Pocket

今回はマイルチャンピオンシップ2017 荒れる診断予想および有力馬分析の記事を中心に書いていきます。

 

本題に入る前に、まずは先週行われた競馬の予想結果を報告します。

 

武蔵野ステークス結果報告

 

武蔵野ステークスは10年の内5回10万馬券が出ているということで、高配当狙いで勝負しました。

 

1着軸指定していたサンライズソアは8番人気で2着、ピオネロは9番人気で6着、サンライズノヴァは1番人気で12着に終わりました。

 

1着には6番人気のインカンテーションが勝ち、3着には15番人気のアキトクレッセントが入選して、3連単は178万馬券と超高配当がでました。

 

アキトクレッセントは2着・3着に含めていませんでしたので完全に負けです。

 

 

デイリー杯2歳ステークス結果報告

 

登録頭数が少なかった時点で、馬券を買う気が無く予想をしていません。

 

 

福島記念結果報告

 

1着軸指定したウインブライトは2番人気で1着、プリメラアスールは4番人気で8着でした。

 

このレースは軸2頭を決め、3連単の2着、3着は全頭として、1000倍~6000倍のオッズ取得で100円づつで200通り。という買い方をしていました。

 

結果としては、3着に10番人気のヒストリカルが来たものの、3連単配当7万円台と言う事で、外れてしまいました。

 

タラ・レバですが、4着に突っ込んで来たマイネルディーンが3着にきてくれたら、43万馬券を手にする事が出来たのですが・・・。

 

荒れる事を期待していたのですが、残念な結果におわりました。

 

 

エリザベス女王杯

 

1着軸指定しスマートレイヤーは6番人気で6着、クイーンズリングは8番人気で7着、1番人気のヴィブロスは5着に終わりました。

 

穴指定していたクロコスミアは9番人気で2着に来てくれましたが、軸指定した3頭はいずれも中途半端な着順に終わりました。

 

最後の決勝戦手前で、内から伸びたモズカッチャンがクイーンズリングに見えて、「貰った!」と一瞬喜んだのですが、馬番みて勘違いにきづきました。

 

 

結 論

 

3レース購入しましたが、当たりそうで当たらないと言った感じですね。

 

予想の流れとしては、軸も当たっているレースもありますし、穴指定した馬も来ておりますので、「荒れるレース」「軸指定」「対抗指定」全てがかみ合えば、高配当は手に入れられますので、このスタンスは崩さずに行きたいと思います!

 

 

では、マイルチャンピオンシップ荒れる診断予想に入りたいと思います。

 

マイルチャンピオンシップ荒れるレース診断予想

 

まずは、過去のデータよりエリザベス女王杯の傾向を紐解いて行きましょう。

 

人気・配当

 

過去10年の内に4回、3連単10万超え馬券が出ています。

 

荒れる傾向の強いG1レースです。

 

 

脚質傾向

差し馬が圧倒的に有利です。

 

逃げ馬は10年以内に2頭複勝圏に入ってきています。

 

 

枠傾向

 

中~外よりの馬が好成績を収めています。

 

 

登録馬時点荒れるレース診断

 

傾向としては荒れやすい傾向のG1です。

 

今年は特に3週連続道悪馬場での開催を行ったという事もあり、相当馬場が荒れています。

 

先週のエリザベス女王杯の勝ちタイム2分14秒3と、大分時間を要しています。

 

時計が掛かるという事は、速い時計を持っていなくとも、通用する可能性が高いということになるため、ジックリ予想していきたいと思います。

 

 

有力馬診断

 

レッドファルクス

 

一週前 11月8日 美浦

南W良 82.0-66.1-51.7-38.2-13.2

一杯

 

1週前追い切りは南W良で行われ、馬なりで94.7-79.6-65.2-50.8-37.2-11.8を計時しました。

 

1週前の状態に関しては、前走時の方が良かった気がします。

 

最終追い切りで前走時同様の動き、タイムが見られるかで、調子の判断をしたいと思います。

 

距離に関しては安田記念で3着の実績があるため、京都芝1600mは全然問題無いでしょう。

 

スピードはこのメンバーでは一番。スタミナも十分持つと言う事であれば、当然勝ち負けできる馬と言う事になります。

 

 

エアスピネル

 

一週前 11月8日 栗東

坂路良 53.5-38.6-25.1-12.4

馬なり

 

富士ステークスでは一週前と、最終いずれも強い調教を行っています。

 

今回1週前の調教の軽さが気になります。

 

最終追い切りでも、一週前と同様の追い切りであれば、体調を疑った方が良いかもしれません。

 

最終は坂路で4F51秒台前半は見たいところです。

 

 

ペルシアンナイト

 

一週前 11月9日 栗東

 

CW良 81.0-65.4-50.9-37.2-11.4

一杯

 

前走時の調教は春先に比べ物足りない印象を受けていましたが。

 

今回は、見違えるほどに動きが良くなっています。

 

最終追い切りは軽めでも問題無いでしょう。

 

エリザベス女王杯は3歳馬のモズカッチャンが勝ちました。

 

3歳牡馬も先々週のアルゼンチン共和国杯のスワーヴリチャードが完勝したのを皮切りに、快進撃を見せて欲しいものです。

 

状態は間違い無く良いでしょう。

 

 

イスラボニータ

 

一週前 11月8日 美浦

南W良 80.4-64.7-51.1-37.6-12.7

軽く追う

 

ペルシアンナイト同様この馬も、前走調教であまり良くみせていませんでしたが、今回はこの馬らしい動きで、体調は間違いなく良くなっています。

 

最終は軽めの調教で問題無いでしょう。

 

安田記念は前が詰まる致命的な不利があっての8着だったので仕方なし。

 

富士ステークスも道悪が苦手な馬にも関わらず、そして他馬より1kg重い58kgで2着と好走してきました。

 

ここは逆転の可能性も十分にあります。

 

 

まとめ

 

過去10年の内4回10万馬券が出ていますが、やはり紐荒れ狙って高配当を狙う形で予定しています。

 

当然上位4頭のいずかで絡めてということとなります。

 

今週のブログ配信の予定は、マイルチャンピオンシップの最終追い切り全頭解説を木曜日に予定しています。

 

金曜日には枠順発表後の見解、土曜日は最終予想買い目を公開していきますので、よろしくお願いします。

 

現段階で「メイチ仕上げ濃厚馬」および「厳選大穴馬候補」を紹介します。

 

その馬はこちら↓。

 

人気ブログランキング

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。