Pocket

今回は天皇賞秋2017の予想(全頭最終追い切り診断後編)をしていきたいと思います。

 

 

最終追い切り全頭診断(後編)

 

 

5枠10番 ミッキーロケット

 

・最終 10月25日 栗東

坂路重 53.2-38.2-25.2-12.8

馬なり

 

・一週前 10月19日 栗東

坂路不良 53.0-38.8-13.1

一杯に追う

 

・前走 10月5日 栗東

坂路良 50.9-37.6-24.9-12.8

強く追う

 

一週前に一杯に追われ、最終は馬なりで追い切られました。

 

前走時は相当良く見えた調教でしたが、その時と比較すると前走時の方が良かったです。

 

あまり強調材料が無いですね・・・。

 

 

6枠11番 ロードバンドール

 

・最終 10月25日 栗東

CW重 80.9-64.3-50.3-37.6-12.1

強く追う

 

・一週前 10月18日 栗東

CW稍重 83.1-66.7-38.3-12.0

一杯に追う

 

・前走 8月16日 函館

W稍重 67.1-52.1-38.5-12.7【8】

軽く追う

 

調教は絶好です。

 

キタサンブラックがいるため逃げ粘るというのは相当厳しいと思いますが、状態に関しては間違いなく良いです。

 

 

6枠12番 ステファノス

 

・最終 10月25日 栗東

芝重 66.9-51.3-37.3-12.0

一杯に追う

 

・一週前 10月18日 栗東

CW稍重 84.5-68.0-53.0-38.9-12.0【8】

馬なり

 

・昨年天皇賞秋3着時 10月26日 栗東

CW良 84.0-67.1-52.0-39.0-11.7【8】

一杯に追う

 

最終は芝での追い切りでした。

 

重馬場での調教だったのですが、相当走りづらそうに走っていました。

 

この調教を見ると渋った馬場では買いたくないですね。

 

この馬に関しては、馬場が渋るようであれば切ります。

 

 

7枠13番 グレーターロンドン

 

・最終 10月25日 美浦

南W良 52.6-37.8-12.6【6】

軽く追う

 

・一週前 10月19日 美浦

坂路重 59.8-43.6-28.2-13.6

馬なり

 

・前走 10月4日 美浦

南W良 52.1-38.3-12.5【6】

馬なり

 

最終は併せ馬を実施。

 

前走時と比較した場合は同程度ですが、安田記念時の最終は一杯で追い切って51.8-37.2-12.7を出していました。

 

一週前と最終の過程でいけば最終は一杯で追い切るものだと思っていましたので、少し気になるところではあります。

 

調教だけで判断するのであれば、安田記念時の方が良かったです。

 

 

7枠14番 サトノアラジン

 

・最終 10月25日 栗東

CW重 68.6-52.8-39.1-11.8【8】

軽く追う

 

・一週前 10月22日 栗東

坂路不良 55.9-40.6-12.7

馬なり

 

・前走 10月4日 栗東

CW稍重 82.9-67.6-52.7-38.5-11.6【8】

ゴール前軽く追う

 

毎日王冠時の調教は良く見えましたが、今回も動きは良かったですね。

 

枠も理想の枠なので、あとは天気のみです。

 

 

7枠15番 マカヒキ

 

・最終 10月25日 栗東

芝重 67.9-53.2-38.9-11.6

馬なり

 

・一週前 10月22日 栗東

P良 72.6-56.8-42.4-13.4【8】

馬なり

 

・前走 10月4日 栗東

CW稍重 67.9-52.9-38.8-12.6【6】

馬なり

 

芝での調教を行いました。

 

前回毎日王冠時にも書きましたが、去年の春と調教での動きが別馬に見えるぐらい、動きにダイナミックさが掛けている気がしてなりません。

 

馬券的にも美味はありませんので、切らせて頂きます。

 

8枠16番 カデナ

 

 

・最終 10月25日 栗東

坂路重 53.2-38.6-25.4-12.8

強く追う

 

・一週前 10月18日 栗東

CW稍重 81.7-66.1-52.4-39.2-12.7【9】

馬なり

 

・前走 9月21日 栗東

坂路良 52.3-38.1-25.2-12.7

強く追う

 

タイムは前走の方が良かったのですが、動きが格段に良くなりました。

 

外枠というのは不利ではありますが、この動きを見せられたら軽視はできないですね。

 

 

8枠17番 ワンアンドオンリー

 

・最終 10月25日 栗東

坂路重 55.5-40.5-26.3-13.2

馬なり

 

・一週前 10月19日 栗東

坂路不良 55.3-40.3-13.2

馬なり

 

・前走 10月4日 栗東

坂路稍重 56.0-40.5-25.8-12.6

軽く追う

 

あまり強調する内容は特にありません。

 

 

8枠18番 シャケトラ

 

・最終 10月25日 栗東

芝重72.7-55.8-39.6-12.4【5】

馬なり

 

・一週前 10月18日 栗東

CW稍重 66.1-51.9-37.7-11.6【8】

馬なり

 

・前走 6月21日 栗東

CW不良 87.7-71.2-56.1-41.1-11.9【8】

馬なり

 

一週前の調教で好タイムをだしていたので、最終は馬なり調整でした。

 

調子は良さそうです。

 

大外枠が相当の不利ですよね。

 

あとこの馬の適性距離は2000mでは無いのは確かです。

 

調子の良さでどこまで持ってこれるか、という部分はありますが今回は切ります。

 

 

まとめ

 

ざっと、18頭全頭の最終追い切りを検証してきました。

 

休み明けの馬が多いため、このレースに向けてどの程度まで仕上げてきたのかという部分があります。

 

あとは当日の馬場状態がどうなのかということが、勝ちを手にするためのポイントになってくる物と思われます。

 

最後に良馬場前提ですが、軸候補を載せています。

 

 

 

その馬はコチラ

 

 

人気ブログランキング

 

 

 

 

「天皇賞 秋 最終追い切り全頭診断前編」

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。