Pocket

今回はチャレンジカップ2017予想 荒れるレース診断と一週前有力馬診断を中心とした記事を書いていきます。

 

登録頭数は13頭です。

 

チャレンジカップはこれまで阪神芝1800mで行われていましたが、今年から200m延長して2000mに変更となり、またハンデ戦から別定戦となりました。

 

距離も条件も変わったことから、新設と言っても良いですね。

 

阪神競馬場の芝2000mの傾向を検証して、まずは荒れる傾向のコース形態かどうかをチェックした上で馬券検討をしていこうと思います。

 

第1部では「阪神芝2000mの波乱確率は高いか?」を中心に検証していきたいと思います。

 

第2分では「有力馬の一週前追い切りを検証していきたいと思います。

 

 

チャレンジカップ予想オッズ

 

1番人気 サトノクロニクル      2.6倍

2番人気 プレスジャーニー      4.1倍

3番人気 モンドインテロ      5.0倍

4番人気 マキシマムドパリ     5.6倍

5番人気 デニムアンドルビー   10.0倍

 

 

第1部  チャレンジカップ荒れる診断

 

阪神芝2000mが荒れる傾向のコース形態か検証していきます。

 

①過去10年の阪神芝2000m戦の3連単配当傾向

対象レース317レース有り3連単平均8万8千円でした。

 

 

②過去10年の阪神芝1800m戦の3連単配当傾向

対象レース422レース有り3連単平均16万2千円でした。

 

阪神芝2000mと1800mで、1800m戦の方が倍近く配当が高い結果となりました。

 

阪神芝2000m戦は3連単配当は低い傾向にあると言って良いでしょう。

 

 

③過去10年の阪神芝2000m戦の10番人気以下の激走率

10~16番人気の激走率は24.3%(10~16番人気の複勝率の計)でした。

 

 

④過去10年の阪神芝1800m戦の10番人気以下の激走率

10~18番人気の激走率は32.9%(10~18番人気の複勝率の計)でした。

 

激走率についても、阪神芝1800m戦の方が8.6%上回っており、阪神芝1800m戦の方が荒れやすい傾向にあったと言えます。

 

チャレンジカップ荒れるレース診断

 

阪神芝2000m戦は荒れにくいコースと言えます。

 

過去のチャレンジカップは荒れる傾向のレースでしたが、全く違うレースと思って予想していった方がよいでしょう。

 

 

第2部 有力馬一週前追い切り診断

 

サトノクロニクル

 

一週前 11月22日 栗東
CW良 81.0-66.1-52.4-38.5-11.7
一杯

 

前走時最終 10月18日 栗東
CW稍重 85.6-68.1-52.9-39.0-11.6
軽く追う

 

前走時一週前 10月12日 栗東
CW良 83.3-68.3-53.2-39.5-11.8
強く追う

 

長めから一杯に追い切られました。

 

全体時計も良くラスト1Fも11.7と切れました。

 

菊花賞時の調教では、春先と比べ今一の感があったため、秋2戦とも消しとしましたが、今回は状態は良くなってきた印象を受けます。

 

最終は軽めの調教で問題ないでしょう。

 

調子は間違いなく良いと判断します。

 

 

プレスジャーニー

 

一週前 11月22日 栗東
CW良 83.5-67.9-53.0-39.2-12.1
一杯

 

前走時最終 10月18日 栗東
CW稍重 84.4-68.3-53.3-39.1-12.5
強く追う

 

前走時一週前 10月12日 栗東
CW良 80.7-66.7-53.4-40.2-12.9
一杯

 

一週前はCWで追い切られました。

 

一週前は前走時と比較しても現状維持といった感じです。

 

一戦使ってきましたので、気持ちの面でプラスに働くものと思いますが、最終追い切りを見て判断させて頂きます。

 

前走の菊花賞時の一週前は全体時計も良く1年ぶりでしたが、作ってきた感がありました。

 

菊花賞の敗因は1年ぶりの実践で、「G1」「3000m戦」「不良馬場」と条件が厳しすぎた感があります。

 

今回2000m戦なので、ここで真価が問われる一戦となりそうです。

 

 

モンドインテロ

 

一週前 11月22日 美浦
南W良 81.3-65.7-51.0-38.1-13.3
一杯

 

前走時最終 美浦
南W良 66.3-52.6-38.4-12.9
馬なり

 

一週前に髙負荷をかけてきました。

 

賞金を加算したい気持ちが伝わってきます。

 

最終は軽めで良いでしょう。

 

この馬にとって2000m戦は多少距離が短い印象を受けますが、状態の良さでどこまで通用するかといったところです。

 

 

デニムアンドルビー

 

一週前 11月22日 栗東
CW良 84.9-68.5-54.3-39.8-11.7
馬なり

 

前走時最終 栗東
坂路 52.9-38.7-13.0
馬なり

 

一週前はCWで追い切られました。

 

長めからタイムを出してきて、ラスト1F11.7でまとめました。

 

素軽い動きで体調の良さが伝わります。

 

実績ではココでは一枚抜けていますので、前がやり合うような展開になればチャンス十分です。

 

 

まとめ

 

有力馬を診断してきました。

 

最近の3歳馬の活躍もあり、3歳馬が上位人気になりそうです。

 

第1部で触れたとおり、荒れにくいコース形態を加味した上で、予想をしていきたいと思います。

 

最後に、穴馬として注目している馬をで紹介します。

 

 その馬はコチラ↓

 

人気ブログランキング

 

前走から中2週での挑戦となりますが、中間Wコースで53.8-39.4-13.0を馬なりで計時しており、前走時のタイムより短縮してきています。

 

今回斤量面でも恵まれますので、一発は十分に考えられます。

 

期待値の高い穴馬として推奨します。

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。