Pocket

今回はマイルチャンピンシップ2017予想 最終追い切り全頭診断(後編)を中心とした記事になります。

 

前編では

レッドファルクス

エアスピネル

ペルシアンナイト

イスラボニータ

サトノアラジン

サングレーザー

 

中編では

ウインガニオン

グランシルク

クルーガー

マルターズアポジー

ヤングマンパワー

レーヌミノル

 

後編では、その他の6頭の診断を行っていきたいと思います。

 

 

最終追い切り全頭診断(後編)

 

アメリカズカップ

 

最終 11月15日 栗東

坂路 52.8-38.3-25.2-12.5

強め

 

一週前 計時無し

 

前走時最終 栗東

坂路不良 53.4-39.0-12.8

強め

 

中一週ですが、前走時よりタイムを短縮してきました。

 

動きも非常に力強い動きを見せており好感がもてます。

 

土曜日の雨がレースまでにどのくらい残るかで、この馬の取捨が変わってくると思います。

 

タイムが掛かる馬場になれば、十分に穴馬になれる存在です。

 

 

ガリバルディ

 

最終  11月15日 栗東

芝重 83.6-66.1-51.1-37.6-11.9

一杯

 

一週前  11月8日 栗東

CW良 64.0-49.8-37.1-11.5

一杯

 

前走時最終 10月18日 栗東

芝やや重 51.0-35.9-12.3

ゴール前強く追う

 

前走時一週前 10月12日 栗東

CW良80.8-65.4-50.9-38.1-12.8

馬なり

 

藤原厩舎仕上げを施してきました。

 

前走時とは作りが雲泥の差で、メイチ仕上げと判断して良いでしょう。

 

相当人気がありませんが、1600mの持ち時計も形成杯オータムハンデで1.31.9で走っていますので、速い時計勝負でも十分対応可能と考えます。

 

今のオッズと現在のこの馬の仕上げを考えたら、美味しいオッズだと思います。

 

 

ジョーストリクトリ

 

最終  11月15日 栗東

坂路稍重 52.5-38.9-25.6

馬なり

 

一週前  11月8日 栗東

CW良 79.2-65.3-51.8-38.8-12.7

馬なり

 

前走時最終 栗東

CW稍重 81.8-67.2-53.1-39.4-13.0

強め

 

一週前および最終ともに馬なりでの追い切りでした。

 

タイム自体は、前走時から比較しても大幅にタイムを短縮してきていますので、状態を上げてきているのは確かです。

 

ただし他の馬がG1仕上げの馬が多い中、目一杯仕上げてきている様子は見られませんので、今回は無しと判断します。

 

 

ダノンメジャー

 

最終 11月15日 栗東

CW稍重 83.7-66.7-51.3-37.2-11.6

一杯に追う

 

一週前 11月10日 栗東

CW良 50.9-38.3-11.9

馬なり

 

前走時最終 10月25日 栗東

CW重 83.6-66.7-51.2-38.5-11.9

一杯に追う

 

・前走時一週前 10月18日 栗東

CW稍重 66.2-51.4-38.2-12.4

馬なり

 

前走時も良かったですが、今回もそれ以上に良い動きだったと思います。

 

前走の敗因は+12kgの馬体増と芝1400mの対応という部分で負けてしまったものと思われます。

 

今回は走り慣れている芝1600mですし、当然馬体を絞って来るはずですので、前走時より間違いなく走れるでしょう。

 

 

ブラックムーン

 

最終  11月15日 栗東

CW稍重 66.2-50.9-37.2-11.8

強め

 

一週前  11月8日 栗東

CW良 84.7-67.8-52.6-38.7-12.1

一杯

 

前走時最終 栗東

CW稍重 81.3-65.6-51.3-38.4-13.3

一杯

 

前走時と比較して、相当良化を感じさせるタイムを出しました。

 

動きも良く、このレースに仕上げた感が伝わってきます。

 

体調万全と言って良いでしょう。

 

 

 

ムーンクレスト

 

最終  11月15日 栗東

CW稍重 81.1-64.9-50.4-37.7-12.3

一杯

 

一週前  11月8日 栗東

CW良 82.5-66.2-50.9-37.7-11.8

一杯

 

前走時最終 栗東

CW不良 81.7-65.5-50.9-37.3-12.4

一杯

 

一週前、最終ともに一杯での調教を行ってきました。

 

前走時と変わらず良いタイムでした。

 

体調に関しては現状維持と言ったところでしょう。

 

 

まとめ

 

後編として6頭の最終追い切り診断をしてきました。

 

有力馬も下位人気馬もこのレースに向けて作って来た馬が多かったです。

 

特に今回、後編で診断したガリバルディは今回のレースに向けて渾身仕上げだと思います。

 

馬券の組み立てとして、人気薄にこれだけ調子の良い馬が多いということは、紐荒れは十分にあり得ると思っています。

 

馬券の中心は人気馬を軸にはしますが、人気薄は手広く流して紐荒れ狙いで馬券購入を考えています。

 

 

【マイルチャンピオンシップ2017】予想④ 最終追い切り全頭診断(前編)

 

 

【マイルチャンピオンシップ2017】予想 最終追い切り全頭診断(中編)

 

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。