Pocket

今回は天皇賞秋2017 荒れる診断予想および出走予定馬分析の記事を中心に書いていきます。

 

まずは、本日行われた菊花賞の回顧をしていきたいと思います。

 

ブログ開設1ヶ月で、高額配当獲得です!

 

菊花賞では軸指定したキセキが1着、ポポカテペトルが3着。クリンチャーについては、予想②全頭考察(前編)で穴推奨しており2着と激走してくれました。

 

購入金額1万円で3連単 約56万円を的中することができました。

 

これでブログ開設~今年末までの収支は勝ち確定になりました。

 

「何故その馬を軸にしたのか?」については、菊花賞の予想①~④を見て頂けたら大体わかりますので、ここでは省略させていただきます。

 

今後も予想にブレる事無く、一撃必殺馬券を狙っていきたいと思います。

 

心は来週のレースに向いています。今週はいよいよ天皇賞秋ですね。

 

登録頭数は20頭とフルゲートでの開催の見込みなので嬉しいです。

 

やはり注目はキタサンブラックですね・・・。

 

先に言っておきます。私の買い方はキタサンブラックと相性が相当悪いです。

 

それは何故か?キタサンブラックが作り出す速いペースが、紛れを少なくさせ強い馬しか上位にこれなくさせています。

 

要するに荒れないため馬券が当たらないということなんですが、さてさて天皇賞秋はどうなのかと言う事で、じっくり検証していきたいと思います。

 

天皇賞秋荒れるレース診断予想

 

まずは、この天皇賞秋が例年どのような傾向のレースか、まずは紐解いてみましょう。

 

人気&配当

過去10年の内に4回、3連単10万超え馬券が出ています。

 

 

脚質傾向

逃げ馬に関しては、2008年にダイワスカーレットが2着に1回だけきただけで、ほぼ全滅です。

 

先行、差しが有利と言えますが、追い込みも結構届いているレースです。

 

枠傾向

 

どちらかと言えば内枠が若干有利といえるでしょう。

 

 

登録馬時点荒れるレース診断

 

3連単10万前後の中穴程度の配当が出ているレースです。

 

今年はキタサンブラック参戦ということで、展開は平均より速いレースが予想されます。

 

キタサンブラックが作り出すペースについて行ける馬を探すレースと見て良いでしょう。

 

実力のない馬はこれませんので、穴馬選定は厳しく見た方が良いでしょう。

 

 

有力馬診断

 

キタサンブラック

 

この脚質でほぼ常に複勝圏に絡んで来られては、私の買い方は全く通用しません。

 

展開に左右されず自分でペースを作って勝つ様は、大相撲で言えば横綱 貴乃花の様な馬です(例えおかしいかな?)

 

宝塚記念は、馬場の影響からか惨敗しましたが、良馬場であればあまり複勝圏を外すイメージが沸きません。

 

良馬場での開催で且つ、調教の状態が良ければ軸馬指定にしますが、馬場が渋るようであれば、見直しする必要があると思います。

 

 

ソウルスターリング

 

前走の敗因は「逃げ」が一つの要因であることは間違いありませんが、実力が足りなかった部分もあるのでは無いかと感じるようになってきました。

 

今年の3歳はレベルが低いと言われておりましたが、最近の古馬VS3歳馬を見ていても、3歳馬が古馬に通用していないレースが多いです。

 

※先週の富士ステークスのペルシアンナイトなどもそうでした。

 

毎日王冠で通用するレベルの走りをしてくれていれば馬券も組みやすいのですが、今回も人気になるようであれば、期待値的に嫌いたいと思っています。

 

 

リアルスティール

 

毎日王冠を勝っての参戦です。

 

毎日王冠は調教で本気度が伝わったため、軸馬指定した経緯があります。

 

今回は上がり目という部分では、余り期待できないかもしれませんが、毎日王冠時レベルで現状維持できていれば十分に勝ち負け可能だとおもっています。

 

 

グレーターロンドン

 

毎日王冠で賞金加算できませんでしたが、今回なんとか出走出来そうです。

 

この馬は、爪の様子を見ながらの競馬になるため、使い詰めは返って良くないでしょう。

 

そのため、毎日王冠は賞金を加算したいという部分もありましたので、それなりに作ってレースに出ています。

 

今回は上積み的な部分は余り無いのではないかと思っていますが、最終追い切りを見て状態を確認して判断したいと思います。

 

 

ステファノス

 

過去天皇賞秋は2着・3着で、あと一歩というところまで来ています。

 

今回もこれまで同様のオールカマーを叩いての本番メイチという流れであると想定しておりますので、調教が重要になってきます。

 

 

まとめ

 

上位人気馬と下位人気馬に実力差が相当あるレースだと思います。

 

今年は差程荒れない年になるかなという現段階での考えでいます。

 

最後に、人気薄というわけではありませんが、距離延長等で実力より人気が下がると思われる馬を紹介したいと思います。

 

その馬はコチラ↓

 

競馬ブログランキング

 

多分2000m戦と言う事で、人気が上がらないのではないかと思われます。

 

道中リズム良く進め、この馬の末足が生きる流れになったら十分勝ち負け出来るものと思っています。

 

出来れば中枠~外枠を手に入れたいです。

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。