Pocket

今回は、シルクロードステークス2018予想として、最終追い切り全頭調教診断(後編)を行っていきたいと思います。

 

今回の最終追い切り全頭調教診断は

 

ナックビーナス

ナリタスターワン

ニシケンモノノフ

ファインニードル

フミノムーン

ミッキーラブソング

ユキノアイオロス

ラインミーティア

ロードクエスト

 

の9頭を行っていきたいと思います。

 

 

最終追い切り全頭調教診断(後編)

 

ナックビーナス

(追い切り評価82点)

 

最終 1月24日 美浦
南W稍重 68.5-53.1-38.4-12.2
馬なり

 

一週前 1月19日 美浦
南W良 72.9-57.6-43.4-14.4
馬なり

 

前走時最終 1月4日 美浦
P良 60.9-46.8-34.6-11.5
強め

 

前走時一週前 12月31日 美浦
南W良 37.8-12.4
馬なり

 

最終はWコースで併せ馬を行いました。

 

最終・一週前ともに、いつもの調教より軽い追い切りで、物足りない印象があります。

 

強調する点は特にありません。

 

 

ナリタスターワン

(追い切り評価85点)

 

最終 1月24日 栗東
CW稍重 67.5-70.5-54.6-40.7-13.2
馬なり

 

前走時最終 1月10日 栗東
CW稍重 68.9-52.7-38.8-13.3
馬なり

 

前走時一週前 1月3日 栗東
CW良 82.3-66.1-51.6-38.3-12.7
一杯

 

最終はCWコースで追い切りました。

 

軽めの追い切りですが、中一週での競馬であるため、強い調教は必要無いです。

 

この程度で十分でしょう。

 

 

ニシケンモノノフ

(追い切り評価88点)

 

最終 1月24日 栗東
坂路稍重 50.9-37.4-25.2-13.2
強め

 

一週前 1月17日 栗東
坂路稍重 52.4-38.3-12.8
強め

 

前走時最終 栗東
坂路良 52.6-38.4-12.4
強め

 

最終は坂路単走で追い切りました。

 

2週続けて意欲的な追い切りを消化してきました。

 

体調は良さそうです。

 

 

ファインニードル

(一週前時点90点)

 

最終 1月24日 栗東
CW稍重 81.8-66.1-52.0-38.8-12.0
強め

 

一週前 1月18日 栗東
坂路重 51.2-36.9-12.4
一杯

 

前走時最終 9月27日 栗東
坂路良 55.1-38.7-24.2-12.2
強め

 

前走時一週前 9月21日 栗東
坂路良 54.2-39.5-25.8-13.0
馬なり

 

最終はCWコースを単走で追い切りました。

 

スプリンターズステークスから4ヶ月ぶりの実践ですが、最終・一週前としっかり仕上げてきた感があります。

 

休み明けはあまり成績がよくありませんが、動きから体調は相当良さそうに感じます。

 

 

フミノムーン

(追い切り評価90点)

 

最終 1月24日 栗東
坂路稍重 56.0-40.5-26.0-12.3
強め

 

一週前 1月17日 栗東
坂路稍重 51.6-38.0-13.2
一杯

 

前走時最終 10月25日 栗東
坂路重 52.8-39.0-26.0-13.2
馬なり

 

前走時一週前 10月18日 栗東
坂路稍重 57.4-42.3-27.6-14.0
馬なり

 

最終は坂路で追い切りました。

 

一週前にビッシリ追い切っていましたので、最終はラスト伸ばす程度で十分でしょう。

 

タイム的には休み明け前の前走時より良い状態であると判断します。

 

3ヶ月の休み明けで有りますが、休み明けの方が良積を残している馬ですし、今の京都の荒れた馬場は相当向いている感がありますので、注意しなければいけない一頭だと思います。

 

 

ミッキーラブソング

(追い切り評価88点)

 

最終 1月24日 栗東
坂路稍重 53.6-39.2-25.6-12.9
強め

 

一週前 1月17日 栗東
CW稍重 84.6-68.2-52.6-38.8-12.6
一杯

 

前走時最終 12月13日 栗東
坂路良 53.2-38.8-25.5-13.0
一杯

 

前走時一週前 12月6日 栗東
CW良 87.3-70.4-54.4-40.0-12.2
一杯

 

最終は坂路で併せ馬を行いました。

 

いつもどおりの調整パターンで前走時同様に良い出来にあると判断します。

 

 

ユキノアイオロス

(追い切り評価85点)

 

最終 1月24日 美浦
南W稍重 69.5-54.3-39.6-12.8
一杯

 

一週前 1月17日 美浦
南W良 55.3-40.0-13.2
馬なり

 

前走時最終 12月13日 美浦
南W良 68.5-53.3-39.6-13.3
強め

 

前走時一週前 12月6日 美浦
南W良 58.0-41.7-13.0
馬なり

 

最終はWコース単走で追い切りました。

 

10歳馬なので、それほど体調の変動は無さそうです。

 

近走負けても0.5秒以内の負けで、そこまで負けていません。

 

高齢馬というだけで、切るのは危険です。

 

 

ラインミーティア

(追い切り評価86点)

 

最終 1月24日 美浦
南W稍重 53.1-38.6-12.8
馬なり

 

一週前 1月17日 美浦
南W良 68.3-52.0-38.2-13.0
強め

 

前走時最終 9月27日 美浦
南W良 53.2-38.5-12.7
強め

 

前走時一週前 9月21日 美浦
南W良 53.4-38.5-12.8
馬なり

 

最終はWコースで単走で追い切りました。

 

最終は前走時の最終と同等のタイムを出してきていました。

 

休み明けですが、体調は問題無しと判断します。

 

 

ロードクエスト

(追い切り診断80点)

 

最終 1月24日 美浦
坂路重 53.2-39.1-26.0-13.5
馬なり

 

一週前 1月18日 美浦
南W稍重 56.0-40.1-12.4
馬なり

 

前走時最終 1月4日 美浦
南W良 69.0-52.7-38.4-13.4
一杯

 

前走時一週前 12月27日 美浦
南W良 53.9-39.5-12.6
馬なり

 

最終は坂路で併せ馬を行いました。

 

一週前軽めだったので、最終追い切りに注目していましたが、最終もインパクトの無い追い切りでした。

 

最後軽く追っての1F13.5秒で僚馬にも先着を許したりと、とても良かったとは言えないレベルです。

 

「元々坂路ではあまり動かないタイプですので、いつも以上に動けたと思います」と陣営がコメントしていますが、

 

2016年の富士ステークス時の坂路の調教では、4F50.3-12.6を出しています。

 

坂路であまり動かない馬が4F50.3で走れるのか・・・。

 

 

追い切り診断まとめ

 

全頭の診断を行いました。

 

上位人気馬と下位人気馬に実力差はあまり無く、ハンデ戦と言うことでより一層難しくしています。

 

今回全頭の追い切り診断を行ってきましたが、人気薄の馬の状態も良く、どの馬にもチャンスがあると思います。

 

シルクロードステークスの過去データでは、荒れる確率的には低いレースですが、今年に関しては十分勝負レースとしても良いぐらい荒れる確率は高いと現時点で思っています。

 

勝負レースの判断は土曜日に行います。

 

最後に前編では軸候補1頭公開しましたが、後編ではもう一頭の軸候補をコチラで紹介したいと思います。

 

 

C馬 人気ブログランキング

 

 

 

 

全頭追い切り診断(前編)はコチラ↓

 

【シルクロードステークス2018】予想 最終追い切り全頭調教診断(前編)

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。