Pocket

今回はシルクロードステークス2018予想として、最終追い切り全頭調教診断(前編)を行っていきたいと思います。

 

今年のシルクロードステークスは登録馬を見渡しても、非常に混戦で「荒れそう」な臭いがするレースです。

 

ただし、荒れる可能性が高くとも軸を当てなければ馬券は取れませんので、最終追い切り診断で見定めていきたいと思います。

 

今回は最終追い切り全頭調教診断は

 

アットザシーサイド

アレスバローズ

カラクレナイ

キングハート

グレイトチャーター

セイウンコウセイ

セカンドテーブル

タマモブリリアン

ダイアナヘイロ

 

の9頭を診断していきたいと思います。

 

 

最終追い切り全頭調教診断

 

アットザシーサイド

(追い切り評価87点)

 

最終 1月24日 栗東
坂路稍重 59.4-42.0-26.3-12.6
馬なり

 

一週前 1月21日 栗東
坂路良 51.4-37.8-12.9
一杯

 

前走時最終 12月13日 栗東
坂路良 59.4-41.7-26.9-13.3
馬なり

 

前走時一週前 12月10日 栗東
坂路良 56.2-39.8-25.4-13.0
馬なり

 

最終は坂路単走で追い切りました。

 

この馬は日曜追いが実質の本追い切りになります。

 

前走時の追い切りタイムが全体的に緩かったので、今回はどうなのか注目しておりましたが、全体タイムはこの馬の好調時のタイムをマークしておりますし、体調は良いと判断しています。

 

 

アレスバローズ

(追い切り評価88点)

 

最終 1月24日 栗東
坂路稍重 52.9-38.3-24.7-12.4
軽く追う

 

一週前 1月17日 栗東
坂路稍重 52.6-38.1-12.5
一杯

 

前走時最終  12月13日 栗東
坂路良 54.1-38.8-24.8-12.0
馬なり

 

前走時一週前 12月8日 栗東
坂路良 51.7-36.9-24.3-12.2
馬なり

 

最終は坂路単走で追い切りました。

 

一週前にビッシリ追い切っていたので、最終は軽めの追い切りだと思っていましたが、二週続けて好タイムを出してきました。

 

動きもリズミカルでとても良い動きだったと思います。

 

 

カラクレナイ

(追い切り評価94点)

 

最終 1月24日 栗東
CW稍重 52.4-38.4-11.8
ゴール前追う

 

一週前 1月18日 栗東
CW重 51.8-37.8-11.7
馬なり

 

前走時最終 1月3日 栗東
CW良 82.3-65.7-51.0-37.7-12.7
馬なり

 

前走時一週前 12月28日 栗東
CW良 81.1-66.0-52.1-39.2-12.4
一杯

 

最終はCWコースで単走で追い切りました。

 

終始押さえきれない手応えでコーナーの大外を回って、最後ゴール前のみ軽く追いました。

 

馬の気配、最後の反応、非常に良いと思います。

 

 

キングハート

(追い切り評価86点)

 

最終 1月24日 美浦
坂路重 55.3-40.5-26.5-12.7
強め

 

一週前 1月17日 美浦
坂路稍重 53.6-39.0-12.3
強め

 

前走時最終 10月4日 美浦
南W良 74.2-58.2-43.8-13.4
馬なり

 

前走時一週前 9月27日 美浦
南W良 65.4-50.7-37.4-12.6
強め

 

最終は坂路単走で追い切りました。

 

一週前・最終ともに坂路での追い切りということで、いつもと追い切りパターンを変えて来ました。

 

最後伸ばす程度の追い切りでしたが、しっかり伸びていましたので良かったと思います。

 

 

グレイトチャーター

(追い切り評価85点)

 

最終 1月24日 栗東
坂路稍重 55.9-40.1-26.2-12.9
馬なり

 

前走時最終 1月10日 栗東
坂路稍重 53.7-39.1-25.4-12.6
馬なり

 

前走時一週前 1月4日 栗東
坂路良 54.9-39.0-25.0-12.4
強め

 

最終は坂路単走で追い切りました。

 

中一週での競馬のため、軽めの追い切りでしたが、動きから悪くは無さそうです。

 

 

セイウンコウセイ

(追い切り診断82点)

 

最終 1月24日 美浦
南W稍重 69.2-52.8-38.2-12.2
一杯

 

一週前 1月17日 美浦
南W良 66.9-51.3-36.8-12.4
強め

 

前走時最終 11月22日 美浦
南W良 51.4-37.3-12.5
強め

 

前走時一週前 11月15日 美浦
南W稍重 65.8-50.0-37.0-12.4
強め

 

最終はWコース単走で追い切りました。

 

最終は正直、不満の残る追い切りでした。

 

足抜きが良かった馬場で、全体タイムがそれほど速い訳でも無かったにも関わらずラスト一杯に追って1F12.2でした。

 

昨年夏の函館スプリントステークス時にはWコース良馬場で49.1-36.1-11.8を計時している馬です。

 

決して11秒台を出せない馬ではないので、ラストだけビッシリ追っているのであれば、それなりのタイムを出して欲しかったです。

 

 

セカンドテーブル

(追い切り評価90点)

 

最終 1月24日 栗東
坂路稍重 54.3-39.0-25.5-12.5
馬なり

 

一週前 1月18日 栗東
CW重 80.2-63.4-49.2-36.9-11.8
一杯

 

前走時最終 6月28日 栗東
CW稍重 83.1-67.0-51.6-37.9-11.4
一杯

 

前走時一週前 6月22日 栗東
坂路重 54.0-38.9-25.3-12.3
馬なり

 

最終は坂路で併せ馬を行いました。

 

一週前にビッシリ追い切っておりましたので、最終は馬なりでの追い切りでしたが、僚馬にしっかり先着して体調は良さそうです。

 

 

ダイアナヘイロー

(一週前時点87点)

 

最終 1月24日 栗東
坂路稍重 52.3-37.8-25.1-12.8
馬なり

 

一週前 1月17日 栗東
坂路稍重 51.9-37.3-12.2
強め

 

前走時最終 9月27日 栗東
坂路良 51.1-37.2-24.5-12.3
強め

 

前走時一週前 9月21日 栗東
坂路良 52.8-38.3-25.4-12.7
馬なり

 

最終は坂路単走で追い切りました。

 

タイム・動きとも良く、体調に関しては良いと判断します。

 

 

タマモブリリアン

(追い切り評価86点)

 

最終 1月24日 栗東
坂路稍重 57.1-39.7-24.9-12.4
強め

一週前 1月19日 栗東
坂路稍重 55.2-40.2-13.2
馬なり

 

前走時最終 1月3日 栗東
坂路良 52.3-38.0-24.9-12.4
一杯

 

前走時一週前 12月27日 栗東
坂路良 54.5-39.2-24.9-12.2
馬なり

 

最終は坂路単走で追い切りました。

 

最後軽く追った際に横にブレたのは気になりますが、全体として動きは良かったと思います。

 

 

 

追い切り診断前編まとめ

 

9頭の診断を行いましたが、人気薄の馬でも調子の良い馬が数頭いて、やはり荒れる確率は高そうです。

 

最後に前編の中で1頭、まずは軸候補予定馬(枠配置によっては変わる可能性有り)がいます。

 

その馬はコチラ↓

 

A馬 人気ブログランキング

 

今回非常に魅力を感じます。

 

 

 

最終追い切り後(後編)はコチラ↓

 

【シルクロードステークス2018】 予想 最終追い切り全頭調教診断(後編)

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。