Pocket

本日はスプリンターズステークス2017最終予想 枠順確定後見解と展開予想を書いていきたいと思います。

 

いよいよ秋のG1スタートが始まりますね。

 

心が躍りますね。

 

まずは有力馬の枠順発表後の見解をしていきたいと思います。

 

有力馬分析

 

1枠2番 レッツゴードンキ

 

この馬にとって内枠は厳しいですね。

 

第1に必ず後ろからのレースとなること。

 

第2に先行馬が多数いるため、内を捌くのは相当至難の業であること。

 

第3に4コーナーを後方から大外捲っても、中山でG1となると流石に追いつかない。

 

高松宮記念は内枠でうまく乗りましたが、ここは中山です。

 

そんな簡単に内枠があくとは思えません。

 

 

2枠3番 セイウンコウセイ

 

この馬にとって内枠は好枠ですね。

 

内枠を利して4・5番手を追走、直線抜け出しを狙ってくるイメージですかね。

 

状態も良さそうなので、複勝圏率が高い馬です。

 

 

3枠5番 ラインミーティア

 

レッツゴードンキとは逆のことを書きますが、この馬は一か八かの走りで内側でじっと身を潜めて、直線内側で馬群の隙間を突いてくる事が考えられます。

 

人気薄の馬はこの走りが許されますので・・・。

 

運次第の所は有りますが、そういう走りをしたら怖い一頭になります。

 

 

3枠6番 ワンスインナムーン

 

2番手もしくは逃げる可能性もあります。

 

内枠、牝馬、先行はこれまでのスプリンターズステークスで良く穴を開けているパターンです。押さえておいた方が良いでしょうね。

 

 

4枠7番 ダイアナヘイロー

 

ほぼワンスインナムーンと同じですね。

 

ただこの馬は使い詰めだから・・・。

 

いやいや、使い詰めでもシリウスステークスのドラゴンバローズ見たいに、普通に好走している馬だっていますから、使い詰めを理由に評価を落とすのも危険ですね。

 

調子が良い時は、使い詰めでもその波に乗るのもありだと思います。

 

 

4枠8番 レッドファルクス

 

今のところ一番人気ですね。

 

実績的には問題無いですし、安定感もあります。

 

ただ、自分の中で一番引っかかっている所が一つあります。

 

「この馬は本当にここが目標なのか?」

 

だけです。

 

 

5枠9番 メラグラーナ

 

良い枠引けましたね。

 

この枠であれば気分良く走れますね。

 

もう言い訳できませんね。

 

去年の秋に感じた「怪物級」の力をここで見せてもらいたいものです。

 

 

5枠10番 ビッグアーサー

 

良い枠ではありますが、今年は1枠1番の方が良かったかもですね。

 

体重は事前発表で528kgということで、重くは無いですね。

 

厩舎コメントでは「昨年より調子が良い」というコメントを目にしましたが、あの最終追い切りで、本当に良いという判断になるのか?

 

私は信用はしませんが・・・。

 

 

6枠11番 モンドキャンノ

 

差し馬なので、この枠で良いでしょう。

 

調教を見る限り非常に調子が良く見えます。

 

斤量も2kg軽いですし、面白い存在だと思います。

 

 

6枠12番 ブリザード

 

海外馬なので、日本馬との力差比較が分かりませんが。

 

調教から馬の状態は良いと判断できます。

 

日本馬との比較が分からない中での現在14番人気。

 

楽しみですね。

 

 

7枠13番 ファインニードル

 

先行脚質なので、もうちょっと内枠が欲しかったですね。

 

セントウルステークスは余計だったかもしれませんが、でも勝って実力を証明しました。今年8戦目と使い詰めですが、ダイアナヘイローのところで書いたとおり、調子よい時は乗るのもありです。

 

 

7枠14番 ネロ

 

今回大穴馬として大変注目していました。

 

先行脚質で内枠に入ってくれれば、もっと楽しみだったのですが、外枠となってしまいました。

 

それでも短距離実績はこのメンバーでも引けを取らないと思っていますので、何とか複勝圏に入って欲しいものです。

 

 

8枠16番 ダンスディレクター

 

差し、追い込みなので大外枠で問題無いでしょう。

 

京都や阪神であれば軸までありえますが、中山はやはりイメージが沸かないですね。

 

イメージを払拭する実力はありますので、去年のレッドファルクスの走りをこの馬がする可能性もあります。

 

 

ざっと、枠発表後の各馬の見解をしてきました。次に展開予想をしていきたいと思います。

 

展開予想

 

逃げるのはフィドゥーシアかワンスインナムーンが先手を取ると思われます。

 

その後にシュウジ。

 

更にネロ、ダイアナヘイロー、セイウンコウセイ、ビッグアーサー、ファインニードルが先行馬を見る感じでしょうか。

 

前半3ハロン33秒の前半で流れそうです。

 

土曜日の馬場分析ですが、余り参考となるレースがありませんでした!

 

フィドゥーシア、ワンスインナムーンは最初の3ハロン32前半で走る速力あり、またシュウジがいますので前が緩む事は考えづらいと予想します。

 

中段にレッドファルクス、メラグラーナ、ダンスディレクターなどの有力馬がつける。

 

33秒前半のペースであれば、中段組には丁度良い流れですかね。

 

追い込み馬は、外々を回って来るような走りをするのであれば厳しいでしょうね。

 

やはり今回有利な脚質は前目から中段にいる組が良いでしょう。前目につける馬なら内枠に。中段組は中枠から外枠が有利と思われます。

 

 

最終予想

 

荒れ戦指定レース スプリンターズステークス 荒れ度70%(コース30%、出走馬40%)

 

枠順発表時には、実力馬は理想の枠に入ってしまったため、荒れ臭がスゥーと薄れてしまったのですが、穴として見ていた馬も粒ぞろいですので、ここは勝負しても良いレースと判断しました。

 

買い目

 

軸馬

9番 メラグラーナ

3番 セイウンコウセイ

 

券種は3連複

200倍~1000倍 約80通り×300円

1000倍~3000倍 約50通り×100円

計29000円

 

※荒れ戦指定レースの買い方については「荒れ戦は漢の道 馬券理論」で確認してください。

 

分からない方は問い合わせください。

 

軸指定馬については、今回2頭とさせて頂きました。

 

先行脚質の代表馬としてセイウンコウセイ

 

中段脚質の代表馬としてメラグラーナを軸推奨します。

 

1番人気レッドファルクスは、メイチはマイルG1だと私は思っています。

 

状態はマイルチャンピオンシップで100%に持ってくるため、現状85~90%位ではないかと思っています。

 

それならココがメイチ濃厚なメラグラーナかなという事で上位とさせて頂きました。

 

先行脚質の代表セイウンコウセイですが、こちらもワンスインナムーンと迷いました。

 

ワンスインナムーンもスプリンターズステークスの好走条件にピタリ嵌まります。

 

しかし、セイウンコウセイの高松宮記念の走りは、ワンランク上の走りだったと思っていますので、ここは春秋スプリントG1奪取も可能ではという事で、上位とさせて頂きました。

 

荒れ戦指定レースとした根拠ですが、やはり穴馬が非常に面白いというところが判断材料となりました。

 

穴馬として面白い馬

 

ラインミーティア(一か八かの走法であっと言わせるかも)

 

ワンスインナムーン(先行脚質最大の惑星馬)

 

モンドキャンノ(3歳牡馬斤量の恩恵、状態が非常によい)

 

ブリザード(日本馬との比較が分からない=来るかもしれない)

 

ネロ(短距離は強い。西山さんというだけで人気を落とす理由にはならない)

 

特に穴馬として注目しているのはコチラ↓

 

人気ブログランキング

 

荒れる事を祈ります。

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。