Pocket

今回はステイヤーズステークス2017予想 荒れるレース診断と一週前有力馬診断を中心とした記事を書いていきます。

 

1年に1度開催される中山芝3600m戦のステイヤーズステークスが今週土曜日開催されます。

 

今年は出走登録頭数10頭と非常に寂しい出走頭数となりましたが、芝3600m戦というだけあり、紛れが多く波乱となる確率が高いレースです。

 

頭数が少なくとも勝負出来るレースかどうか、ジックリ検証していきたいと思います。

 

 

本題に入る前に、先週の結果を簡単に報告させて頂きます。

 

 

ジャパンカップ結果報告

 

軸候補としていたキタサンブラックが3着、マカヒキが4着、ソウルスターリングが7着という結果に終わりました。

 

結論から、低配当の馬券を買わない予想をしていますので、この配当では絶対にあたりません。

 

しかし、荒れる確率は低いと思って3連単も少額で買っていましたので納得の結果です。

 

 

京阪杯結果報告

 

大好きだった馬が天に召されました・・・。

 

怪物だと思い常に本命にしてきましたが、力を発揮できずに負け続け「いつか来る!」と思っていたら、こんな最後を迎えるとは思ってもいませんでした・・・

 

メラグラーナご冥福をお祈り致します。

 

メラグラーナを軸買いしていたので馬券は外れています。

 

もしこんな事が起きていないで、1着に来ていたら38万、2着に来ていたら48万を手にする事ができていましたが、タラレバなので何も言いません。

 

これだけ医学が進歩しているのだから、予後不良ではなく生きる道を作って欲しいものです。

 

 

キャピタルステークス結果報告

 

軸馬レアリスタが3着、アウトライアーズは10着の結果に終わりました。

 

アウトライアーズは調教が非常によかったので本命にしていましたが、まさか+24kg増で出てくるとは思ってもいませんでした。

 

成長分はあったにせよ、明らかに太め残りでしたね。

 

レアリスタについては、馬群を捌いて良く3着まできたと思います。

 

勝ったダイワギャグニーは毎日王冠がフロックだと思っていましたが、このレースで力を実証されました。

 

荒れる確率が高いと思っていたレースでしたが、1番人気~3番人気順当に1着2着3着の結果となりました。

 

荒れるレースの見極めをもっと高くしていくよう努力していきます。

 

 

では、本題のステイヤーズステークスの予想に入りたいと思います。

 

第1部では「ステイヤーズステークスは荒れやすいか?」「脚質は何が有利か?」など、データ検証していきます。

 

第2分では「一週前追い切り診断を中心とした記事を書いていきます。

 

 

ステイヤーズステークス予想オッズ

 

1番人気 アルバート      1.6倍

2番人気 フェイムゲーム      2.8倍

3番人気 プレストウィック     7.7倍

4番人気 シルクドリーマー  10.4倍

 

 

第1部 ステイヤーズステークス荒れる診断

 

まずは、このステイヤーズステークスがどのような傾向のレースか、紐解いてみましょう

 

ステイヤーズステークス3連単配当

 

過去10回の開催で4回、3連単10万以上の馬券が出ていますが、近走の4回は平穏に収まっています。

 

 

チャンピオンズカップ脚質傾向

 

差しが一番好走しており、以下→先行→逃げ→追い込みの順といったところです。

 

 

過去10年の芝3600mの3連単配当傾向

 

中山3600m 対象レース数10レース 3連単平均配当 16万3千円

 

全場芝全距離 対象レース数 15358レース 3連単平均配当 10万5千円

 

平均より荒れやすい傾向のコース形態です。

 

 

ステイヤーズステークス荒れるレース診断

 

ステイヤーズステークスは芝3600m戦ということもあり、紛れも生じやすく非常に荒れやすい傾向のレースです。

 

しかし、過去4年間は平穏に収まっています。

 

今年は出走頭数が少なく、長距離G2ではキタサンブラックより安定感のあるアルバートが出走となれば、荒れる確率は相当低いものと思っています。

 

 

 

第2部 有力馬一週前追い切り診断

 

アルバート

 

想定1番人気

 

一週前 11月23日 美浦
南W良 69.5-53.7-39.4-13.3
馬なり

 

最終 11月2日 美浦
南W 52.9-38.1-12.2
強く追う

 

一週前 10月25日 美浦
南W稍重 67.8-52.4-38.1-12.7
馬なり

 

Wコースで一週前追い切りを行いました。

 

前走時と比較して、動きがパッとしません。

 

圧倒的1番人気になると思いますが、最終も微妙な追い切りなら黄色信号です。

 

 

フェイムゲーム

 

想定2番人気

 

一週前 11月22日 美浦
南W良 55.5-41.1-12.7
強め

 

前走時最終 10月5日 美浦
南W良 56.3-40.1-12.7
馬なり

 

前走時一週前 9月27日 美浦
南W良 55.0-39.1-12.8
馬なり

 

一週前の動きから、前走と平行線と言ったところです。

 

最終追い切りでは、Wコースなら4F53秒台の時計を見たいです。

 

 

まとめ

 

有力馬2頭の一週前追い切りの診断をしました。

 

正直2頭とも、現状本調子とは言えません。

 

最終追い切りでの判断が妥当だと思います。

 

この2頭の最終追い切りが悪かった場合には、荒れる確率が高まりますので、そこに期待したいと思います。

 

現段階で面白そうな馬を↓で紹介したいと思います。

 

人気ブログランキング

 

一週前ではWコースで長めからタイムを出し、前走時を上回る時計を出しています。

 

アルバートの逆転候補の1番手とみて良いでしょう。

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。