Pocket

今回はジャパンカップの枠順発表後有力馬診断と土曜日の馬場&脚質傾向をもとに、買い目を公開していきたいと思います。

 

まずは枠順を見ての感想ですが、キタサンブラックが4番、レイデオロは2番といずれも絶好枠を引き、荒れる気配があまりしないジャパンカップとなりました。

 

基本的にはキタサンブラックが出るレースは、キタサンブラックが勝っても負けても、レースは荒れづらいと思っています。

 

理由としては、キタサンブラックの弱点は緩い流れの瞬発力勝負なので、そうならないために自らレースをコントロールして、引き締まったレベルの高いレースとしているため、弱い馬は簡単に上位に絡めないという結果を作っています。

 

なので力が足りないと思う馬は無理に穴狙いせず、スパッと切ります。

 

そして外国馬ですが最初から予想しませんし、買いません。

 

日本馬の地の利というものもありますが「日本の軽い馬場」「キタサンが作り出すレベルの高いレース」には、外国馬に出番は無いと思っています。

 

 

土曜日の脚質&馬場傾向

 

土曜日の7R時点までの傾向ですが、道中内枠をとおり最後の直線では外に出す馬が多い印象です。

 

7Rのコルコバードが最後の直線で通ったあたりが伸びる印象です。

 

前日の傾向から「内枠の差し馬」が狙い目といって良さそうです。

 

 

ジャパンカップ2017上位オッズ

 

土曜日 午後2時現在

 

1番人気 キタサンブラック   2.4倍

2番人気 レイデオロ      3.3倍

3番人気 サトノクラウン    5.5倍

4番人気 ソウルスターリング 11.1倍

5番人気 マカヒキ      11.8倍

6番人気 シュヴァルグラン    20.4倍

 

 

 

最終有力馬診断

 

2枠 4番 キタサンブラック

 

最終 11月22日 栗東
CW良 84.8-69.4-54.1-40.1-12.9
馬なり

 

一週前  11月15日 栗東
CWやや重 80.7-65.2-50.6-37.3-11.9
馬なり

 

前走時最終 10月25日 栗東
CW重 83.7-68.1-53.6-39.5-12.7
馬なり

 

前走時一週前 10月18日 栗東
CW稍重 95.8-80.4-66.0-52.4-38.9-12.5
ゴール前仕掛ける

 

最終はCWコースで併せ馬を行いました。

 

一週前に猛時計を出しているため、最終は軽い調教で十分ですが・・・多少軽すぎの感があります。

 

先週やりすぎた為、今週はセーブしたのかもしれませんが、少し気になる部分ではあります。ほんの少しです。

 

天皇賞秋の損耗が心配されましたが、一週前でその心配も払拭していますので、天皇賞秋以上の状態と判断します。

 

 

1枠2番 レイデオロ

 

最終 11月22日 美穂
南W良 54.1-40.1-13.1
馬なり

 

一週前 11月15日 美浦
南Wやや重 69.1-54.3-39.8-13.0
馬なり

 

前走時最終 9月21日 美浦
南W良 67.6-51.1-38.2-12.7
軽く仕掛ける

 

前走時一週前 9月13日 美浦
W稍重 53.2-39.3-12.7
馬なり

 

最終はWコースで併せ馬を実施しました。

 

藤沢流の調教なので問題無しなのでしょうが、最終および一週前のタイムが遅いです。

 

動きからは馬の体調の良さが伝わるのですが、負荷をかけて良いタイムを見たかった自分としては、調子が図れないため不安です。

 

能力は認めますが、追い切り判断(本気度)からキタサンブラックを逆転するのは個人的見解ですが、難しい気がしますが・・・。

 

 

4枠8番 ソウルスターリング

 

最終 11月22日 美浦
南W良 68.3-52.1-38.3-12.1
馬なり

 

一週前 55.4-40.6-13.5 美浦
南Wやや重
馬なり

 

前走時最終 10月25日 美浦
南W良 65.7-51.2-37.9-12.8
馬なり

 

前走時一週前 10月18日 美浦
南W稍重 71.1-54.7-40.7-12.9
馬なり

 

最終はWコースで併せ馬を実施しました。

 

タイム的には天皇賞時の方が良いですが、手綱を少し緩めただけで僚馬を一瞬で置き去りにする姿は惚れ惚れしました。

 

レイデオロとは対象的に、ソウルスターリングは絶好調と判断します。

 

後はレースで折り合いが取れたなら、キタサンブラックの逆転候補の1番手に上げたいと思います。

 

 

6枠12番 サトノクラウン

 

最終 11月23日 美浦
南W重 54.5-38.4-14.0
強め

 

一週前 11月16日 美浦
南W良 69.9-54.1-39.2-13.2
軽く追う

 

前走時最終 10月26日 美浦
南W重 53.9-38.4-13.0
強め

 

前走時一週前 10月19日 美浦
南W不良 84.6-69.2-54.0-39.2-13.0
一杯

 

最終はWコースで併せ馬を実施しました。

 

最終および一週前ともにタイムは悪いです。動きも差ほど良く見えませんでした。

 

しかし、この馬は調教では中々判断がつかない「掴みどころの無い馬」なので、判断に悩みます。

 

今回良馬場でのレースで果たして?といったところですが、個人的には軽視対象です。

 

ここで勝ち負けするようであれば、この馬の評価(種牡馬としての価値含め)は一気に上がりますので、注目です。

 

 

1枠1番 シュヴァルグラン

 

最終 11月22日 栗東
坂路 56.0-41.0-26.5-12.7
馬なり

 

一週前 11月16日 栗東
CWやや重 83.3-66.7-51.6-37.3-11.6
強め

 

前走時最終 10月5日 栗東
坂路良 53.5-39.0-25.5-12.7
強い

 

前走時一週前 9月28日 栗東
CW良 84.0-67.9-52.7-38.3-12.3
一杯に追う

 

最終は坂路で併せ馬を実施しました。

 

軽めの調整ですが、一週前で相当良いタイムを出しているため問題無いでしょう。

 

京都大賞典を一叩きして、明らかに上昇カーブを描いてきて、ジャパンカップに向けて体調万全といったところです。

 

昨年度は惜しくも3着でしたが、昨年を上回る出来にあると思っていますので、キタサンブラックに一泡吹かせることができるか注目です。

 

 

注目馬 人気ブログランキングで紹介

 

最終 11月22日 栗東
坂路良 51.3-37.8-25.2-12.9
強め

 

一週前 11月15日 栗東
CWやや重 95.0-79.8-64.5-50.0-37.0-11.8
強め

 

前走時最終 10月25日 栗東
芝重 67.9-53.2-38.9-11.6
馬なり

 

前走時一週前 10月22日 栗東
P良 72.6-56.8-42.4-13.4
馬なり

 

最終追い切りは坂路単走で追いきりました。

 

一週前も良かったですが、最終も良かったです。

 

個人的に好きな馬で、秋2走は復活はまだ先と思っていましたが、いよいよ「復活」を思わせる出来に来たという印象です。

 

しかし、この状態で結果が出ないようであれば、もう復活は無いのでは・・・というところであり、期待と不安が入り混じっています。

 

ここで是非復活して欲しいと願う一ファンです。

 

 

最終予想

 

ジャパンカップ 荒れる確立 30%(コース20%、出走馬10%)

 

前段にも書きましたが、荒れにくいという判断ですが、少し人気薄を絡めて勝負していきたいと思います。

 

4 キタサンブラック

8 ソウルスターリング

11 マカヒキ

 

対抗

1 シュヴァルグラン

5 サウンズオブアース

9 レインボーライン

13 シャケトラ

16 ヤマカツエース

 

買い方

1着 4・8・11

2着 1・4・5・8・9・11・13・16

3着 1・4・5・8・9・11・13・16

 

全126通り中500倍~2000倍の馬券を100円、約50通り購入。

 

人気は無いですが、サウンズオブアースやヤマカツエースはキタサンの作り出すペースに対応できる能力の持ち主なので、複勝圏に絡んでくることを期待しています。

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。