Pocket

今回は阪急杯2018予想として、過去10年のデータから荒れるレース波乱診断を行うとともに、全頭の一週前追い切り調教診断を行っていきたいと思います。

 

阪急杯の出走登録頭数は18頭です。

 

このレースにはレッドファルクスやモズアスコット、カラクレナイが出走を予定しています。

 

阪神芝1400m戦は、とても荒れる印象のあるコース形態です。

 

出走頭数も多そうなので、勝負レース候補として、荒れる確率がどの程度かジックリ1週間かけて検証していきたいと思います。

 

 

本題に入る前に、2月17日・18日に行われた予想の結果を報告致します。

 

勝負レース小倉大賞典予想結果報告

 

今年3本目の勝負レースとした小倉大賞典ですが、3連単配当16万3千円ということで、期待どおり荒れてくれました。

 

これで3戦連続、3連単10万越えということで、荒れる予想は当たり継続中です。

 

あとは軸指定をシッカリしていれば、高配当を手にすることができていたのですが!

 

軸指定していたダッシングブレイズは近差の4着。ダノンメジャーは競争中止という結果となってしまいました・・・。

 

競馬で負けた悔しさより、好きな馬が故障し安楽死となったことの悲しさで、日曜日のレース後はしばらく放心状態でした。

 

この場を借りて、ダノンメジャー号 ご冥福をお祈りいたします。

 

もう1頭の軸馬ダッシングブレイズは馬体重の+10kg増が、多少重め残りだったものと思います。

 

冬場は追い切りが良くとも、馬体が絞りきれないという問題があります。

 

前にも書きましたが、馬体重の発表がレース1時間前に発表されるのどうにかして欲しいです。

 

インターネットが普及し、いつでもどこでも馬券が買える時代にも関わらず、なぜそこは時代についていっていないのか疑問でなりません。

 

(話しが脱線してしまいました。)

 

勝ったトリオンフについては、昇級戦の重賞ということで、さすがに壁にぶちあたるだろうと思っていましたが、簡単に超えてしまいました。

 

一ランク上の馬でした。

 

馬券購入の方向性としては、間違っていないと思います。

 

これまで同様、荒れるレースの選定をブレ無く公開していきたいと思います。

 

 

フェブラリーステークス予想結果報告(プレ予想)

 

軸指定のゴールドドリームは2着、穴指定していたインカンテーションは3着ときましたが、肝心のノンコノユメは無印としていました。

 

ノンコノユメは根岸ステークスの1週前追い切りでダートで良い動きを確認できたため、本命としましたが、

 

今回のフェブラリーは、1週前坂路、最終Wコースでいずれも馬なりでの追い切りで、タイムも遅く、そこまで評価出来る追い切りではありませんでした。

 

Wコースと坂路では調教走らない馬なのは分かっていましたが、調教では中々判断が難しい馬です。

 

 

ダイヤモンドステークス結果報告(プレ予想)

 

軸指定していた、レジャエンドセラーは10着という結果となりました。

 

しかし、この馬の軸候補条件は馬体が絞り切れていればという条件付きでした。

 

馬体が絞り切れていない場合は、ハッピーモーメントを軸指定としていましたが、6着という結果となったため、結局は外れです。

 

 

京都牝馬ステークス結果報告(プレ予想)

 

軸指定したミスパンテールは1着となりましたが、デアレガーロとエスティタートを相手に入れていませんでしたので、結果としては外れです。

 

 

大穴推奨馬結果報告

 

2月17日 東京9Rフリージア賞

3番 トキノパイレーツ 9番人気 5着

 

2月17日 東京10R白嶺ステークス

9番 クロフネビームス 10番人気 15着

 

2月17日 京都9Rつばき賞

7番 ウォーターパルフェ 7番人気 6着

 

2月17日 京都10R橿原ステークス

10番 グラッブユアコート 9番人気 6着

 

2月18日 東京9Rヒヤシンスステークス

2番 タイキフェルヴール 9番人気 2着

 

2月18日 東京10Rアメジストステークス

10番 コスモナインボール 7番人気 7着

 

2月18日 京都11R大和ステークス

15番 メイソンジュニア 6番人気 12着

 

2月18日 小倉10R 日田特別

8番 フェルクレール 9番人気 8着

 

 

大穴推奨馬は、人気より低評価の馬を推奨しています。

 

人気より下の着順となってしまえば、糞予想に他ありません。

 

中には、ダート戦で「中枠なのに、なぜ内入れて窮屈な競馬するの」という競馬もありましたが、

 

騎手も含めてのオッズであり、そのオッズだから穴候補として指定しているため自己責任です。

 

より精度を上げていける様、今週は頑張ります。

 

 

 

では、本題の阪急杯の予想を行っていきたいと思います。

 

 

第一部では、荒れるレース波乱診断ということで、過去10年のデータから阪急杯の傾向を検証していきます。

 

第二部では、全頭一週前追い切り調教診断(前編)をしていきたいと思います。

 

 

第一部 荒れる波乱診断

 

阪急杯がどのような傾向のレースか過去データを参考に確認していきましょう。

 

人気&配当

 

過去10年においては、3連単10万超えは2度あります。

 

多頭数で開催されるレースですが、イメージ程荒れていません。

 

 

脚質&枠傾向

 

先行・差し馬の活躍が目立つレースです。

 

枠は内~中枠が好成績を収めています。

 

 

波乱診断まとめ

 

阪神芝1400mが荒れるイメージがある理由は、暮れに開催される阪神C芝1400m戦が例年荒れているレースだからです。

 

しかし、阪神Cと阪急杯は同じ芝1400m戦ですが、性質が全くことなるレースです。

 

阪神Cはマイルチャンピオンシップのちょい負け組が参戦してきます。その馬達は阪神Cで人気を集めますが、ピークをマイルチャンピオンシップに持って来ていたため、出来落ちでの参戦が多かったです。

※最近はその傾向は変わりつつありますが。

 

その点阪急杯は、春の大一番安田記念に向けて2018年の始動戦という馬が多いですが、安田記念まで日数が相当あり、

 

この時期に行われる、芝1400~芝1600mのレースは、ある程度仕上げてレースに臨む馬が多く、

 

実力馬がシッカリ走っているため、荒れていないものと思われます。

 

今回人気を集めそうな馬を見てみますと、

 

レッドファルクスはココを叩き台に高松宮記念

 

モズアスコットは安田記念前に賞金加算は必須

 

カラクレナイは、今年3走目で得意の阪神芝1400m戦

 

になります。

 

上位3頭の内2頭が複勝圏外となれば、3連単10万超えは十分に考えられます。

 

人気馬の状態および人気薄の激走メイチ仕上げしている馬を、追いきり診断でチェックしていきたいと思います。

 

 

 

第二部 一週前追い切り調教診断(前編)

 

 

レッドファルクス 

(一週前追い切り評価83点)

 

一週前 2月15日 美浦
南W良 68.0-53.2-39.1-12.9
一杯

 

前走時最終 11月19日 美浦
南D稍重 67-8-51.9-37.8-12.0
強め

 

前走時一週前 11月8日 美浦
南W良 66.1-51.6-37.3-12.6
強め

 

一週前はWコースで一杯に追いきりましたが、前走時に比べタイム的にも物足りなさがあります。

 

この追い切りでどこまで変わり身を見せるか、最終追い切りに注目したいと思います。

 

 

モズアスコット 

(一週前追い切り評価83点)

 

一週前 2月15日 栗東
坂路良 53.1-38.7-12.5
馬なり

 

前走時最終 12月20日 栗東
坂路良 50.0-36.6-24.0-12.2
強め

 

前走時一週前 12月13日 栗東
坂路良 51.0-37.3-25.1-13.0
馬なり

 

一週前追い切りでは坂路で馬なりで追い切りを行いました。

 

レッドファルクス同様物足りない追い切り内容です。

 

最終追い切りで判断します。

 

 

カラクレナイ

(一週前追い切り評価88点)

 

一週前 2月15日 栗東
CW良 52.6-38.8-12.3
馬なり

 

前走時最終 1月24日 栗東
CW稍重 52.6-38.8-11.9
一杯

 

前走時一週前 1月18日 栗東
CW重 51.8-37.8-11.7
馬なり

 

一週前はCWで馬なりでの追い切りでした。

 

コンスタントにレースを使っているため、この程度の追い切りで十分でしょう。

 

出来は引き続き良好と判断します。

 

 

モーニン

(一週前追い切り評価90点)

 

一週前 2月15日 栗東
坂路良 51.4-37.2-12.3
一杯

 

前走時最終 12月20日 栗東
坂路良 51.1-36.9-24.2-12.4
一杯

 

前走時一週前 12月14日 栗東
坂路良 51.0-36.8-24.1-120
強め

 

一週前は坂路で一杯に追い切りを行いました。

 

タイムも前走時と同様良い動きで、体調は良いと判断します。

 

 

ディバインコード

(一週前追い切り評価82点)

 

一週前 2月15日 美浦
南W良 55.2-39.9-13.6
馬なり

 

前走時最終 1月31日 美浦
南W良 67.5-52.0-38.5-12.6
一杯

 

前走時一週前 1月24日 美浦
南W重 68.6-53.8-40.1-12.8
馬なり

 

中2週での参戦のため、一週前は軽い追い切りで問題ないでしょう。

 

最終追い切りでどの程度行うか注目です。

 

 

シュウジ

(一週前追い切り評価82点)

 

一週前 2月16日 栗東
坂路良 57.6-40.3-13.1
馬なり

 

前走時最終 2月7日 栗東
坂路良 52.1-36.9-24.1-12.1
強め

 

前走時一週前 1月31日 栗東
坂路良 50.6-37.2-24.5-12.5
強め

 

中1週での参戦となりますが、一週前にタイムを出してきました。

 

調教と実践が結びつかない馬で、判断が難しいですが、

 

いまのところ順調と判断します。

 

 

 

まとめ

 

 

今回有力馬6頭の一週前最終追い切りを見てきました。

 

有力馬の状態に黄色信号が点灯しています。

 

最終追い切りでも内容が軽いようであれば、人気薄の台頭も十分に考えられます。

 

人気薄の馬の中で現在注目している馬をコチラで紹介します↓

 

A馬 人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

【PR:個別サポートでもっと儲かる、ずっと儲かる】

あなたは利益が出る競馬をしていますか?

今回は圧倒的なサポートで誰もが勝てるサイトをご紹介!

※今なら無料登録で重賞の予想も公開中

 

早速ですがまずは過去の的中実績からご覧下さい!

 

ーー【過去の的中実績】ーーーーーーーーー

2/12 東京11R:クイーンカップ

三連単 06-02-09

回収金額:71,150円

 

2/11 東京10R:バレンタインS

三連単 05-04-08

回収金額:178,280円

 

1/28 京都05R:3歳未勝利

三連単 14-04-15

回収金額:163,040円

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これは先週の予想提供の的中結果の一部にしか過ぎませんが

過去1000本超の実績を出しているのです。

的中実績を更にご覧になりたい方は下記からご確認ください!!

⇒ 的中実績を確認する

 

ではなぜこんな大きな馬券を的中させることが出来るのか?

そしてなぜこれだけ多くの方に支持されてきたのか?

理由は大きな武器を持っているからです。

 

【1】創立以来の累計的中本数は、何と1000本以上

『お客様に利益をお届けする』を最重要課題として運営しており

7名のプロによる極上情報を提供しています。

すごい競馬の馬券はすべてが1鞍3000円以内の指定なので

最小限の投資で最大限の利益を追及しています。

 

【2】どんな小さなことでも迅速かつ丁寧に完全個別サポート

『いくら問い合わせをしても返事がなく、対応もたらい回し』なんて経験はないですか?

一人ひとりの状況を理解した担当スタッフさんがついて

サポートしてくれるサービスはなかなかないですよね。

人の心を感じられるサポートの違いをぜひ体感してください。

お客様に自信を持ってサービスを提供できているサイトっていいですよね。

 

それだけ自信のあるすごい競馬だからこそ

これだけの実績を出すことが出来るのです。

 

以下、実際に「すごい競馬」のモットーをご覧ください。

 

そしてここからが本題なのですが、

もちろん有料情報もこれだけ結果を出しているのでオススメなのですが

実は無料情報もとてつもない実績を叩いているんです。

 

特に無料予想で提供される【重賞レースの予想】は

桁違いの的中率と回収率を誇っています。

 

もちろん重賞レースがない日は平場のレース提供もあります。

そんな圧倒的実績を誇るすごい競馬が

 

今週も「中山記念と阪急杯の予想」をなんと、

無料で公開することが決まっています!

 

登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓↓↓ 無料登録 ↓↓↓

今週の重賞レースの無料予想を今週から受け取る

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。