Pocket

今回は中山金杯2018予想、最終追い切り全頭診断(後編)を行っていきたいと思います。

 

後編では

ケントオー

ショウナンマルシェ

ジョルジュサンク

ストレンジクォーク

タイセイサミット

トーセンマタコイヤ

バリカラノテガミ

フェルメッツァ

マイネルミラノ

レアリスタ

 

の10頭を診断して行きたいと思います。

 

 

最終追い切り全頭診断(後編)

 

ケントオー

(最終時点87点)

 

最終 1月3日 栗東
坂路良 52.5-38.5-25.4-12.7
強め

 

一週前 12月28日 栗東
坂路良 52.3-38.5-12.9
一杯

 

前走時最終 12月6日 栗東
坂路良 52.3-38.4-25.5-12.8
一杯

 

前走時一週前 11月29日 栗東
坂路稍重 52.3-38.2-25.2-12.7
一杯

 

最終は坂路単走で追い切りました。

 

前走時と変わらず良い動きでした。

 

 

ショウナンマルシェ

(最終時点78点)

 

最終 1月3日 美浦
南W良 66.8-52.8-39.4-14.3
強め

 

一週前 12月28日 美浦
南W良 70.4-54.4-39.8-13.4
馬なり

 

前走時最終 11月22日 美浦
南W良 69.6-53.9-39.6-12.7
馬なり

 

前走時一週前 11月15日 美浦
南W稍重 67.8-52.2-37.8-12.5
馬なり

 

最終はWコースで併せ馬を行いました。

 

前半飛ばしていたとはいえ、最後バテバテで併せ馬になりませんでした。

 

ラスト1Fだけで評価はしたくないですが、さすがにバテすぎですね。

 

 

ジョルジュサンク

(最終時点78点)

 

最終 1月3日 栗東
坂路良 55.3-39.0-25.2-12.6
一杯

 

一週前 12月28日 栗東
坂路良 55.9-40.1-13.5
馬なり

 

前走時最終 11月29日 栗東
坂路良 52.5-38.2-25.0-12.7
強め

 

前走時一週前 11月22日 栗東
坂路良 54.0-39.5-25.7-12.8
強め

 

最終は坂路で併せ馬を行いました。

 

鞭を入れた瞬間に減速しており、メンタル的なものを感じてしまう追い切りでした。

 

タイム的にも前走時より遅く、体調の良さは感じませんでした。

 

 

ストレンジクォーク

(最終時点92点)

 

最終 1月3日 美浦
坂路良 50.8-38.1-26.0-13.2
強い

 

一週前 12月28日 美浦
坂路稍重 67.0-52.6-38.6-13.0
ゴール前追う

 

前走時最終 11月15日 美浦
坂路稍重 57.2-42.2-27.3-12.9
一杯

 

前走時一週前 11月8日 美浦
坂路良 54.2-39.8-26.3-13.4
強め

 

最終は坂路単走で追い切りました。

 

4F50.8秒は自己ベストです。

 

自己ベストだけあって、活発な動きで体調の良さを感じさせます。

 

 

タイセイサミット

(最終時点85点)

 

最終 1月3日 栗東
坂路良 53.1-38.9-25.0-12.3
直線追う

 

一週前 12月28日 栗東
坂路良 51.8-38.0-12.6
一杯

 

前走時最終 12月6日 栗東
坂路良 51.4-37.6-24.9-12.6
一杯

 

前走時一週前 11月30日 栗東
坂路良 53.0-38.7-25.2-12.9
一杯

 

最終は坂路併せ馬を行いました。

 

もう少しラスト伸びて欲しかった所ですが、及第点というところです。

 

 

トーセンマタコイヤ

(最終時点89点)

 

最終 1月3日 美浦
南W良 69.0-53.3-39.3-13.9
馬なり

 

一週前 12月25日 美浦
南W稍重 81.6-66.8-52.3-38.3-13.6
一杯

 

前走時最終 11月22日 美浦
南W良 69.0-53.2-39.3-13.1
馬なり

 

前走時一週前 11月15日 美浦
南W稍重 70.1-54.3-39.3-13.0
馬なり

 

最終はWコース単走で追い切りました。

 

一週前に負荷のかかった調教を行っていましたので、最終は軽めで十分です。

 

最終は抑えきれない手応えでWコースを駆けており、体調は良さそうです。

 

 

バリカラノテガミ

(最終時点82点)

 

最終 1月3日 美浦
P良 70.9-54.5-40.0-12.3
馬なり

 

一週前 12月25日 美浦
南W良 67.8-53.5-39.6-13.2
馬なり

 

前走時最終 10月22日 美浦
南W重 68.2-52.4-38.4-13.8
一杯

 

最終はPコースで追い切りました。

 

全体的に軽い調教で、強調する点は特にありません。

 

 

フェルメッツァ

(最終時点85点)

 

最終 1月3日 栗東
CW良 83.2-67.7-53.0-39.7-13.2
馬なり

 

一週前 12月28日 栗東
CW良 83.7-67.4-53.1-39.8-12.5
馬なり

 

前走時最終 12月6日 栗東
CW良 82.6-66.8-53.1-39.7-12.5
一杯

 

前走時一週前 11月29日 栗東
CW良 83.5-68.2-53.5-39.7-12.3
馬なり

 

最終はCWコースで追い切りました。

 

前走時とほぼ同程度の追い切りタイムであり、前走程度の状態と判断します。

 

 

マイネルミラノ

(最終時点80点)

 

最終 1月3日 美浦
南W良 70.3-55.3-40.7-13.0
馬なり

 

一週前 12月27日 美浦
南W良 67.1-51.6-39.4-14.4
一杯

 

前走時最終 11月29日 美浦
南W良 71.3-55.4-41.2-12.8
馬なり

 

最終はWコースを単走で追い切りました。

 

一週前に負荷をかけた調教を行いましたが、それにしてもラスト1Fは掛かりすぎでした。

 

昨年勝利した福島民報杯時の一週前は65.3-51.2-37.4-12.7と全体的に髙負荷を掛けて、ラストも踏ん張っていました。

 

最近のレースの踏ん張りが効かないところが、調教にも表れているものと判断します。

 

 

レアリスタ

(最終時点80点)

 

最終 1月3日 美浦
坂路良 56.4-41.4-13.3
馬なり

 

一週前 12月28日 美浦
南W良 86.5-7.6-57.3-40.1-13.9
馬なり

 

前走時最終 11月22日 美浦
南W良 55.0-40.4-12.7
馬なり

 

前走時一週前 11月16日 美浦
南W良 81.7-67.2-52.9-38.9-13.0
馬なり

 

最終は坂路で追い切られました。

 

最終・一週前ともに相当軽い追い切りでした。

 

素質はココでも十分通用するものはある馬だと思っておりますが、この追い切りでは体調が良いとはいえません。

 

 

 

まとめ

 

最終追い切り全頭追い切り(後編)を行ないました。

 

体調の良い馬と、そうで無い馬がハッキリ分かれました。

 

今回の追い切りではストレンジクォークトーセンマタコイヤが特に良く見えました。

 

最終追い切り時点で、特に注目している馬はこの馬です。

 

 

人気ブログランキング

 

 

 

最終追い切り全頭診断(前編)はコチラ

 

 

【中山金杯2018】予想 最終追い切り全頭診断(前編)

 

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。