Pocket

今回は愛知杯2018予想、過去データと波乱診断、一週前時点有力馬&大穴馬見解を中心とした記事を書いていきます。

 

今週1月13日(土)には、中京競馬場で愛知杯が行われます。

 

登録頭数が22頭という事で、フルゲートでの開催が見込まれます!

 

「中京芝2000m」「ハンデ戦」「牝馬限定」

 

この条件だけでも荒れる気がしてなりませんが、愛知杯のレース傾向と対策、そして各馬の状態をしっかり分析して、高配当を狙えるレースか判断したいと思います。

 

 

本題に入る前に、1月8日に行われた競馬の結果報告をサクッと報告させてください。

 

 

シンザン記念結果報告

 

シンザン記念は出走頭数が11頭と少なかく、3連単高配当を見込めないと判断したため馬券購入を控えました。

 

結果、3連単2万6千円と低配当での決着となったため、馬券購入を控えたのは大正解でした。

 

プレ予想では、中間の調教が絶好だったツヅミモンを穴推奨していて、7番人気ながら見事2着に好走しました。

 

馬券は買っていませんが、予想があたるのは嬉しいことです。

 

 

大穴推奨馬結果報告

 

中山9R 成田特別

10番 モンストルコント 10番人気 6着

 

中山12R

13番 トルセドール 10番人気 11着

 

京都10R 羅生門ステークス

11番 ピンストライプ 7番人気 14着

 

京都12R

15番 ミスズスター 10番人気 10着

 

こちらの大穴推奨馬は全滅に終わりました。

 

1月6日は3戦2勝と調子が良かったですが、続く7日・8日と計8R馬券に絡めませんでした。

 

誠に申し訳御座いません。

 

今後より精度を上げていく事はもちろんですが、大穴推奨馬の中でも自信度の高低はありますので、期待度なるものを設け、どの程度自信がある大穴馬なのか分かりやすい様今後していきたいと思います。

 

 

 

では本題の愛知杯2018の予想をしていきたいと思います。

 

第一部では、愛知杯2018想定オッズ

 

第二部では、愛知杯2018波乱診断

 

第三部では、一週前時点有力馬&大穴情報

 

を書いていきます。

 

 

第一部 愛知杯2018想定オッズ

 

1番人気 マキシマムドパリ   3.7倍

2番人気 クインズミラーグロ  4.2倍

3番人気 ゲッカコウ      5.3倍

4番人気 サンタフェチーフ   6.8倍

5番人気 キンショーユキヒメ  10.3倍

 

※荒れ戦独自オッズ

 

 

第二部 愛知杯2018波乱診断

 

愛知杯がどのような傾向のレースか紐解いていきましょう。

 

人気&配当

 

※中京競馬場回収後の2012年からのデータです。また、2012年~2014年は12月開催、2016年~2017年は1月開催(2015年は開催無し)

 

過去5回のうち、3連単10万馬券超が4回出ている、非常に荒れやすい重賞レースとなっています。

 

 

※参考:中京芝2000m3連単配当傾向

 

全場の芝全コースの過去10年の平均データでは、対象レース15,890Rあり、16万2千が平均となっている事から、中京芝2000mは平均より3連単期待値が高い事が分かります

 

 

脚質傾向

 

先行・差し、あまり差は無いです。

 

展開次第で大きく変わってきます。

 

 

枠順傾向

 

外枠の馬が好成績です。

 

 

波乱診断まとめ

 

相当荒れる可能性が高いレースと言って良いでしょう。

 

フルゲートでの開催となりそうですし、一週前時点ではありますが「高配当狙いで勝負」する予定です。

 

 

第三部 一週前時点有力馬&大穴情報

 

 

マキシマムドパリ

 

前走の中日新聞杯では、2番手の先行策で5着の結果に終わりました。

 

前前走のエリザベス女王杯では4着と好走していただけに、多少物足りなさが残る結果となりました。

 

1月3日に坂路で一週前追い切りを行い52.7-38.5-25.3-12.8を計時してきており、エリザベス女王杯時の一週前51.9-12.1に比べると物足りなさはありますが、前走時よりは良いので、問題無しと判断します。

 

昨年勝っていますので、今年も当然有力馬の一頭と言って良いでしょう。

 

 

クインズミラーグロ

 

前走はエリザベス女王杯は1.1秒差の14着と大敗を喫しました。

 

この馬は「安定力」があるのが魅力で、複勝圏率が高い馬ですが、ココ2走が不甲斐ないレースが続いています。

 

過去にも不振時期が続いた時期もあるため、追い切り等で復調具合の確認が必要でしょう。

 

 

ゲッカコウ

 

前走はディセンバーステークス2着でしたが、グレーターロンドンに先着したことは非常に意味があります。

 

最近力をつけてきている一頭なので、軽視は出来ない一頭です。

 

 

サンタフェチーフ

 

2016年秋から本格化した馬で、今回叩き2走目での参戦です。

 

今回はハンデ戦ということもあり、1600万クラスの身であるため、ハンデが魅力的な馬になりそうです。

 

過剰人気になりそうですが、この馬の取捨が難しいところです。

 

 

大穴馬情報

A馬 人気ブログランキング

 

人気薄の軽斤量の大逃げ馬。

 

前走大負けしたことで、マークもされずにすんなり大逃げできると思います。

 

中間の状態に問題無ければ、重い印も考えている一頭です。

 

 

 

☆☆☆今週の記事予定☆☆☆

 

今週は諸事情により、記事の更新が少なくなる可能性があります。

 

勝負レースの愛知杯の記事を中心に書いていきますが、日曜日の日経新春杯、京成杯の記事については、場合によっては土曜日の最終予想のみとなる場合があります。

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。