Pocket

本日はスプリンターズステークス2017予想 最終追い切り後の見解(前編)をしていきたいと思います。

 

今週はスプリンターズステークスの他に、深夜に凱旋門賞が行われます。

 

海外競馬は出走頭数が少なく、その分紛れが少ないので馬券は買いません。

 

そもそも海外馬の実力なんて知りませんので、さらさら買うつもりはありませんが、日本馬を代表してサトノダイヤモンドには頑張ってもらいたいところです。

 

ちなみに、メルボルンカップは凄い興味あります。確かフルゲート24頭でしたか?

 

毎年人気薄の馬がバンバン絡んできますもんね。宝くじ買うつもりで買おうかな。

 

それでは、本日水曜日に最終追い切りを済ました馬達の最終追い切り後の見解をしていきたいと思います。

 

 

出走馬分析

 

セイウンコウセイ

 

・今回 9月27日 美浦

南W良 65.6-50.4-37.1-12.5

一杯に追う

 

・一週前 9月21日 美浦

南W良 67.7-51.6-38.5-13.1

一杯に追う

 

・高松宮記念1着時 3月22日 美浦

南W不良 65.0-50.2-36.5-12.5

一杯に追う

 

高松宮記念時同様一杯の追い切りを消化。

 

ほぼ変わらないタイムを叩き出しているので、状態面に関しては問題無いでしょう。

 

前回函館スプリントステークスは、前半3ハロン32.2の超のつくハイペースを単独2番手追走から、4コーナーで先頭に出たところで、軽量馬のジューヌエコール(斤量50kg)に軽く抜かされましたが、キングハート、エポワスと僅差の4着の結果に終わりました。

 

しかし、私はこのレースでセイウンコウセイの評価を下げるつもりはありません。

 

今年の函館の芝は例年にない高速馬場で、それほど早い持ち時計が無いセイウンコウセイにとって適正がどうかという部分もありましたが、1分7秒3の高度計で走っていますので、早い時計ではどうなのか?という不安は解消しました。

 

現在の中山の芝状態は先々週は台風の影響による重開催。先週も土曜日は稍重開催での開催だったため、よりセイウンコウセイ向きの芝になってきているものと思われます。

 

この馬のレース間隔はシルクロードステークスから2ヶ月~3ヶ月の間隔で走っています。

 

この間隔を守るための函館スプリントステークスだったと思われます。また、この馬自身スプリンターズステークス以降に狙っているレースは無いと思いますので、ここをメイチ仕上げしているものと思いますので、現時点では軸候補の1頭です。

 

 

メラグラーナ

 

・今回 9月27日 栗東

坂路良 53.5-38.2-24.5-12.3

馬なり

 

・一週前 9月21日 栗東

CW良 74.4-57.1-40.7-11.6

馬なり

 

・オーシャンステークス1着時 3月1日 栗東

坂路良 53.1-38.8-24.7-12.0

馬なり

 

最終坂路はいつもどおり、時計自体もいつもどおりというところで、体調自体は問題無いでしょう。

 

この馬は去年の今時期、スプリンターズステークスは出られませんでしたが、スプリント界に化け物が現れたという感覚になった馬です。

 

しかし、その後は春にG3オーシャンステークスを勝つものの、その時の衝撃程の活躍を見せずに現在に至っています。

 

強いんですよ。強いんですけど脆いんです。

 

道悪苦手なんですかね?この馬。過去に1000万下時には重馬場発表でスナッチマインドに0.2差つけて勝利。セプテンバーステークスは稍重発表だが、重に近い稍重で2着に0.1差つけて勝利しています。

 

京阪杯の時の重馬場、高松宮記念の稍重、CBC賞時の良発表だが実質重馬場の時に相当差をつけられて負けているせいで、この馬は道悪苦手ということになってしまいました。

 

皆さんご存じのとおり、道悪苦手な馬はとことん駄目ですよね普通。

 

でもこの馬は勝っています。たまに。

 

スプリンターズステークスの日は雨が降らないから関係無いだろ!

 

と言われるかもしれませんが、私が思うに、この馬気分屋さんなんだと思います。

 

過去走みてもわかるとおり、新馬戦ダート1200mで2着に0.6秒差をつけて快勝したと思えば、次走1着から2.5秒差をつけられてのどん尻負け。まさしく気分屋の走り!

 

この馬の定説になっている好走の条件「外枠の良馬場」というのが、この馬が気分良く走れる条件なんだと思います。

 

この馬が気分良く走れる条件となれば、化け物級の強さだと思っていますので、まずは枠順発表をみて判断したいと思います。

 

 

レッドファルクス

 

・今回 9月27日 美浦

W良 68.0-51.3-37.9-12.4

強め

 

・一週前 9月21日 美浦

南W良 80.9-64.8-50.2-37.1-12.6

一杯に追う

 

・昨年スプリンターズステークス1着時 9月28日 美浦

南D 良 63.8-49.3-36.2-11.8

軽く仕掛ける

 

今回は4ヶ月の休み明けからの参戦になります

 

状態については、高松宮記念時の最終追い切りタイムと差ほど変わりが無いため、体調自体は問題ありません。

 

この馬は休み明けは問題無く走れるため、前哨戦を使わなかったことは別に気にしていません。

 

でも、この馬スプリンターズステークスをこの秋の目標のレースなのでしょうか?

 

この馬が安田記念3着にきた事に驚いたんですが、馬主目線で考えた時に、安田記念3着であれば、当然マイルチャンピオンシップの距離も問題ありません。

 

スプリンターズステークス2連覇の称号より、他にマイルG1の称号があれば、もっと種馬としての評価もより上がると思いますよね多分。

 

安田記念3着だった時点で、この秋の目標はスプリンターズステークスよりマイルチャンピオンシップをメイチに持ってくるのかな?という読みをしておりました。

 

ですが、だからといって、スプリンターズステークスでこの馬を切ることは絶対にできません。

 

状態が85%~90%でも、この馬の能力を考えたら複勝圏に入る確率は高いでしょう。

 

今のところですが、想定1番人気ですが軸にはするつもりは今のところありません。

 

 

ビッグアーサー

 

・今回 9月27日 栗東

坂路良 52.3-38.1-25.5-13.5

一杯に追う

 

・一週前 9月21日 栗東

坂路良 51.8-37.3-25.8-13.8

一杯に追う

 

・昨年スプリンターズステークス1着時 9月28日 栗東

坂路やや重 52.5-37.9-24.6-12.8

一杯に追う

 

本調子とはほど遠い調教ですね。

 

一週前の一杯追いで、どれだけ復調したか最終追い切りが見ものでしたが、タイム的にもあまり良くなった様に見えません。

 

実力は現在のスプリント戦線の中では1番と思っていますが、このまま無冠のまま終わってしまうんでしょうかね。

 

今回は無印候補ですね(これで勝ったら相当な化け物級)。

 

 

ダイアナヘイロー

 

・今回 9月27日 栗東

坂路良 51.1-37.2-24.5-12.3

一杯に追う

 

・一週前 9月21日 栗東

坂路良 52.8-38.3-25.4-12.7

馬なり

 

・前走北九州記念1着時 8月16日 小倉

芝重  77.0-63.3-50.8-38.3-11.6

強め

 

一週前馬なり、最終一杯追いでの調整となりました。

 

やはり、何と言っても5月から9月にかけて5戦消化して、今回6戦目しかもG1。

 

状態面が上がるということはまず無いでしょう。

 

中山コースも下級時には勝っていますので、ここ2戦は小倉でのレースです。

 

中山の急坂を、このレベルの馬達を押さえて好走できるのか、あまり好走するイメージが沸きません。

 

勢いでG1に挑戦してみました感がありますね。

 

想定4番人気となっておりますが、臨戦過程や実力を考えたら過大評価だと思っております。無印もしくは△予定です。

 

 

まとめ

 

今回5頭の予想見解をしてきました。

 

残りの馬についても明日以降に載せていきます。

 

なお、現時点で軸候補筆頭はこの馬↓

 

人気ブログランキング

 

安定感であれば、この馬だと思っています。

 

荒れ戦指定レースとなれば間違いなく、軸候補の1頭になります。

 

荒れ戦指定レースとするかどうかは、相当悩んでいます。明日注目のMが調教しますので、その調子などをみて総合的に判断します。

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。