Pocket

今回は5月5 日に行われるG2京都新聞杯2018の最終予想として、過去データから荒れるレース波乱診断と全頭最終追い切り診断・各馬考察、買い目公開を行っていきたいと思います。

 

今年の出走頭数は17頭です。

 

出走馬

アールスター

アドマイヤアルバ

アルムフォルツァ

インターセクション

グローリーヴェイズ

ケイティクレバー

シャルドネゴールド

ステイフーリッシュ

タニノフランケル

ダブルシャープ

フランツ

メイショウテッコン

ユーキャンスマイル

リシュブール

レイエスブランドル

レノヴァール

ロードアクシス

 

 

 

上位2頭まで日本ダービーの優先出走権を得られるレースですが、今年も多くの有力馬が出走してきました。

注目馬としては、前走500万クラスでのアルメリア賞で2馬身近くの差をつけて完勝したフランツ他、タニノフランケル、シャルドネゴールド、グローリーヴェイズあたりが人気を集めそうですが、果たして「3連単10万超えするレースか否か?」ジックリ検証していきたいと思います。

 

 

 

本題に入る前に、当ブログ「荒れ戦は漢の道」の予想方針について書かせて頂きます。

 

今週は5月2日にG1かしわ記念、5月3日にはG3兵庫チャンピオンシップと地方競馬が盛り上がった週でもありました。

地方競馬の重賞レースには賞金加算に、有力なJRA勢が出走してきます。

地方馬も穴を空けるパターンもありますが、確率的には相当低く、基本はJRA勢が上位独占というお決まりパターンが多いです。

 

当ブログは、皆様に多くの方に目を通して欲しいという気持ちから、大きいレースが開催される場合には、地方競馬、海外競馬問わず、予想をしておりますが、

今週「かしわ記念」と「兵庫CS」の予想をし、レースを終えて自分の中に思うものがありました。

 

それは

このブログは大穴予想として、3連単10万超勝負をひたすら目指すブログとして「荒れるレースを見極め、勝負出来るレースにはトコトン勝負する」を考えとするブログですが、

地方競馬は小頭数での開催が多く、また中央馬と地方勢の能力差があり、荒れる確率(3連単10万超えする確率)が低い事が多いです。

ブログを書く時間も限られている中、そもそも荒れる確率が低いレースに予想の時間を費やすことは無駄な労力であり、その労力を荒れる確率が高いレースに注ぐべきと強く感じました。

 

よって、今後のブログ方針と致しましては

地方競馬・海外競馬は基本は予想しません。

但し頭数が多く、荒れる可能性が高いと感じた時のみ参戦します。

 

いきなりの方針転換と言う形をとってしまったこと、毎回ご覧頂いている方に対し心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。

その分、中央競馬で荒れる確率の高いレース予想を内容濃いものとしていければと思っておりますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

 

では本日の本題、京都新聞杯の予想をして行きたいと思います。

 

◎第1部

荒れるレース波乱診断 G2京都新聞杯の傾向と過去10年のデータ分析

 

◎第2部

全頭最終追い切り調教診断

 

◎第3部

最終予想 買い目公開と考察

 

 

1.荒れるレース波乱診断

 

まずは京都新聞杯がどのような傾向のレースか、過去のデータを参考に確認していきます。

 

京都新聞杯過去データ 人気&配当

過去10年の内、3連単10万超が1回しかありません。

 

 

京都新聞杯過去データ 脚質&枠傾向

脚質傾向としては、先行馬の好走率が高いです。

馬番傾向は、外枠の馬の3着以内率が悪くなっています。

 

 

京都2200m 3連単配当傾向

(頭数制限無し)

京都芝2200m対象レース数 134R

3連単10万超確率 23.8%

3連単平均配当 13万3千円

 

参考)過去10年平均(2017年作成数値)

全場全芝対象レース数 15,890R

3連単10万超確率 26.0%

3連単平均配当 16千円

 

確率・配当ともに平均より低めです。

 

 

京都芝2200m 3連単配当傾向

(16~18頭立て)

京都芝2200m対象レース数 56R

3連単10万超確率 32.2%

3連単平均配当 18万9千円

 

多頭数レースに限れば、確率・平均配当ともに数値は上がっております。

 

 

京都芝2200m 馬番別好走傾向

(16~18頭立て)

8番から内は平均して好走率が高めといえます。

 

 

京都芝2200m 脚質別好走傾向

(16~18頭立て)

逃げ・先行馬が好走率高めです。

 

 

 

波乱診断まとめ

京都芝2200m戦は、荒れる可能性(3連単10万超以上)が低いコースですが、16頭以上立て以上であれば、荒れる確率は32.2%と30%を超えています。

多頭数戦としては平均的な数値といえます。

今回17頭の出走頭数となりましたので、「各馬の状態」「枠配置」「当日の馬場状況」などを加味して、3連単10万円超え勝負レースとするか判断したいと思います。

 

 

2.最終追い切り診断

 

1枠1番 フランツ

(追い切り採点92点)

今回

最終 5月2日
栗坂路良 53.2-38.5-25.4-13.1 強め

一週前 4月25日
栗坂路不良 52.7-39.2-13.6 一杯

 

前回 3月4日 アルメリア賞1着時

最終
栗坂路良 54.3-39.5-26.1-13.4 一杯

一週前
栗坂路良 53.6-39.5-25.7-13.1 馬なり

 

 

最終は坂路併せ馬を行いました。

前走時と同様に一週前にシッカリタイムを出し、最終は緩めての追い切り内容といえますが、

一週前の坂路馬場は時計がかかるなか、前走時以上の好タイムで掛けており、非常に良い追い切り内容だったと言えます。

状態は良とみます。

 

 

 

1枠2番 グローリーヴェイズ

(追い切り採点94点)

今回

最終 5月2日
南W良 53.4-39.0-12.1 強め

一週前 4月25日
南W重 66.2-51.4-37.3-12.7 一杯

 

前回 2月4日 きさらぎ賞2着時

最終
南W良 52.8-39.0-12.9 仕掛け

一週前
南W稍重 67.8-52.1-38.2-12.3 一杯

 

 

最終はWコースで併せ馬を行い反応鋭く僚馬に1馬身近く先着しました。

一週前には、4月25日は時計を要する馬場の中、4F51.4秒は素晴らしいタイムといえます。

追い切り内容は非常に良いと見ています。

 

 

 

2枠3番 レノヴァール

(追い切り採点93点)

今回

最終 5月2日
栗坂路良 55.6-40.0-25.1-12.6 馬なり

一週前 4月25日
栗坂路不良 54.8-39.8-12.8 一杯

 

前回 3月18日 スプリングS5着時

最終
栗坂路良 51.7-37.7-24.6-12.5 一杯

一週前
栗坂路良 54.3-39.1-25.0-12.5 一杯

 

 

最終は坂路で併せ馬を行い、馬なりながら僚馬に1馬身近く先着してゴールしました。

時計的には最終は軽め調整といえますが、一週前は54.8秒とタイムを要していますが、不良馬場での中の計時のため、シッカリ負荷をかけているものと判断します。

最終の馬の動きから非常に良い状態にあると見ています。

 

 

 

2枠4番 リシュブール

(追い切り採点91点)

今回

最終
CW良 84.1-67.4-51.8-37.9-11.6 強め

一週前
栗CW重 83.3-66.8-51.8-38.2-12.6 一杯

 

前回 2月17日 つばき賞5着時

最終
CW稍重 66.3-51.6-37.7-11.9 仕掛け

一週前
CW良 83.0-66.7-52.0-37.2-11.8 一杯

 

 

最終CWコースで併せ馬を行い、僚馬に大きく先着しました。

一週前にも一杯に追い切り好タイムをマークしており、状態に関しては良い出来と見ています。

 

 

 

3枠5番 タニノフランケル

(追い切り採点96点)

今回

最終 5月2日
CW良 79.2-63.5-49.5-36.3-12.0 一杯

一週前 4月29日
栗坂路良 57.5-41.6-13.7 馬なり

 

前回 4月15日 3歳500万下1着時

最終
栗坂路良 53.8-39.5-25.7-12.3 一杯

一週前
栗坂路良 54.8-39.6-26.1-13.2 馬なり

 

 

中2週での参戦のため、一週前は坂路で軽め調整

最終はCWコースで併せ馬を行い、僚馬に首差先着しました。

時計は申し分なし、動きも一杯に追われて届きそうになかった差をグイッと一伸びしての先着という事で、好内容の追い切りだったと思います。

出来絶好と判断しました。

 

 

 

3枠6番 メイショウテッコン

(追い切り採点89点)

今回

最終
栗CW良 53.4-39.2-12.0 強め

一週前
栗坂路重 52.4-37.3-12.2 一杯

 

前回 3月17日 若葉S6着時

最終
CW良 56.2-40.9-12.8 一杯

一週前
CW良 76.7-63.2-50.3-38.3-13.2 一杯

 

 

最終はCWコースで併せ馬を行い、1馬身近く先着しました。

最終、一週前ともにそれなりのタイムをマークしておりますが、二週前に

4月19日 CW重 80.7-64.9-50.3-37.3-12.5 馬なり

をマークしています。

前走時一週前のタイムに目が行ってしまいますが、

今回の追い切り内容もタイム・動きともに上々であり、出来落ちは無いとみています。

 

 

 

4枠7番 ケイティクレバー

(追い切り採点87点)

今回

最終 5月2日
CW良 87.5-70.6-55.2-40.8-12.5 馬なり

一週前 4月26日
栗CW重 71.1-54.9-40.0-12.6 馬なり

 

前回 4月15日 皐月賞11着時

最終
CW良 85.6-68.4-52.9-38.6-11.9 馬なり

一週前
CW良 85.9-69.2-53.7-39.5-12.1 馬なり

 

 

最終はCWコースで併せ馬を行い、馬なり調整という形ですが併入しました。

最終・一週前ともに軽めの追い切り内容で、前走時の出来を維持しようという追い切りにしか見えません。

良くて前走並みと判断します。

 

 

 

4枠8番 アドマイヤアルバ

(追い切り採点92点)

今回

最終 5月2日
CW良 82.0-65.5-51.0-37.4-12.0 強め

一週前 4月25日
栗芝不良 83.9-67.6-53.2-39.3-12.6 馬なり

 

前回 4月7日 3歳500万下1着時

最終
CW良 78.6-63.4-50.4-37.6-13.2 馬なり

一週前
栗坂路良 53.1-39.0-25.5-12.9 一杯

 

 

最終はCWコースで併せ馬を行い、首差先着しました。

最前走時の追い切り比較は、前走時最終は前傾ラップ、今回最終後傾ラップということで、単純比較はできませんが、タイム自体は好タイムであり、出来は良いと見ています。

 

 

 

5枠9番 ロードアクシス

(追い切り採点90点)

今回

最終 5月2日
CW良 71.1-54.6-39.8-12.1 馬なり

一週前 4月26日
栗芝重 82.3-65.6-51.1-37.2-12.3 馬なり

 

前回 4月7日 ひめさゆり賞1着時

最終
CW良 72.2-55.7-40.6-12.3 馬なり

一週前
CW良 68.9-54.1-39.4-12.0 一杯

 

 

最終はCWコースで併せ馬を行い、併入しています。

最終は軽めの追い切り内容ですが、一週前は芝重コースで4月25日の極悪馬場ほどでは無いですが、重馬場の中好タイムをマークしています。

前走時と同様に一週前に負荷をかけ、最終軽めはいつも通りの内容であり、出来に関しては前走時以上と見ています。

 

 

 

5枠10番 レイエスブランドル

(追い切り採点95点)

今回

最終 5月1日
栗坂路良 53.5-38.3-24.6-12.1 馬なり

一週前 4月28日
栗CW良 78.1-63.2-50.4-38.6-12.4 強め

 

前回 3月31日 山吹賞1着時

最終
栗坂路良 53.5-38.0-24.8-12.6 馬なり

一週前
CW稍重 87.7-70.2-53.5-38.3-11.7

 

 

最は坂路コース単走で追い切り、馬なりでの追い切りでしたが、好タイムをマークしています。

一週前には、CWコースの自己ベストをマークしており、出来に関してはこれまでで一番の出来にあると見ています。

 

 

 

6枠11番 アルムフォルツァ

(追い切り採点92点)

今回

最終
栗坂路良 52.6-38.3-24.9-12.5 強め

 

前回 4月21日 あずさ賞1着時

最終
栗坂路重 53.8-38.8-25.5-12.8 仕掛け

一週前
栗坂路良 54.2-39.4-25.6-12.9 強め

 

 

中一週のため、一週前追い切りは行っていませんが、

最終は坂路コースを強め単走で追い切り、好タイムをマークしています。

出来は引き続き良と判断しています。

 

 

 

 

6枠12番 ユーキャンスマイル

(追い切り採点90点)

今回

最終 5月2日
栗坂路良 54.1-39.4-25.4-12.4 強め

一週前 4月26日
栗CW重 81.1-65.2-50.6-37.2-12.3 一杯

 

前回 3月24日 毎日杯6着時

最終
CW重 85.7-68.9-53.1-37.9-11.9 強め

一週前
CW良 82.9-66.6-51.1-37.8-11.8 一杯

 

 

最終は坂路コースで併せ馬を行い、僚馬に首差先着しています。

一週前にはCWコースで好タイム・高負荷の追い切りを行っており、出来良と見ています。

 

 

 

7枠13番 ステイフーリッシュ

(追い切り採点83点)

今回

最終
栗坂路良 55.5-40.0-25.4-12.6 強め

一週前
栗坂路重 54.2-39.3-12.6 G前仕掛け

 

前回 2月11日 共同通信杯10着時

最終
栗坂路良 52.4-38.4-25.1-12.4 G強め

一週前
栗坂路良 52.8-37.9-25.1-12.6 一杯

 

 

最終は坂路コースで併せ馬を行い、併入しています。

一週前は重馬場発表ですが、そこまで時計を要する馬場ではありませんでしたが4F54.2秒。

最終も55.5秒と時計を出していません。

出していないというより、動きから出せていないが正しいかもしれません。

休み明けの状態としては良くないと見ています。

 

 

 

7枠14番 アールスター

(追い切り採点88点)

今回

最終 5月2日
栗坂路良 55.6-40.6-26.2-12.9 馬なり

一週前 4月25日
栗CW不良 85.3-69.4-54.3-40.2-12.2 一杯

 

前回 3月31日 3歳未勝利1着時

最終
栗坂路良 55.5-40.0-25.5-12.2 強め

 

 

最終は坂路コースで併せ馬を行い、馬なり調整で首差遅れました。

一週前に極悪馬場の中一杯に追い切り、時計を要していますが、シッカリ高負荷な追い切りを行っております。

状態に関しては前走時以上と見ています。

 

 

 

8枠15番 シャルドネゴールド

(追い切り採点87点)

今回

最終 5月2日
栗坂路良 55.1-40.1-25.3-12.3 馬なり

一週前 4月26日
栗坂路重 53.9-39.0-12.2 一杯

 

前回 3月24日 毎日杯7着時

最終
栗坂路重 53.4-38.8-25.6-12.9 仕掛け

一週前
栗坂路良 53.6-39.4-25.0-11.7 G強め

 

 

最終は坂路コースで併せ馬を行い、馬なりでの追い切りで一馬身先着してきました。

併せ馬については、動きから良く見えましたが、相手が走らな過ぎとも感じています。

一週前も重発表ですが、各馬そこまで時計を要していません。

休み明け2走目ですが、大きな上積みがあるかというと追い切りからは感じられませんでした。

 

 

 

8枠16番 ダブルシャープ

(追い切り採点92点)

今回

最終
CW良 82.0-66.2-51.2-37.8-11.5 一杯

一週前
栗CW重 89.0-72.2-56.4-41.8-12.7 馬なり

 

前回 4月15日 皐月賞14着時

最終
CW良 68.9-53.0-38.0-11.6 仕掛け

一週前
CW良 82.7-66.3-51.2-37.7-11.8 一杯

 

 

最終追い切りはCWコースで併せ馬を行い、僚馬に2馬身近く先着しています。

皐月賞一週前と比較しても、良いタイムを計時しており、ダービー出走に向けて気合の入った追い切り内容を見せています。

出来は良いと見ています。

 

 

 

8枠17番 インターセクション

(追い切り採点87点)

今回

最終
栗坂路良 54.5-39.5-25.0-12.4 一杯

 

前回 4月21日 3歳未勝利1着時

最終
栗坂路重 55.0-40.4-26.3-12.9 強め

一週前
CW良 84.6-68.2-53.3-39.5-12.0 馬なり

 

 

中一週のため一週前は行っておりませんが、最終は坂路コース一杯に追い切ってきました。

動きは前走時と差ほど変わり無く、前走時同様の出来と判断します。

 

 

 

まとめ

全頭の追い切り診断を行いました。

非常に状態が良い馬が多く、流石にダービー最後の切符目指して各馬メイチ感ある作りを見せています。

人気薄の馬も状態が良い馬が沢山おり、紐荒れも十分に期待できるレースと見ています。

追い切り診断からは、3連単10万超え確率はUP↑と判断します。

 

 

最終予想

 

京都新聞杯 3連単10万超確率50%前後

 

都新聞杯は過去10年1回しか3連単10万超えしていませんが、京都芝2200m戦の多頭数戦は10万超え確率30%と高くなっています。

今回の追い切り診断から人気薄の激走が見込めるものと見込んで、+20%を加点して3連単10万超え確率としました。

 

3連単10万超え勝負レースとするかどうか・・・非常に悩むところです。

「荒れるレース」「荒れるコース形態」であれば、間違いなく勝負しています。

 

70%前後の荒れる確率で勝負しているブログですが、これだけ面白い馬がいて勝負しないのも非常にもったいないところです。

 

この様なケースの場合

「勝負して荒れなかった場合」「勝負しないで荒れた場合」どちらが後悔するか天秤にかけ、より後悔しない方を選択する形としています。

今回は断然、勝負しないで荒れた場合に非常に後悔すると思います。

 

今回は、3連単10万超確率50%前後と見ていますが、勝負レースとして多点買い勝負したいと思います!

 

 

 

3連単10万超勝負レースの馬券の買い方

1.「荒れると判断したレースで」

2.「確たる軸馬を決め(1~2頭)」

3.「オッズ取得で高配当オッズを多点買い」

 

選定レースとした時には、確たる軸絡みの馬で高配当の組み合わせを多点買いするという形となります。

 

なお、オッズ取得の範囲は、10万超の配当を狙ってレース選定していますので、10万以上からのオッズ取得になります。

 

その上限については100万前後辺りで基本設定します。

 

 

買い方 3連単

 

軸1 A馬 人気ブログランキング

軸2 フランツ

 

相手 全頭

 

A馬またはフランツ絡みの3連単オッズ10万~100万の組み合わせを約500通り×100円購入

 

 

軸馬考察

 

軸1 A馬 人気ブログランキング

この馬を軸とした理由は、追い切り内容が秀逸であり、ダービー出走に向けてのメイチ感が感じられます。

これまで500クラスで物足りないレースが続いていましたが、前走時から一変した内容で完勝し、馬の成長もダービーに向けてジックリ仕上げて来た感があります。

京都芝コースは先行、内枠有利であることから、軸馬として最適と判断しました。

 

軸2 フランツ

この馬については、追い切り内容も良かったですが、前走のレースぶりが圧巻で、最後の直線で前を行くドラグーンシチーがフラフラしているのを見て、進路を内に切り替え余裕を持って2馬身差の圧勝でした。

今回は最も好走率が高い1番枠があたり、最内でスムーズに競馬が出来れば、当然勝ち負け必至の1頭と見ています。

 

 

 

その他考察

 

グローリヴェイズ

追い切り内容は非常に良かったです。

しかし、陣営コメント「秋につながる内容を」というのが引っ掛かります。

各馬目先のダービー仕上げをしているにも関わらず、その先を見据えての調整を行っているという点は割引必要と考えます。

※厩舎コメントはポジティブ発言はあまり信用しませんが、この様な発言は重視しています。

 

シャルドネゴールド

追い切りから上積みがあまり期待できません。

また外枠は京都芝2200mは大きな減点材料です。

 

ケイティクレバー

追い切り内容が物足りません。

皐月賞時から上積みが期待できません。

 

ステイフーリッシュ

追い切り内容が物足りません。

外目の枠もこの馬にとって減点材料です。

 

 

穴推奨馬

 

B馬 人気ブログランキング

追い切りタイムは差ほど目立ちはしませんでしたが、動きから非常に状態の良さが伝わります。

戦ってきた相手関係からもここでも十分戦える能力はありますし、今回内枠を引き5・6番手の内で競馬が出来れば、十分上位進出可能と見ています。

 

リシュブール

追い切りでは、二週続けて好タイムをマークし出来は良いと見ています。

この馬は、新馬戦で対戦したルーカスには負けはしましたが、ルーカスを差し置いて1番人気になっていることからも、デビュー前から相当期待されていた馬だと分かります。

間隔を空けてジックリ馬の成長に合わせ仕上げてきていますが、この中間の内容からも期待しても良い出来にある判断しています。

 

メイショウテッコン

最終・一週前とそれなりのタイムをマークしていますが、二週前に好内容の追い切りを行っています。

梅花賞では青葉賞2着のエタリオウに勝利しており、戦ってきた相手比較からも能力は全く引けをとりません。

先行・内枠の好走率が高いコースで、番手の競馬をしてきたら十分太刀打ち可能とみています。

 

 

※今回穴馬3頭上げましたが、他にも追い切り診断で高得点馬多数います。

 

 

 

以下PRになります。

 

【PR:100万超えの配当を連発する競馬予想】

 

”勝てない競馬はもうやめにしませんか?”

----------------------

【最高のIT技術】を駆使して

帯封超えの的中を量産しているサイト!

先週も帯封馬券を含む高額配当を多数的中!

◆◆近走の ”大万馬券” お届け実績!◆◆

3月25日(日)中京12R 鈴鹿特別

3連単 14-13-02

獲得金額 1,832,400円!

その他俺の競馬の的中実績はこちら!

----------------------

これだけの高配当を量産することが出来るのか?

全ての結果には「理由」がある!

儲けることだけを考えて辿り付いたもの…それは

・確かな情報筋からの独占情報
・最新競馬ロジックの駆使
・投資会社からヘッドハンティングした資産運用のノウハウを活用

この3つをMIXすることで、他社には真似できない正解を導き、

競馬をギャンブルから安定した投資へ引き上げることに成功。

これが次世代の投資競馬サイト「俺の競馬」

圧倒的実績を誇る俺の競馬が

今週の「NHKマイルカップの予想」を無料で公開することが決定!!!

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓↓↓無料登録↓↓↓

重賞レースの無料予想を今週から受け取る

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。