Pocket

今回はスワンステークス2017 荒れる診断予想および出走予定馬分析の記事を中心に書いていきます。

 

土曜日に行われる、東京のアルテミスステークスと京都のスワンステークス両重賞ともに荒れる傾向のレースです。

 

現段階の私見では、天皇賞秋より土曜日の両重賞の方が「配当面的におもしろい」と思っています。

 

土曜日の両重賞を取りたいが為に、いつものG1より多少、天皇賞秋の更新が少なくなるかもしれません。

 

しかし、土曜の夜には全頭分析した予想を公開しようと思っていますので今週もお付き合いください。

 

ではスワンステークスの予想に入って行きますが、スワンステークスは過去に何度か大きい配当を獲得した大好きなレースです。

 

現在の登録頭数は21頭となっていますので、フルゲートで開催される可能性は高いですね。

 

荒れる事を見込んで予想させて頂きます。

 

 

スワンステークス荒れるレース診断予想

 

まずは、このスワンステークスが例年どのような傾向のレースか、まずは紐解いてみましょう。

 

人気&配当

 

過去10年の内に6回、3連単10万超え馬券が出ています。

 

有力馬がマイルチャンピオンシップに向けての試走という位置づけでの参戦であり、紛れが多いレースとなっています。

 

相当荒れやすい傾向のレースです。

 

 

脚質傾向

逃げ馬が過去10年の内7回複勝圏に絡んでいます。逃げ馬は必ず馬券に含めて行く必要があります。

 

逃げ・先行が有利なレースです。

 

枠傾向

 

中~外枠が有利である傾向があります。

 

 

登録馬時点荒れるレース診断

 

本質的に荒れる傾向のレースなのですが、出走馬をざっと見渡しましても荒れる確率相当高めなレースだなと感じています。

 

このレースで堅い馬券買ってもどうにもなりませんので、荒れる確率が高いのなら、高配当狙っていこうと思います。

 

 

 

出走予定馬想定人気

 

1番人気 レッツゴードンキ 2.5倍

2番人気 サングレーザー 4.9倍

3番人気 カラクレナイ  6.0倍

4番人気 セイウンコウセイ 6.1倍

5番人気 ミスエルテ 9.5倍

 

この想定人気を見ても荒れる臭いがプンプンします。

 

最近この臭いは犬並みに働いています。

 

 

 

有力馬診断

 

レッツゴードンキ

 

想定1番人気です。

 

スプリンターズステークスは内枠を利して、上手く乗って2着に持ってきました。

 

スプリンターズステークス2着の実績を受け、1番人気ということなのでしょうが、

 

この1番人気は危険な人気馬と見ています。

 

スプリンターズステークスはゲートを出て結構押して好位をとってきました。

 

この馬は掛かり癖のある馬なので、距離が伸びる今回その点がどう出るのか、非常に心配です。

 

春は高松宮記念2着(この時も押していた)→ヴィクトリアマイルは抑えが効かなく11着惨敗していました。

 

外枠に入るものなら相当軽視します。

 

このローテに関しても「?」がつきます。

 

G1勝利名誉<G2勝利賞金 という事で、より稼げるレースへの参戦というスタンスでの出走なのでしょうね。

 

 

サングレーザー

 

想定2番人気です。

 

この夏に覚醒し現在3連勝中です。

 

適距離は違いますが、同じ夏の上がり馬比較でキセキ並に強いと思っています。

 

レッツゴードンキより人気が低いのが?が付くぐらい強いです。

 

例年逃げ、先行馬の活躍が目立つレースですが、先週の泥んこ馬場での競馬の影響により、差し馬有利の馬場になると予想しています。

 

軸馬指定候補です。

 

 

カラクレナイ

 

想定3番人気です。

 

なぜ3番人気なのでしょうかね?

 

荒れる臭いはココからきていました。

 

距離が短いってだけで人気になっていますが、3歳牝馬の春の成績だけで、ここまで評価が高いのが不思議でなりません。

 

最近の3歳馬VS古馬の戦いでは、3歳馬の苦戦が強いられている現状の中、この人気であれば全く美味無しです。

 

 

セイウンコウセイ

 

想定4番人気。

 

スプリンターズステークスの負けで随分人気が下がりましたね。

 

先週の泥んこ馬場での開催で、馬場が荒れたのもこの馬にとってはチャンスです。

 

1400m戦は1年前の渡月橋ステークスで強い勝ち方をしているので問題ありません。

 

カラクレナイとは逆にこの人気は旨み要素満載です。

 

今のところ軸指定候補です。

 

 

ミスエルテ

 

想定5番人気

 

カラクレナイと同様ここまで人気になるのが不思議です。

 

3歳牝馬の中なら、裸同然の斤量ではありましたが重賞で古馬に勝ったジューヌエコールを最上位とみています。

 

 

まとめ

 

軸指定は、セイウンコウセイとサングレーザーの予定です。

 

調教での動きが悪くなければ、この2頭から3連単フォーメーションで高配当を狙っていく予定でいます。

 

最後に特注の穴馬を紹介します。

 

その馬はコチラ↓

 

人気ブログランキング

 

逃げ先行脚質なので、このレースに向いている馬です。

 

休み明けですが、休み明けの方が好成績を収めています。

 

阪神・京都のレースが初めてということで、輸送は気になるところではありますが、その点が無事クリア出来るのであれば、複勝圏に絡んで来る可能性は高いと思っています。

 

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。