Pocket

本日は秋華賞2017最終予想 枠順確定後の有力馬分析を中心とした記事を書いていきます。

 

土曜日の京都芝の傾向としては、清水ステークスは大外からの差しで1・2着となりましたが、内外差なしといったところですね。

 

傾向として内有利、外有利というのはありません。フラットです。

 

 

有力馬分析

 

1枠1番 アエロリット

 

一週前および最終追い切りは非常に良い調教だったと思います。

 

前回外枠だったら切るということで書きましたが、1枠1番ですか・・・。

 

この馬が「行くのか」「行かないのか」が、このレースの最重要ポイントです。

 

そして行かなかった場合に掛からないで、押さえが効くのか?

 

内枠なので、前に壁を作る事は出来ると思います。

 

しかし、前に壁を作って初の2000mをリズム良く走るのは、難しいと判断しています。

 

1例をあげると、レッツゴードンキの桜花賞がこの馬に非常に被ります。

 

桜花賞でリズム良く逃げて、2着と-0.7秒差をつけての完勝。

 

しかしオークスでは、1枠1番で前に壁を作ってのレースでしたが、常に掛かりどおしで勝ち馬から1.1秒差の10着惨敗。

 

確かに距離という部分で1600m→2400mは違いますが、レッツゴードンキはその後も掛かる修正に手こずり、秋華賞以降1600m以下でのレースを主戦場としました。

 

アエロリットに話を戻しますが、この馬が楽に逃げられる状況になれば、この馬が勝ち。

 

この馬に絡んでくる馬がいればハイペースとなり、いつもの秋華賞の様に前目につける馬には厳しいレースとなります。

 

一番荒れるパターンは、この馬が番手で押さえて、掛かってリズムを崩して自滅する形が自分としては理想の展開です。

 

その展開が前目にいる人気薄が残るパターンとして荒れる確率が高いと思っています。

 

印はつけますが軸にはしません。

 

 

1枠2番 ラビットラン

 

一週前・最終追い切りから、ローズステークスよりタイムを落としています。

 

ローズステークスがこの馬のピークだったのではと思います。

 

あと内枠はこの馬にとって嬉しくないですね。

 

中枠~外枠で泥んこ馬場だったら、買いたいと思っていましたが、内枠ですし、雨もあまり降らなそうな気がしますので、今のところは軽視予定です。

 

当日の馬場状態を見て最終判断が必要です。

 

 

2枠4番 モズカッチャン

 

またまた内枠をゲットしました。女版キタサンブラックですね。

 

調教タイムでは判断つきませんが、走りたい気持ちをグッと抑えた調教で、調子の良さが伝わってきました。

 

この枠であれば、複勝圏に入ってくる確立は高いと思っております。

 

 

4枠7番 リスグラシュー

 

15:30時点ですが、3.1倍の1番人気になっています。

 

300万の大口があったみたいです。

 

お金持ちの考えていることは、馬よりわかりません。

 

この馬にとって、この枠は好枠ですね。

 

できに関しては、桜花賞のメイチまでは届かないまでも、それに近い状態にはあると思います。

 

この馬にとって一番気になる点は、渋った馬場は走るのか?という部分ですね。

 

私はあまり得意では無いのではないかと思っていますが、果たしてどうなんでしょう。

 

当日の天気と馬場状態には注意が必要です。

 

 

6枠11番 ミリッサ

 

状態は前走時の状態を維持しているものと思われます。

 

前走は内枠が仇になり、直線前が詰まるという不利があっての4着でした。

 

今回は中枠ということで、前回よりはレースがしやすいものと思われます。

 

リスグラシューあたりとは力量差は無いと思っておりますので、この単勝オッズは美味しいと思います。

 

この馬も切れで勝負する馬なので、渋った馬場はどうなのかという部分はありますが無印にはしません。

 

 

7枠14番 ディアドラ

 

一週前・最終追い切りを確認する限りは、前走時からの上積みは感じられません。

 

上積みどころか、下降しているのでは?と感じさせる動きでした。

 

紫苑ステークスは外々を回って、力でねじ伏せる強い勝ち方でしたが、戦った相手のレベルが高かった訳でも無いので、過信は禁物だと思っています。

 

無印にする勇気はありませんが、重い印はつけません。

 

 

7枠16番 ファンディーナ

 

前走時の状態より相当よくなっています

 

前走時はレース前の調教が、ほぼ馬なりでローズステークスに望んでの6着。

 

それも最後の直線では一旦先頭に立つ走りをしており、このレースを見ただけでも、この馬の力は相当あるなという印象を受けました。

 

今回はレースを1回使っていますし、更に最終追い切りはゴール前強く追っていて、その反応も良かったです。

 

前回6割の状況であれば、9割近くの状態には持ってきたのではないかと思っています。

 

9割でもこの面子なら勝ち負けだと思っています。

 

枠も内枠より外枠の方が、揉まれる心配も無くかえって良かったと思っています。

 

現在7.3倍の3番人気。今後これだけ配当つくこと無いかもしれませんね。

 

 

穴1 人気ブログランキング

 

一週前・最終追い切りともに絶好の動きをしていました。

 

桜花賞時を超えるメイチ気配です。

 

距離と渋った馬場がどうなのかという懸念材料はありますが、この状態であれば買っておく必要はあると思います。

 

 

穴2 人気ブログランキング

 

最終追いきりは前走時よりタイムが良く、体調の良さが伺えます。

 

この馬は、凡走→好走→凡走→好走を繰り返しており、今回は好走のパターンになります。

 

人気はありませんが、過去にサングレーザーを負かしている実績もありますし、重馬場実績もあります。

 

この人気であれば、積極的に狙っていきたいと思います。

 

 

最終予想

 

秋華賞 荒れ度70%(コース30%、出走馬30%、馬場10%)

 

荒れ戦指定レースの予定とさせて頂きますが条件つきとします。

 

日曜お昼時点で重馬場であれば荒れ戦指定レースとします。

 

良馬場・やや重馬場であれば荒れ戦指定レースとしません。

 

荒れ戦指定レースとした場合で買い方公開します。

 

軸馬(1頭指定)

 

16番 ファンディーナ

 

券種は3連複

 

16番絡みのオッズで150倍~1000倍までの馬券を300円

 

1000倍~3000倍の馬券を100円

 

計約15000円

 

軸指定馬については、今回1頭とさせていただきました。

 

ファンディーナです。

 

上でも書きましたが、やはりココでは実力が1枚抜けていると思っています。

 

荒れ戦とする理由としては、次のとおりです。

 

・アエロリットは逃げても、番手でも厳しいレースが予想されること。

 

・重馬場となった場合に、リスグラシューなど切れ味自慢の馬が苦戦を強いられる可能性があること

 

この上記2つだけでも、1・2番人気が危険な人気馬であることを感じてなりません。

 

しかし、天気が持つ様であれば状況は変わってきますので、明日のお昼の状態で判断となります。

 

最後に穴馬1および穴馬2はこちら発表します。

 

 

競馬ブログランキング

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。