Pocket

オールカマー2017 荒れるレース診断予想&先週のレース回顧

 

本日は今週開催のオールカマーが荒れるかどうかを中心とした記事になります。

 

例年1番人気、2番人気の成績が良いレースです。

 

中山2200mは余り波乱のイメージが無いんですが、今年は先週台風の中での3日間開催という事もあり芝の痛みも見られてくれば、実力馬が力を出し切れない場合もありえます。

 

週末に向けてじっくり予想していきたいと思います。

 

まずは先週のレース回顧をしたいと思います。

ローズステークス&セントライト記念のレース回顧

 

○ローズステークス  荒れ戦指定レース

○セントライト記念  紐荒れ中穴狙いレース

 

ローズステークス

 

年20~30回の厳選レースとして指定しました

 

※荒れ戦指定レース

 

荒れる確率が高いレースで3連単で15万を超えるレース。

 

3連複では2万を超えるレース。

 

荒れ戦の基本

  1. 荒れるレースを当てる
  2. 軸馬を当てる
  3. 荒れる範囲を当てる

 

1.の荒れるレースを当てる事が出来ました。

 

2.軸馬指定の2頭が3着以内に来ていないため外れました。

 

※馬場読み(天気)で外れ。馬場悪化で内枠の人気馬リスグラシューは来ないと判断した。

 

まあ、悔いても仕方がありません。

 

あと、ファンディーナですが、調教師が言っていたとおりの結果になりましたね。

 

コメントから本気度が分かりました。

 

馬体重が22kg増の時点で、厩舎の発言は本当であると確信。

 

天気の読みは外したが、レースの読みは概ね当たりました。

 

しかし、大きい配当を手にしなかったら何にもなりません。

 

また、次回の指定レースでは、しっかり仕留めたいと思います。

 

セントライト記念

 

こちらは紐荒れ中穴狙いでした。

 

アルアインを軸に2着、3着固定で買いました。

 

アルアイン以下はドングリの背比べということで、手広く買いましたが、まさか2番人気、3番人気が3着以内にくるとは。

 

アルアインが2着に来たのは読みどおりでしたが、3着以内に来る馬が人気馬であれば、私はどうすることもできません。

 

馬券は当たったが、何と赤字になるという始末。

 

クソ予想ですね。

 

荒れ戦指定レース以外のレースについては、今後買い方を見直しをして出直ししたいと思います。

 

レース回顧は以上です。

オールカマー2017荒れるレース診断予想

 

まずは、過去10年の傾向をデータで見て見ましょう。

 

人気&配当

2014年は新潟開催でしたので、データ対象から外しています。

 

過去9年のデータを見ると、3連単10万以上の年一度もありません。1,2番人気の3着以内率が高いのが分かります。

 

脚質傾向

先行脚質の好走が目立ちますね。

 

枠傾向

 

内枠~外枠、それほど偏った傾向はありません。

 

年齢別傾向(3着以内数)

 

4歳 7回

5歳 10回

6歳 6回

7歳 4回

8歳以上 0回

 

5歳馬が少し好走率が高いです。

 

登録馬時点荒れるレース診断

 

過去データを見る限り、荒れる傾向のレースではありません。

 

中山芝2200mはあまり大穴がくる確率が低く、大穴を狙うにはリスクがあります。

 

1,2番人気が好走率が高いため、紐中穴狙いで攻めるべきか?

 

登録投数17頭と言うことなので、今後攻め方を検証していきたいと思います。

 

現時点での注目馬

 

 

注目馬 ルージュバック

 

前4走着外が続いていますが、レースが

 

天皇賞・秋7着(0.6)

ジャパンカップ9着(1.0)

金鯱賞8着(0.4)

ヴィクトリアマイル10着(0.7)

 

と着外が続いていますが、金鯱賞は直線でまともに追えずの負け、ヴィクトリアマイルは内で揉まれ、最後の直線上がり3位の33.3の足を使って追い上げ届かずの負けでした。

 

過去9回のオールカマーでの牝馬の成績は、ショウナンパントルとヌーボォレコルトの2頭のみしか3着以内に来ていません。

 

オールカマーの牝馬は牡馬G1で通用するぐらいの馬でなければ好走できないのかもしれませんが、ルージュバックは好走できるだけのポテンシャルはあると思っています。

 

距離、コース適性は大丈夫なので、内枠に入れば凡走率高いですが、外枠に入ってスムーズな競馬が出来れば複勝圏は高いと思います。

 

 

 

危険馬 ステファノス

 

この馬は典型的に、休み明け試走、次走メイチが繰り返されています。

 

この馬の距離適性は1600~2000mですし、2200mは若干長い気がします。

 

オールカマーを使うという事は、天皇賞・秋→マイルチャンピオンシップのローテを見据えてのローテなので、

 

オールカマー80%

天皇賞・秋95%~100%

マイルチャンピオンシップは状態キープを目指す形でしょうか。

 

今回は状態及び距離を考えて印は無しもあり得ます。

 

最後に紐荒れ馬を紹介します。

注目紐荒れ馬

 

この馬↓

 

人気ブログランキング

 

最近凡走を繰り返しておりますが、自分の形で走れていないのが一番の要因です。

 

今回は同型の馬が1頭いますが、番手でも気分良く進めていければ4コーナー先頭で押し切ることも可能です。

 

とにかく人気が低い逃げ馬は、実力が少し劣っていたとしても必ず紐荒れに加える必要があります。

 

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。