Pocket

今回は秋華賞2017予想 最終追い切り有力馬診断をしていきたいと思います。

 

今週早くも木曜日で最終追い切りが終わりました。

 

昔に比べ一週間経つのがホント早く感じています。

 

歳の影響なんでしょうかね?

 

日々時間に追われている状況にありますが、最終追い切りに関しては予想の最重要ポイントなので、ココは時間を掛けてジックリ検証する必要があります。

 

1頭1頭分析して、この中から「軸馬」「大穴馬」を導きだして、でっかい配当を手に入れたいと思います。

 

 

最終追い切り有力馬診断

 

アエロリット

 

・最終 10月11日 美浦

坂路良 52.4-38.0-24.8-12.3

馬なり

 

・一週前 10月4日 美浦

南W良 79.7-64.6-51.1-38.1-12.8【7】

馬なり

 

・NHKマイルカップ1着時 最終5月3日 美浦

坂路良 53.5-38.8-25.0-12.1

馬なり

 

最終追い切りは坂路で単走追いを実施。

 

NHKマイルカップ時と比較し、全体で約1秒短縮。

 

一週前も馬なりで好時計をマーク。

 

間違いなく馬の状態は良いでしょう。

 

距離は2000mのイメージでは無いですが、こなせなくも無いと言ったところでしょう。

 

ベストは1600~1800mだと思っています。

 

やはり気になるのが前走逃げたことが、今回どう作用するかが一番のポイントだと思っています。

 

あれだけ気分良く逃げた前走。今回逃げないで番手で馬が言う事効くのか?

 

秋華賞はハイラップ傾向のレースですので、この激流に呑まれる可能性は結構高いと思っています。

 

そして1番人気が予想されます。

 

1番人気の馬はどうしてもマークがきつくなります。前走は1番人気のアドマイヤリードが後方にいたため、アエロリットのマークが緩かったため楽勝することができました。

 

今回同様の競馬は出来ないと思いますので、ここでどういう競馬ができるか見ものです。

 

この状況下で勝ったら本当に強いと思います。

 

外枠に入ったら軽視予定です。

 

 

ファンディーナ

 

・最終 10月11日 栗東

CW良 85.9-69.3-53.8-39.3-11.9【7】

ゴール前強く追う

 

・一週前 10月4日 栗東

坂路稍重 55.7-39.4-25.3-12.4

馬なり

 

・皐月賞7着時 最終4月12日 栗東

坂路不良 54.5-39.5-26.2-13.1

ゴール前強く追う

 

最終追い切りはCWで単走追い。

 

前走に比べれば、相当良くなっているという印象を受けました。

 

皐月賞は1番人気で他からマークを受けて、且つ初めて揉まれる競馬をしての7着。

 

ローズステークスは6分の出来で6着ですが、悲観する内容ではありません。

 

この状態で6着に来ること自体がこの馬の能力を物語っています。

 

岩田騎手が下手な騎乗しなければ、勝ち負けでしょう。

 

この人気は相当美味しいです。

 

 

リスグラシュー

 

・最終 10月11日 栗東

坂路良 52.4-38.3-24.7-11.9

馬なり

 

・一週前 10月4日 栗東

坂路稍重 51.8-37.8-25.0-12.5

ゴール前軽く追う

 

・桜花賞2着時 最終4月5日 栗東

坂路良 55.1-39.0-24.6-11.8

ゴール前強く追う

 

桜花賞時がこの馬のメイチでした。

 

その時の一週前の坂路が50.8-12.2でしたが、その時の出来に近い状態であることは間違いありません。

 

堅実な走りが持ち味なのですが、逆に強く推せない部分でもあります。

 

週末の天気次第でありますが、良馬場なら押さえます。

 

馬場が重ぐらいまで悪化するのであれば、消す可能性もあります。

 

 

ディアドラ

 

・最終 10月12日 栗東

坂路良 54.6-39.4-25.4-12.3

一杯に追う

 

・一週前 10月4日 栗東

坂路稍重 54.4-38.8-25.0-12.2

ゴール前軽く追う

 

・オークス4着時 最終5月18日 栗東

坂路良 53.4-38.2-24.9-12.4

ゴール前強く追う

 

最終単走で一杯に追っています。

 

最後一杯に追っている割に最後の200mのタイムが今イチです。

 

紫苑ステークスは強い勝ち方をしていますが、強い相手との勝負では無かったので、あまり過信は禁物だと思います。

 

調教を見る限り、あまり強調する材料はありません。

 

 

モズカッチャン

 

・最終 10月11日 栗東

坂路良 57.0-41.4-26.2-12.6

馬なり

 

・一週前 10月4日 栗東

坂路稍重 56.3-41.0-26.0-12.7

ゴール前強く追う

 

・オークス2着時 最終5月17日 栗東

坂路良 54.8-40.0-25.6-12.4

ゴール前強く追う

 

この馬に関しては調教タイムでは判断難しいですね。

 

常にタイムが遅いので、調子が悪くて遅いのか、調子が良くてもこのタイムなのか・・・。

 

オークス時と比較した場合、全体時計は今回の方が遅くなっています。

 

しかし、だから調子が悪いとは言えません。

 

動きは、走りたい気持ちをグッと抑えている感でとても好印象でした。

 

ローズステークスで7着敗退ということで相当物足りない印象でしたが、+14kg増と少し余裕残しの部分もあったと思いますので、ココは期待したいところです。

 

出来れば内枠を希望ですね。

 

 

ラビットラン

 

・最終 10月12日 栗東

坂路良 56.0-40.9-26.4-12.8

馬なり

 

・一週前 10月4日 栗東【9】

CW稍重 67.1-52.4-38.6-12.3

ゴール前強く追う

 

・ローズステークス1着時 最終9月13日 栗東

坂路稍重 53.3-39.1-25.2-12.5

馬なり

 

タイムもそうですが、正直ローズステークスの方が動きは良かったですね。

 

上がり目という部分ではあまり無いでしょうし、京都内回りで前回と同様の競馬が出来るかという部分があります。

 

ただし、この馬デビュー当初ダートで勝っていて力のいる馬場も向いている可能性がありますので、週末の天気で馬場が相当渋った場合で、レースがハイペースで流れる展開になった場合に、飛び込んでくる可能性はあります。

 

 

ミリッサ

 

・最終 10月12日 栗東

坂路良 52.9-38.5-25.4-12.8

ゴール前軽く追う

 

・一週前 10月4日 栗東

坂路稍重 54.1-39.9-25.8-12.7

ゴール前軽く追う

 

・ローズステークス4着時 最終9月13日 栗東

坂路稍重 52.5-38.5-25.1-12.6

ゴール前軽く追う

 

前走時と同様の出来にあると思います。

 

前走は内枠での競馬となり、最後の直線も前が壁になるなど不運な競馬となってしまいました。

 

しかし、末の足は確実なものがありますので、中~外枠を引き当てれば面白い存在になると思います。

 

あとは馬場ですね。

 

 

大穴候補☆1 人気ブログランキングで紹介

 

・最終 10月12日 栗東

CW良 81.6-65.9-51.1-36.8-11.7【7】

馬なり

 

・一週前 10月4日 栗東

CW稍重 80.1-64.7-50.3-37.2-12.1【7】

一杯に追う

 

・桜花賞1着時 最終4月5日 栗東

CW良 83.2-68.5-52.4-37.8-12.1

馬なり

 

名前隠しても、桜花賞1着と載せていたら解りますね 笑

 

メイチです。

 

タイムもそうですが、動きも唸るような動きで相当調子が良い事がわかります。

 

桜花賞時より調子が良いと思います。

 

あとは距離と週末の馬場がどうなのかという部分ですが、

 

現在のオッズは美味しいですね。

 

 

大穴候補☆2人気ブログランキングで紹介

 

・最終 10月12日 栗東

CW良 80.8-65.5-50.9-37.6-12.3【7】

ゴール前軽く追う

 

・一週前 10月4日 栗東

CW稍重 72.7-55.7-40.6-13.2【9】

馬なり

 

前走 栗東

CW稍重 82.3-66.6-52.7-39.2-12.5【8】

一杯に追う

 

最終追い切りは、意欲的に長めから追われて前走時より好タイムでした。

 

当ブログで都度書いていますが、

 

この馬、凡走→好走→凡走→好走の馬でして、今回好走パターンに当てはまります。

 

相当人気が無い存在ですが、過去にサングレーザーに勝っている実績があります。

 

過小評価となっていますが、調子が良いですし、重実績もありますので複勝圏に入って来る可能性は充分にあると思います。

 

 

まとめ

 

今回秋華賞の有力馬および穴馬2頭を分析いたしました。

 

アエロリットは今回疑ってかかります。

 

ファンディーナは、自分の中で過大評価し過ぎている部分があるのかもしれませんが、単勝オッズ2.0倍前後の馬だと思っています。

 

調教の様子から今回相当復調したものと思っています。

 

買い方等は土曜日に最終見解としてまとめますが、ファンディーナは軸の1頭目で確定です。

 

あとは、穴馬2頭は相当面白い存在だと思っています。

 

この2頭が絡んできてくれれば、三連系のオッズも相当跳ね上がると思いますので、飛び込んできて欲しいものです。

 

穴馬☆1および☆2はこちら

 

 

競馬ブログランキング

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。