Pocket

今回は、中山金杯2018予想として想定オッズと荒れるレース波乱診断&現時点の有力馬と大穴馬候補の見解を行っていきたいと思います。

 

2018のスタートを飾る金杯が1月6日の土曜日に中山競馬場と京都競馬場で行われます。

 

今回中山金杯の予想となりますが、最近の傾向としては平穏に収まる事が多くなっています。

 

今回の人気の中心は、ダイワギャグニー、セダブリランテス、ウインブライト当たりが人気を集めそうですが、果たして波乱はあるのか?

 

過去の傾向分析、有力馬と穴馬の見解を行っていきたいと思います。

 

 

本題に入る前に、12月28日に行われた競馬で予想したホープフルステークスと,ベテルギウスステークス、ファイナルステークスの結果報告をサクッと行います。

 

 

ホープフルステークス結果報告

 

軸指定した1番人気タイムフライヤーが1着、穴馬推奨していた8番人気ステイフーリッシュが3着でした。

 

2着にきたジャンダルムも相手に入れており、配当もオッズ指定の範囲内の5万2千円ということで的中となりました。

 

 

ベテルギウスステークス結果報告

 

軸指定した4番人気ルールソヴァールが1着、穴馬推奨していた9番人気ダノングッドは7着でした。

 

2着にきたスリータイタンと3着にきたシャイニービームを相手に入れており、配当もオッズ指定の範囲内14万4千円ということで的中となりました。

 

 

ファイナルステークス結果報告

 

軸指定した1番人気クライムメジャーが2着、穴馬推奨していた6番人気グレイスミノルは8着でした。

 

軸馬の1着固定と2着固定のフォーメーションでそれぞれ購入としており、1着にきたスマートカルロスと3着にきたエントリチケットを相手にいれており、配当もオッズ指定の範囲内6万5千円ということで的中となりました。

 

 

まさか、まさかの3レース3連単全的中で2017年を締めくくることが出来ました。

 

このレースを迎える時点で2017年はプラス収支だったのですが、収支を増やして終えることができました。

 

最後をこのような結果で締めくくる事ができ非常に良かったです!

 

 

 

それでは、本題の中山金杯の予想を行っていきたいと思います。

 

第一部では、中山金杯想定オッズ

 

第二部では、荒れるレース波乱診断

 

第三部では、有力馬&穴馬推奨

 

を行っていきたいと思います。

 

 

第一部 中山金杯想定オッズ

 

1番人気 ダイワギャグニー    3.5倍

2番人気 セダブリランテス   5.7倍

3番人気 ウインブライト    6.3倍

4番人気 レアニスタ      8.2倍

5番人気 デニムアンドルビー 10.3倍

※荒れ戦想定オッズ

 

 

第二部 中山金杯荒れるレース波乱診断

 

まずは、中山金杯がどのような傾向のレースか紐解いて見ましょう。

 

人気&配当

 

 

10年以前は、荒れる傾向の強いレースでありましたが、ここ最近はそれほど荒れていなく、過去10年で3連単10万超が2回しか荒れていません。

 

脚質傾向

 

 

傾向としては、差馬の好走が目立ちます。

 

 

枠傾向

 

内枠が有利である事に間違いありません。

 

 

荒れるレース波乱診断

 

傾向としては荒れにくいレースです。

 

しかし、一番のポイントは枠順にあると思います。

 

「人気馬が外枠」「穴先行馬が内枠」となった場合には、荒れる確率高くなりますので、そうなることを期待したいと思います。

 

 

第三部 有力馬&大穴馬見解

 

ダイワギャグニー

 

毎日王冠では4着だったのですが好走条件が重なったため、毎日王冠の好走に関しては評価を上げていませんでした。

 

しかし、前走のキャピタルステークスは番手からの競馬で直線抜けだし、最後はサトノアレスとの叩き合いで勝利する、強い内容でした。

 

距離に関しては、過去に東京2000mプリンシバルステークスを勝利していますので問題無しと判断します。

 

枠次第ですが、内枠に入ったなら逆らい辛い馬です。

 

 

セダブリランテス

 

前走アルゼンチン共和国杯では休み明けながらも3着と好走しました。

 

デビューから3連勝するだけあって実力は確かなので、好条件が重なれば、勝ち負けは可能と判断します。

 

 

ウインブライト

 

前走福島記念を勝利しての参戦です。

 

前走は好枠を利して先行抜けだしということで、ある意味「はまった」レースであったといって良いでしょう。

 

前走の勝利でハンデが多少重くなるため、条件面は厳しくなります。

 

しかし、昨年中山のスプリングステークスで外を回って完勝している舞台でもあるため、軽視は出来ません。

 

 

推奨大穴馬A

人気ブログランキングで公開

 

前走は休み明けでありながらも調教が絶好であったため、人気が無い中で軸馬推奨した馬です。

 

しかし馬体重+24kg増の影響もあってか、惨敗を喫してしまいました。

 

この馬は中山巧者でありますので、馬体が絞れたのであれば好走してきそうな雰囲気はあります。

 

前走同様の好内容の調教が見られて、且つ内枠を引けたのであれば、軸でもと考えている馬です。

 

 

まとめ

 

有力馬3頭、推奨穴馬1頭の見解をしてきました。

 

何度も書きますが、枠が大事になってきます。

 

枠次第で高配当を狙えるレースかどうかが決まりますので、高配当を狙う私としては、人気馬達が外枠に入ってくれる事を願っています。

 

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。