Pocket

本日は京都大賞典2017最終予想 枠順確定後の有力馬分析を中心とした記事を書いていきます。

 

本題に入る前に申し訳ございません。

 

毎日王冠2017の回顧をさせていただきたいと思います。

 

当レースは頭数も少なかったので「荒れ戦指定レース」としませんでした。

 

毎日王冠は例年荒れる傾向のレースではありますが、やはり頭数が12頭と少頭数であったため紛れは少いものと判断しました。

 

 

毎日王冠2017 レース回顧

 

日曜日は良馬場での開催となりました。

 

サウジアラビアロイヤルカップの反省を踏まえ、雨の影響があった土曜日の芝コースと雨の影響が無い芝コースとで、状況が全然変わってきますので

 

日曜日の芝コースの傾向を見てからの判断としました。

 

傾向として外差しよりの傾向であることを確認しましたので、前日予想した買い方でレースに臨みました。

 

レースは週初めで、もしかしたらと予想していたソウルスターリングの逃げの展開。

 

最終予想では、阪神JFやオークスのように2番手・3番手で競馬をするであろうと思っての軸でしたが・・・

 

1番人気が逃げてしまえば格好の餌食になるのは目に見えています。

 

負けるべくして負けてしまったと言ったところです。

 

結果としては、外差し馬場ということで、リアルスティール、サトノアラジン、グレーターロンドンの末足自慢の馬が1~3着を独占

 

軸指定した3頭の内、リアルスティールとサトノアラジンが1・2着

 

対抗としていたグレーターロンドンが3着

 

という事で予想は見事に的中!今回はプラス収支!

 

といいたい所ですが、私が購入したのは組み合わせの中で300倍~3000倍のオッズ取得という条件で馬券を購入ていますので今回配当276倍・・・。

 

よって馬券は外れ。

 

高配当(一撃必殺)を狙っている当ブログサイトであるため「276倍なんて、そんなの当てたことにならない!」と思いたいところですが悔しいです・・・。

 

しかし馬の読みは合っていますので、この傾向を維持していけば、いつかでっかい馬券を手に入れられそうな手応えはあります。

 

 

本題の京都大賞典2017の有力馬の枠順発表後の見解をしていきたいと思います。

 

京都の傾向は開幕週らしく、内枠先行が有利な馬場傾向ですね。

月曜日も天気が良さそうなので、この傾向でいくことは間違い無さそうですね。

 

 

有力馬分析

 

2枠2番 サウンズオブアーズ

 

札幌記念を使ってのレースになります。

 

調教も長めから意欲的に追い切り、動きも良かったため勝ち負け可能な出来であると思います。

 

しかし勝ち味に遅いと言う部分で、やはり頭から買うということは出来ませんね。

 

 

23番 シュヴァルグラン

 

休み明けですが最終追い切りはタイム・動きともに良かったです。

 

1番人気ですが、このメンバーでは負けるイメージがあまり沸きません。

 

休み明けも問題ありませんし、最近は前目での競馬も出来るため安定感がありますね。

 

軸馬の1頭目です。

 

 

34番 スマートレイヤー

 

最終追い切りは、躍動感ある走りでとても良かったです。

 

適距離およびコースである次週の府中牝馬ステークスを使わないで、このレースを使って来たことは、より「エリザベス女王杯を見据えてのレース選び」というのは気になるところですが、能力・状態を考えたら軽視は出来ません。

 

 

3枠5番 ミッキーロケット

 

最終追いきり良かったですね~。

 

週初めは軽視の予定で消す予定でもあった馬ですが、この調教を見せられると印をつけない訳にはいかなくなります。

 

G1では能力が足りない部分がありますが、G2でこの状態であれば上位争い可能ではないでしょうか。

 

 

58番 トーセンバジル

 

最終追い切りが絶好でした!

 

この馬に関しては、多分ココがメイチだと思います。

 

追い込みが効きづらい傾向な馬場ではありますが、この出来であれば豪快な差しきりもありえます。

 

シュヴァルグランを逆転する第1候補

 

 

穴馬候補☆1 人気ブログランキング

 

☆1は近走、凡走→好走→凡走→好走を繰り返している馬で、今回は「好走」の時です。

 

状態は最終調教ではCWコースを併走で駆け抜けており、新潟記念を叩いての参戦で状態は上がっているものと思われます。

 

 

穴馬候補☆2 マキシマムドパリ

 

実はこの馬も☆1と同様。凡走→好走→凡走→好走を繰り返していますが、エリザベス女王杯を目先の目標なので、ココが好走ならエリザベス女王杯は凡走?

 

しかし能力があることは重賞2勝していることから、疑いの余地はありませんしスマートレイヤーとは逆で、府中牝馬ステークスより京都大賞典の方が適性があるものと思われます。

 

最終追い切りも、栗東坂路で最後軽く伸ばす程度ですが、調子の良さは伝わってきますので、上位に食い込んで来る可能性は充分にあります。

 

 

穴馬候補☆3 カレンミロテック

 

サウンズオブアースと同様、G1・G2で善戦しますが中々勝てません。

 

京都のコースこの馬にとって適性のあるコースです。

 

前走から約1年の休み明けでありますが、最終追い切りも一杯に追い切り体制は整ったと判断します。

 

もうちょっと内枠が欲しかった所ではありますが、この馬の脚質から今回は面白い馬だと思いますので、狙っていきたいと思います。

 

 

 

最終予想

 

京都大賞典 荒れ度30%(コース10%、出走馬 20%)

 

荒れ度30%なので、荒れ戦指定レースではありません。

 

京都芝2400mは荒れづらい傾向のコースです。

 

強い馬が順当に来るというコース形態になります。

 

 

 

3 シュヴァルグラン

8 トーセンバジル

 

 

対抗

 

2 サウンズオブアース

4 スマートレイヤー

5 ミッキーロケット

7 フェイムゲーム

12 カレンミロテック

15マキシマムドパリ

☆1

 

買い方

 

3連単フォーメーション

 

1着:3・8

2着:2・4・5・7・8・12・15・☆1

3着:2・4・5・7・8・12・15・☆1

 

112通りの内、300倍~3000倍のオッズ取得で100円づつ購入。約50通り。

 

最後に☆1馬について紹介します。

 

☆馬(穴馬1)はこの馬↓

 

競馬ブログランキング

 

この馬の傾向「凡走」→「好走」→「凡走」→「好走」は、予想において大変大事な部分になってきます。

 

「好走」にあたるレースにおいては、薄くても印をつけておくことをオススメします。

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。