Pocket

今回はサウジアラビアRC2017予想 最終追い切り有力馬診断をしていきたいと思います。

 

10月に入り朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。

 

冬はもうすぐそこですね。

 

今週は3日間開催で、土・日・月と3重賞開催されます。

 

まずは土曜日に開催される、サウジアラビアロイヤルカップ2017の最終追い切りを終えましたので、有力馬の状態と過去走から分析していきたいと思います。

 

 

最終追い切り有力馬診断

 

ステルヴィオ

 

・最終 10月4日 美浦

南W良 82.0-67.5-52.7-38.7-12.9

馬なり

 

・一週前 9月27日 美浦

南W良 51.5-37.4-12.6

一杯に追う

 

想定1番人気です。

 

最終追い切りは併せ馬で馬なり調整ですね。

 

併せた馬が壁になって馬の様子が、あまり見えませんが、まずまず調子は良さそうに見えました。

 

しかし今回は危険な人気馬として見ております。

 

新馬戦は先行して最後も長く良い足で完勝しましたが、

 

2走目のコスモス賞がやはり引っかかります。

 

スタートは良かったが、馬場を気にしてか後ろへ下げる。

 

道中軽く追っつけどおし。

 

4コーナーで捲って先段にとりつき。

 

ミスマンマミーアの追撃を何とか凌いでの勝利。

 

新馬戦とのレース比較でパフォーマンスを下げた感があります。

 

負かした2着・3着は次走もタイム差つけられて負けていますので、コスモス賞が決してレベルが高いレースであったとは言えません。

 

辛勝の要因はやはり重馬場が大きかったものと思われます。

 

そして今週末も雨予報です。

 

良馬場であれば上位とみて良いでしょうが、馬場が渋れば厳しいでしょう。

 

そしてこの相手メンバーでは着外までもありえます。

 

 

ダノンプレミアム

 

・最終 10月4日 栗東

CW稍重 84.7-67.5-52.4-38.1-11.9【5】

馬なり

 

・一週前 9月28日 栗東

CW稍重 82.5-66.3-51.8-38.1-12.4

一杯に追う

 

想定2番人気

 

最終は馬なりで併せ馬を実施しました。

 

前走から約3ヶ月出走感覚が空いていますが、馬なりで最後伸ばす感じゴール板を通過しました。この馬も調子は良さそうです。

 

一週前に一杯に追い切っているため、最終はこの程度で問題無いでしょう。

 

新馬戦は好スタートから2番手につけ、最後の600m34.6の末足を繰り出し、2着に0.7秒差をつけて完勝しました。

 

渋った馬場も問題無く、むしろ得意なのではないかと思わせる走り方です。

 

ディープインパクト産駒なので、道悪は得意な可能性は高いですね。

 

内枠に入って変に揉まれたりした場合には凡走もありえますが、好枠で気分良く走ることができればこの中でも力は上位でしょう。

 

まずは軸候補の予定です。

 

 

スワーヴエドワード

 

・最終 10月4日 栗東

南W良 68.2-52.1-38.6-12.7【5】

馬なり

 

・一週前 9月27日 美浦

坂路稍重 54.3-40.5-14.2

直線追う

 

想定3番人気。

 

最終追い切りは強めで併せ馬を実施。

 

状態は悪く無いと思います。

 

今回は3ヶ月の休み明けでのレースとなりますが、順調に調整されてきているのではないでしょうか。

 

私の中では、この馬の力をまだ計り知れていない部分があります。

 

というか、まだこの馬の強さを感じておりません。

 

前走のレースはスローペースの5番手を追走し直線で抜け出して、2着に0.2秒差をつけて勝ちました。

 

スローペースだったたけに決着タイム1分52秒3でした。

 

そして新馬戦で負かした相手はどの馬も、現時点で未勝利を勝ち上がっていません。

 

強い勝ち方をしてもレースレベル自体が低ければ、勝った馬の評価には結びつきません。

 

実力を感じない馬が3番人気であれば、私の中では期待値は高く無いので消す可能性もあります。

 

 

シュバルツボンバー

 

・最終 10月4日 栗東

CW稍重 81.9-65.8-51.5-38.2-12.7【7】

直線軽く追う

 

・一週前 9月27日栗東

坂路良 52.4-38.0-12.5

馬なり

 

最終は併せ馬を実施。この馬も動きから問題無いでしょう。

 

良い出来だと思います。

 

新馬戦では、ダノンプレミアムに1.2秒差をつけられて完敗したが、続く2戦目で変わり身を見せ2着に0.4秒差をつけて完勝。

 

芝状態が悪い中、勝ちタイムは中京芝1600m 1分34秒2の好タイムで勝っている様にみえます。

 

悪い馬場を好タイムで勝利=重馬場得意というイメージがつきやすいですが、この週は他の芝のレースでもタイムが良かったため、あまり見た目の芝に騙されない方が良いと思います。

 

中京の芝では良くありがちです(最近の他場でも多くなってきましたね)。

 

ただ2戦目で変わり身を見せ、実際に強い勝ち方をしています。

 

前走見る限り、右回りより左回りの方が走りのバランスが良いため、ここでも注意が必要です。

 

 

カーボナード

 

・最終 10月4日 美浦

南W良 53.8-39.2-12.8【7】

ゴール前追う

 

・一週前9月28日美浦

南W不良 70.2-55.0-40.9-12.8

G前追う

 

併せ馬を実施し動きも問題なし。状態は変わりなくきていると思います。

 

この馬も2戦目で2着に0.4秒差をつけての完勝

 

残り400mからの末足は光る物がありました。

 

スタート良し、道中良し、末良し。

 

ディープインパクト産駒なので、渋った馬場も得意な可能性が高いです。

 

 

まとめ

 

有力馬はどの馬も状態に関しては良い出来だと思います。

 

上位人気と下位人気の能力差はあるようにも感じます。

 

しかし、そこは

 

18頭立て

 

大雨予報

 

東京芝1600m

 

荒れる要素が多いです。

 

荒れる要素が多い以上勝負をしない訳にもいきません。

 

当レースは荒れ戦指定レース予定です。

 

 

 

最後に中穴ですが、軸候補を紹介します。

 

その馬はコチラ↓

 

人気ブログランキング

 

この馬の前走は4コーナー先頭にたち、残り400m付近からの末足が、先行している馬の足ではありません。

 

他馬との力差がはっきり分かる馬の強さが印象的でした。

 

雨が降っても血統的にこなせる可能性が高いので、軸候補として狙っている1頭です。

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。