Pocket

今回はグランプリ有馬記念2017予想④ 最終追い切り診断を行いました。

 

枠順が発表されキタサンブラックは1枠2番、スワーヴリチャードは7枠14番。明暗がはっきり分かれた感じですね。

 

他ではヤマカツエースやクイーンズリングなど穴で面白そうな馬が内枠に集まった印象で、面白いレースになりそうです。

 

それでは早速、最終追い切り全頭診断を行っていきます。

 

 

有馬記念全頭最終追い切り診断

 

1枠1番 ヤマカツエース

(一週前85点→最終85点)

 

最終 12月20日 栗東
CW良 83.0-66.6-51.6-37.7-11.6
強め

 

一週前 12月13日 栗東
CW良 81.1-64.4-50.5-37.6-12.3
一杯

 

前走時最終 11月22日 栗東
CW良 80.2-65.2-50.6-37.4-11.9
強め

 

前走時一週前 11月15日 栗東
CW 稍重 67.0-51.5-38.0-11.6
一杯

 

最終はCW単走で追い切られました。

 

最終はこの馬にしてはソフトな追い切りでしたが、一週前にしっかり髙負荷をかけているため、全体として良い追い切りだったと思います。

 

この馬は内枠に良積を残している馬なので、良い枠を引いたと思います。

 

昨年4着の実績もありますので、軽視は禁物です。

 

 

1枠2番 キタサンブラック

(一週前95点→最終92点)

 

最終 12月20日 栗東
CW良 86.1-70.1-54.3-39.8-12.4
馬なり

 

一週前  12月13日 栗東
CW良 95.0-78.6-64.1-50.6-37.9-12.2
強め

 

前走時最終 11月22日 栗東
CW良 84.9-69.3- 54.3- 40.0- 12.8
馬なり

 

前走時一週前 11月15日 栗東
CWやや重 81.1-65.2-50.5-37.1-12.2
馬也

 

最終はCWで併せ馬を行いました。

 

ジャパンカップ時と同様の調整ですが、少し気になる点があります。

 

最終が少し緩すぎの感があります。

 

一週前少しやり過ぎた影響があるのかもしれません・・・。

 

 

2枠3番 クイーンズリング

(一週前95点→最終95点)

 

最終 12月20日 栗東
CW良 99.9-83.8-68.2-53.5-39.3-12.0
馬なり

 

一週前 12月13日 栗東
CW良 99.3-81.5-65.7-51.0-37.3-11.6
一杯

 

前走時最終 11月8 栗東
CW良 84.3-68.2-53.2-39.3-11.7
馬なり

 

前走時一週前 11月1日 栗東
CW良 82.8-67.2-52.8-38.1-11.7
一杯

 

最終はCWで併せ馬を行いました。

 

一週前好タイムをマークしたため、最終は軽めの追い切りかなと思っていましたが、しっかり負荷をかけてきました。

 

前走時から大幅に体調を上げてきた馬の一頭です。

 

鞍上にルメールですし、大変面白い存在だと思います。

 

 

2枠4番 プレスジャーニー

(最終87点)

 

最終 12月21日 栗東
CW良 97.6-81.8-67.0-52.7-39.1-12.4
強め

 

前走時最終 11月29日 栗東
CW良 81.1-66.2-51.3-37.4-12.1
一杯

 

前走時一週前 11月22日 栗東
CW良 83.5-67.9-53.0-39.2-12.1
一杯

 

最終はCWで併せ馬を行いました。

 

タイムは前走時と比べ劣りますが、長めからしっかり負荷をかけており、良い追い切りだったと思います。

 

 

3枠5番 トーセンビクトリー

(最終75点)

 

最終 12月20日 栗東
坂路良 53.4-38.2-24.8-12.6
馬なり

 

前走時最終 11月8日 栗東
坂路良 52.0-37.6-24.5-12.3
馬なり

 

前走時一週前 11月1日 栗東
CW良85.8-68.7-52.8-39.0-11.7
馬なり

 

最終は坂路で併せ馬を行いました。

 

前走時よりタイムを落としており、特段強調する内容はありません。

 

 

3枠6番 サトノクロニクル

(最終89点)

 

最終 12月20日 栗東
CW良 52.4-37.8-11.5
馬なり

 

前走時最終 11月29日 栗東
CW良 69.0-53.5-39.5-12.4
馬なり

 

前走時一週前 11月22日 栗東
CW良 81.0-66.1-52.4-38.5-11.7
一杯

 

最終はCWで併せ馬を行いました。

 

ラスト1F11.5は優秀です。

 

前走時より更に体調を上げてきている様子です。

 

 

4枠7番 シャケトラ

(最終80点)

 

最終 12月20日 栗東
坂路良 54.4-38.8-24.6-12.0
一杯

 

前走時最終 11月22日 栗東
CW良 85.2-68.5-52.0-39.2-11.9
馬なり

 

前走時一週前 11月15日 栗東
CW稍重 67.0-51.3-37.5-11.5
強め

 

最終は坂路単走で追い切られました。

 

動きはよく見えましたが、その割には前走時比較でもタイムが出ていません。

 

調教の様子から前走がピーク仕上げだったものと思われます。

 

 

4枠8番 レインボーライン

(一週前83点→最終83点)

 

最終 12月20日 栗東
坂路良 60.5-42.4-26.4-12.9
馬なり

 

一週前 12月14日 栗東
坂路良 56.0-40.1-26.0-12.8
馬なり

 

前走時最終 11月22日 栗東
坂路良 56.9-41.5-26.9-12.9
馬なり

 

前走時一週前 11月16日 栗東
坂路稍重 60.1-42.0-27.0-12.9
馬なり

 

最終は坂路単走で追い切られました。

 

前走時とほぼ同等の調教タイムで、現状維持といったところです。

 

 

5枠9番 サクラアンプルール

(一週前85点→最終85点)

 

最終12月20日 美浦
坂路良 53.3-38.9-25.5-13.0
馬なり

 

一週前 12月14日 美浦
坂路良 52.7-37.9-24.6-12.2
馬なり

 

前走時最終 10月25日 美浦
南W 稍重 71.6-56.0-41.3-12.7
直強

 

前走時一週前 10月18日 美浦
南W重  68.3-52.4-38.7-12.8
一杯

 

最終は坂路で併せ馬を行いました。

 

最終は軽めの調教でしたが、一週前しっかり追い切っているため、問題無しと判断して良いでしょう。

 

 

5枠10番 シュヴァルグラン

(一週前92点→最終95点)

 

最終12月20日 栗東
坂路良 54.0-39.5-25.8-12.9
一杯

 

一週前 12月14日 栗東
CW良 82.8-65.9-51.4-38.0-12.4
一杯

 

前走時最終 11月22日栗東
坂路良 56.0-41.0-26.5-12.7
仕掛

 

前走時一週前 11月16日 栗東
CW稍重 83.3-67.0-51.8-37.4-12.1
一杯

 

最終は坂路で併せ馬を行いました。

 

一週前、最終ともにジャパンカップ時よりタイムを上げてきています。

 

ジャパンカップがメイチという見方もありますが、そんなことは無いと思います。

 

人気の盲点となっている今回は美味しい馬だと思います。

 

 

6枠11番 ルージュバック

(最終84点)

 

最終 12月20日 美浦
南W良 67.5-52.4-37.9-12.5
馬なり

 

一週前 12月13日 美浦
坂路良 58.4-43.5-28.3-13.5
馬なり

 

前走時最終 11月8日 美浦
南W良  51.2-36.9-12.3
馬なり

 

前走時一週前 11月1日 美浦
南W良 81.9-66.5-51.6-38.0-12.8
馬なり

 

最終はWコースで併せ馬を行いました。

 

前走時に比べタイムを落としています。

 

一週前も相当緩かったため、体調万全ではないと判断します。

 

 

6枠12番 サトノクラウン

(一週前80点→最終80点)

 

最終 12月20日 美浦
南P良 66.2-51.5-37.0-12.0
馬なり

 

一週前 12月14日 美浦
南P良 65.6-50.5-36.4-11.5
強め

 

前走時最終 11月23日 美浦
南W重 54.0-38.6-13.5
仕掛

 

前走時一週前 11月16日 美浦
南W良 69.7-53.9-39.1-13.5
馬なり

 

最終はPコースで併せ馬を行いました。

 

Pコースなので、前走時との比較が難しいです。

 

元々調教は動かない馬ですが、併せた僚馬に応えは劣っていました。

 

いつも調教は走らないので、この馬に関しては追い切りは余り気に必要は無いと思っています。

 

馬場が悪くなるかどうかで、この馬を馬券に絡めるかが決まるので、その判断だけで良いと思っています。

 

 

7枠13番ミッキークイーン

(一週前83点→最終90点)

 

最終 12月20日 栗東
坂路良 52.5-38.3-24.3-11.9
馬なり

 

一週前 12月14日 栗東
坂路 53.2-38.5-12.0
一杯

 

前走時最終 11月8日 栗東
坂路良 52.0-37.6-24.4-12.1
G強

 

前走時一週前 11月2日 栗東
坂路良 52.7-38.2-24.5-12.0
一杯

 

最終は坂路で併せ馬を行いました。

 

最終追い切りは良かったですね。

 

4F52秒台は好調時のタイムですし、ラスト1Fも12秒を切ってきましたので、最近では一番良い出来にもってきたものと思われます。

 

教は走らないので、この馬に関しては追い切りは余り気に必要は無いと思っています。

 

馬場が悪くなるかどうかで、この馬を馬券に絡めるかが決まるので、その判断だけで良いと思っています。

 

 

7枠14番 スワーヴリチャード

(一週前98点→最終98点)

 

最終12月20日 栗東
CW良 79.9-64.3-49.8-36.7-12.0
馬なり

 

一週前 12月14日 栗東
CW良 95.8-79.0-63.0-49.4-36.5-11.8
強め

 

前走時最終 11月1日 栗東
CW 良80.8-65.3-50.7-37.2-12.0
馬なり

 

前走時一週前 10月26日 栗東
CW 稍重 84.0-67.4-51.9-37.6-11.7
馬なり

 

最終はCWコースで併せ馬を行いました。

 

一週前がハードに追い切ってきたため、最終は軽めかな?と思っていましたが、しっかり追ってきており最終も好タイムをマーク。

 

動きも抜群で絶好調と言って良いでしょう。

 

 

8枠15番 カレンミロテック

(一週前73点→75点)

 

最終12月20日 栗東
坂路良 52.7-38.7-25.6-13.1
強め

 

一週前 12月13日 栗東
CW良 84.5-67.8-53.0-39.7-12.7
強め

 

前走時最終 11月1日  栗東
坂路良 52.6-38.4-25.2-12.7
一杯

 

前走時一週前 10月25日 栗東
坂路重 55.4-40.3-26.8-13.6
馬なり

 

最終は坂路単走で追い切られました。

 

前走時の方が動き、タイム共に良かったです。

 

 

8枠16番 サウンズオブアース

(一週前78点→最終82点)

 

最終 12月20日 栗東
CW良 81.0-65.3-50.5-37.6-12.3
一杯

 

一週前 12月13日 栗東
CW良 83.3-66.6-51.3-37.9-11.7
強め

 

前走時最終 11月22日栗東
CW良 67.5-51.7-37.8-12.0
仕掛

 

前走時最終 11月15日栗東
CW 稍重 80.2-64.5-50.1-36.8-12.0
一杯

 

最終はCWコースで併せ馬を行いました。

 

前走時の方が調教は良かったです。

 

 

まとめ

 

全16頭の最終追い切りをチェックしてきました。

 

一番のポイントは「キタサンブラックの取捨」ですが、キタサンブラックは軸にはしません。

 

理由は「ラストラン」というだけで、1着付けの配当期待値が低くなっており、旨みがないためです。

 

キタサンブラックが来たら諦めます。

 

今回は軸馬2頭から勝負していこうと思っていますが、

 

一週前および最終追い切りで軸馬は決まっています。

 

スワーヴリチャードとシュヴァルグランです。

 

スワーヴリチャードは追い切りが素晴らしく、メイチ仕上げと言っても良いです。

 

シュヴァルグランはジャパンカップを勝っているにも関わらず、単勝オッズ5倍台つく今回は美味しい馬だと思います。

 

追い切りもジャパンカップ時より良く、下降どころか上昇しています。

 

今後は、相手を探していく形となりますが、一週前および最終追い切りで特に面白い馬をコチラで紹介します。

 

理由も載せておりますので、参考にして下さい。

 

 

人気ブログランキング

 

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。