレースとなりました。

 

スタートで出遅れて道中内で揉まれていたにも関わらず、3コーナー付近で内側から序々に進出し、サトノクラウンとの壮絶な叩き合いの末、勝利を掴みました。

 

道中では「キタサンブラック沈んだな」と誰しもが思ったのでは無いでしょうか?

 

この馬には欠点というのは何もないですね。まさに大相撲でいう貴乃花!

 

サトノクラウンは調教の様子から、ここは8割~9割での出走だったと思われますが、道悪の鬼ということもあって、やはり走りますね。

 

これが良馬場だったら全く違った結果だったのでしょうね。

 

3着レインボーラインはステイゴールド産駒ということもあり、3連単フォーメーションの対抗にいれていました。

 

この馬に関しては道悪適性があっての3着でしたね。

 

払い戻しは、道悪になっても3連単は5万円台とやはり荒れませんでした。

 

キタサンブラックの残り2戦ジャパンカップと有馬記念となります。

 

今回非常にタフなレースとなりましたので「疲れ」という部分が、キタサンブラックの取捨判断になってくるものと思われますので、ジャパンカップまでの調整をジックリ観察していきたいと思います。

 

これで天皇賞秋の回顧を終了します。

 

 

次に予想の反省について記述させて頂きます。

 

今週は私の悪い癖が発動いてしまいました。

 

先々週の菊花賞で大勝ちしたことが理由なのですが、最終予想で安易な判断をして予想がブレまくっていました。

 

スワンステークスでは週初め、サングレーザーとセイウンコウセイの2頭軸を予定していました。

 

セイウンコウセイは週中の調教で調子下降が見られましたので、軸候補から外しました。

 

これについては明確な理由があるため問題ありません。

 

サングレーザーはこのメンバーで一番強いと書いていたにも関わらず、「道悪が苦手なのでは?」という不明確な判断で軸から外し、最終予想でダノンメジャーの1頭軸としてしまいました。

 

当ブログ「荒れ戦こそ漢の道」の馬券理論内にも自分で書いているにも関わらず、やってはいけないことをやってしまっています・・・。

 

天皇賞秋については、リアルスティールとソウルスターリングの2頭軸としました。

 

当初は良馬場想定で、リアルスティールとサトノアラジンを軸候補にしていました。

 

しかし、最終予想段階で道悪確定であったため、サトノアラジンを軸から外しました。

 

サトノアラジンは陣営も認める程、道悪が苦手であることが明らかであったためこの判断については問題ありません。

 

しかし、その変わりを斤量4kgが魅力でソウルスターリングにしたのが、「安易な予想」だなと痛感しています。

 

ブログを始める前から、自分の悪い癖でこういう所があるのは自分でも分かっていました。

 

しかし、このような信念の無い無責任な予想を公開しては、見に来てくださったユーザーの方に大変失礼な行為だと思っております。

 

今後は、ブレの無い信念を持った予想を公開していくよう、堅く心に誓います。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

では、本題のアルゼンチン共和国杯の荒れる診断予想と出走馬分析をしていこうと思います。

 

今週は変則開催で金・土・日の3日間開催です。

 

金曜日に開催するのは金杯の日以外では初なのでは無いでしょうか?

 

今週は4重賞もあるので、ブログ更新をどのように組もうか悩んでしまいますが、とりあえず全重賞予想を公開できるよう頑張ります。

 

 

アルゼンチン共和国杯荒れるレース診断予想

 

まずは、このアルゼンチン共和国杯がどのような傾向のレースか、紐解いてみましょう。

 

人気&配当

 

過去10年の内に2回、3連単10万超え馬券が出ています。

 

 

脚質傾向

先行馬と差し馬が圧倒的に有利です。

 

逃げ馬は10年の内1頭のみしか複勝圏に入ってきていません。

 

 

枠傾向

 

それほど目立った傾向はありません。ほぼフラットと言って良いでしょう。

 

 

登録馬時点荒れるレース診断

 

ハンデ戦の割に荒れにくい傾向の重賞レースです。

 

しかし、3週連続で道悪馬場での開催のため相当馬場が痛んでいるものと思われます。

 

荒れた馬場の方が荒れる確率は高くなりますので、出走馬分析をして面白い穴馬が数頭いたら、高配当を狙う買い方をしていこうと思っています。

 

 

有力馬診断

 

スワーヴリチャード

 

3歳馬実質ナンバー2の馬がここで登場します。

 

このメンバー構成で負けたら、3歳馬のレベルが相当低いことが証明されてしまいます。

 

体調が8割程度でも勝たなければいけません。

 

よほどの事が無い限り、軸候補です。

 

 

アルバート

 

オールカマー7着敗退後メルボルンカップの出走を辞退し、ここへ出走してきました。

 

メルボルンカップの辞退は、輸送での負担を考慮して取りやめたと陣営は言っていますが、オールカマー後の調子がよろしくなかったのでしょうね。

 

今回斤量58.5kgと背負わされますし、この馬に関してはステイヤーズステークス3連覇を狙っていると思っているため、ココは叩き台であると思っています。

 

調教を見ての判断になってきますが、軸候補はしない予定です。

 

まとめ

 

相当小粒感満載なメンバー構成です。

 

スワーヴリチャードには正直負けが許されないレースだと思っています。

 

荒れるかどうかの判断については、アルバート含め怪しい人気馬もいますので、紐荒れは十分にありえます。

 

現段階で穴馬として面白そうな馬を紹介します。

 

その馬はこちら↓。

 

競馬ブログランキング

 

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。