Pocket

今回は阪神大賞典2018最終予想として各馬考察&買い目公開をします。

 

阪神大賞典は11頭での出走となりました。

 

例年同様少頭数での開催です。

 

土曜日午後9時時点で単勝オッズ1.7倍と圧倒的1番人気となっていますが、

 

タイトルにも書いたとおり不安材料がある中で、少々過剰人気過ぎる感がありますが、

 

各馬の考察については、後ほど記述していきたいと思います。

 

 

まずは、土曜日の馬場傾向ですが、

 

阪神芝の傾向としては、先行馬若干有利の傾向ですが、外差しも普通に届いているため、そこまで気にする必要は無いと判断します。

 

馬場というより、展開を読む事が大事になってきます。

 

 

今回の予想は、

 

1.阪神大賞典展開予想

2.最終予想(各馬考察・買い目)

 

を行っていきたいと思います。

 

 

1.阪神大賞典展開予想

 

スタート後まもなく11番ヤマカツライデン、4番カレンミロテック、9番ムイトオブリガード、2番のスーパーマックス、1番トミケンスラーヴァ辺りが前目での競馬をしてくるものと思われますが、11番のヤマカツライデンが積極的に逃げを主張していくものと思われます。

 

ヤマカツライデン以外は、2~3番手でも競馬ができますので、速い段階でポジションが定まり、展開としてはスローの縦長を予想します。

 

1番人気クリンチャーも前目から中段での競馬となりそうですが、どの段階で前を捉えにいくかレースのカギを握りますが、瞬発力に長けている馬では無いので、

 

瞬発力勝負を避けるため、早め早めの競馬が考えられます。

 

他の人気どころのアルバート、サトノクロニクル、レインボーラインはクリンチャーの動きを見ながらの競馬となると思われますが、

 

アルバートも瞬発力勝負は避けたい所なので、早め進出は十分に考えられます。

 

クリンチャー又はアルバートが3コーナー付近から動いて行った場合に、力勝負のレースとなりますので、力が無い馬は次々と脱落していくでしょう。

 

持久力勝負の展開となった場合に、ステイヤーズ3連覇しているアルバートに最も適した展開となるのではと思っています。

 

 

 

 

2.最終予想

 

阪神大賞典波乱確率5~10%前後(3連単10万超え確率)

 

11頭の少頭数ということもあり紛れは少ないですし、強い馬が順当に好走するレースなので波乱確率は低いと判断します。

 

 

予想印

◎10番 アルバート

F馬 人気ブログランキング

▲3番 クリンチャー

×7番 レインボーライン

△9番 ムイトオブリガード

 

 

 

買い目(プレ3連単)

1着 10

2着 F馬

3着 3・7・9

 

の3点勝負とします。

 

 

各馬考察

 

◎はアルバートです。

長距離戦では2割増し程度プラス評価して予想します。

追い切り診断でも88点を付けましたが、いつもどおりのアルバートの追い切りで、休み明けですが十分体制が整ったものと判断しています。

長距離戦でアルバートの単勝オッズ4.1倍は相当美味しいオッズに見えて仕方ありません。

 

F馬 人気ブログランキングとしました。

追い切り診断では92点を付けた馬ですが、全体タイム決して遅く無いにも関わらず、ラスト1F11.0秒を馬なりで計時しています。

状態に関しては、相当良い状態にあると判断します。

長距離戦でこそと言われていた馬ですが、昨年の菊花賞は馬場に泣かされての敗戦でした。

今回は良馬場で競馬が出来ることから、この馬の進化が見られるかもです。

 

▲3番手はクリンチャーにしました。

追い切りでは95点の高得点を付けました。

追い切りの動きが昨年の春先と見違える程、変わっているのにはビックリしました。

前脚の掻き込みに力強さがでており、パワフルな動きになっています。

こういう馬はパワーのいる道悪が向いています。

・・・

タイトルにも書きましたが、今回良馬場で開催される阪神大賞典は、クリンチャーにとっては不安材料です。

ディープスカイ産駒は道悪巧者の産駒が多いことは有名ですが、この馬もその遺伝を受け継いでいます。

サトノクラウンを例に挙げますが、良馬場では馬券に絡む事が最近全くなくなりましたが、道悪になると脚に水掻きが付いているのでは?と思わせる程走ります。

クリンチャーもその類いの馬の可能性は大だと思っています。

力を付けていることは間違い無いでしょう。

しかし、前走および前前走は道悪の恩恵があっての好走であることも確かです。

良馬場での確たる実績があってのオッズ1.7倍なら分かりますが・・・。

自分はこの不安材料が有る中で、1.7倍に大金を注ぎ込む勇気はありません。

 

 

×4番手はノレインボーラインです。

追い切り診断では92点をつけました。

この馬の実質追いは日曜日で、好タイムを計時してきました。

有馬記念から3ヶ月ぶりですが、体調に関しては問題無しと判断します。

いつも堅実に走りますが、もうワンパンチ足り無い馬です。

クリンチャーが転けた場合の次点馬という位置付けです。

 

△ムイトオブリガードを5番手評価としました。

先行馬の中で一番面白い馬だと思っています。

前走のレースでは、500クラスですが、逃げた馬が上がり最速をマークして0.7秒差つけての完勝ということで、

力が違うレースを見せてくれました。

格が一気に上がるため、楽ではありませんが、秘めたる能力は相当と思っております。

展開利があった場合には、十分上位に悔い込む可能性はあるでしょう。

 

 

 

 

 

【PR:無料情報だけでも万馬券続出!】

 

▼業界屈指の老舗情報競馬サイト▼

 

PR担当の村上です。

 

本日は創業25年の老舗競馬情報サイト「勝馬伝説」のご紹介です!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

無料情報でも万馬券を続出!!

穴馬を中心に提供している情報サイトだからこそ

高配当馬券を幾つも量産!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回ご紹介させて頂く「勝馬伝説」

私が知る限りどこよりも信頼性が高いと言えます。

創業25年という実績も然り、穴馬の精度がやばいですww

より確信的な情報を得るための「独自情報ルート」そのルートがなんと300以上!

その情報から先週も高額馬券を的中!

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2/24(土) 中山10R

【富里特別】

券種:3連単
結果:14-16-07
払戻:1,372,560円

その他の的中実績はこちら!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

しかも、これはまだ一部の的中実績にしかすぎません。

これだけの実績を残すのですからさすがですよ。

これだけインターネットが普及した今でも初心を忘れるべからず

徹底したアナログ主義で情報を集める!とのこと。

これも大きな的中を量産し続ける理由なのなのでしょう。

勝馬伝説の最大の武器は何度も言っている通り

「創業25年」ということに他なりません。

実際に勝馬伝説ではこのように言っておられます。

当然これだけのサイトですから利用者の声も絶大そのものです。

おいしい思いをしている方がたくさんおられますね(笑)

■以下、実際に利用しているお客様の声の一部がこちらです!

 

そんな勝馬伝説ですが、

今週の「重賞競走」も勝負レースとして公開!

是非、無料登録し、関係者も驚愕するほどの的中率をご体感ください!

 

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓ 無料登録 ↓

今週から極上の無料予想を受け取る

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。