Pocket

本日は菊花賞2017全頭考察(前編)をしていきたいと思います。

 

レイデオロがジャパンカップ参戦と言う事で、今回の菊花賞は相当低レベルな一戦となりましたが、大穴狙いの私としては願ったり叶ったりで、馬券的には中々面白いレースが期待出来そうです。

 

そして、週間天気予報をみたら明日から全て傘マークがずらりと並んでいます。

 

ただでさえ荒れる菊花賞ですが、これは何か臭いますよ・・・大穴の予感がします。

 

今回は各馬の道悪適性も含めて、菊花賞を検証していこうと思います。

 

 

全頭考察(前編)

 

アルアイン

 

この馬に関しては、やはり距離がもつのかという部分があります。

 

ダービーを見る限りは、2000m前後のパフォーマンスと比べると、少し落ちるなというイメージがありましたので、若干長い気がしてなりません。

 

気になる道悪適性ですが、シンザン記念では重馬場でのレースで、勝ち馬から0.8秒差の6着と皐月賞馬となるまでで、唯一の敗戦がシンザン記念でした。

 

このレースに関しては、最後の直線で前が塞がって後ろに下げる、致命的な不利がありました。

 

シンザン記念前の千両賞では、同じく重馬場だったのですが、この時は内から力強く抜け出して、0.2秒差をつけての完勝でした。

 

重馬場は苦手では無くこなせると思います。

 

しかし、芝3000mの道悪となると、益々距離大丈夫?という思いは強くなってしまいますね。

 

また、7番枠を引き当てそうな予感がしますが、外枠を引くようであれば、軽視する方向でいます。

 

内枠であれば、内枠でスタミナ温存してのレースも可能ですので、軽視はできません。

 

 

キセキ

 

この馬が想定1番人気となっています。

 

前走、神戸新聞杯はレイデオロに次ぐ2着と善戦しましたし、その前2走が秀逸な走りでしたので、1番人気は納得です。

 

京都芝3000mのコースについても、これまで走ってきたコースとはまた違いますが、菊花賞は差し・追い込みも結構届いていますので問題無いでしょう。

 

道悪適性については、良馬場のレースのみしか使っていないため何ともいえませんが、ルーラーシップ産駒は道悪適性がある馬が多いため、こなす可能性は高いと思っています。

 

 

ダンビュライト

 

前走神戸新聞杯は0.6秒差の4着敗退でした。

 

休み明けという事もあり、+16kgの増での出走だったため、悲観する内容では無かったと思います。

 

距離に関しても、2000mと2400mでのレース比較で、長距離で成績が劣っているということは無いので、距離に関しては問題無いと思います。

 

道悪適性に関しては、やはりこの馬のデビュー戦が印象的ですね。

 

不良馬場の中、2着キクノルア(現1000万)に0.8秒差、サングレーザー(現オープン)に0.9秒差をつけての完勝でしたから、今週の天気予報でこの馬の人気は一気に上がっていくと思われます。

 

 

サトノアーサー

 

神戸新聞杯はレイデオロに0.5秒差の3着でした。

 

休み明け+14kgという太め残りの部分はありましたが、神戸新聞杯の調教の様子から、相当仕上げて来たという印象を受けました。

 

ですが、結果としては、レイデオロに完敗と言う結果に終わり、相当物足りない印象のレースでした。

 

ただ、このレースに関しては、これまでに無い前目でのレースが出来たと言う事で、菊花賞に向けては収穫のあったレースであったと思っています。

 

切れで勝負する馬なので、道悪は得意ではない印象がありますが、きさらぎ賞では2着に好走していますし、ディープインパクト産駒なので渋った馬場は大丈夫な可能性が高いです。

 

今回人気が急落している状況ですが、期待値的には高い馬だと思っています。

 

 

ミッキースワロー

 

前走セントライト記念を勝利。アルアインに0.3秒差をつけての勝利というは立派ですね。

 

ただし、ミッキースワローは前走の1000万クラスで3着と敗退していた馬が、皐月賞馬に勝つというのは、やはりレベル的に今年の3歳は・・・と感じてしまいますよね。

 

この馬に関しては、セントライト記念がメイチ仕上げであったのは間違いないので、前走からどの程度調子を維持しているのかが、肝心になってくるものと思われます。

 

 

サトノクロニカル

 

セントライト記念0.5秒差の3着でした。

 

この馬に関しては、能力が1枚落ちるかなと言う印象があります。

 

調教を見ての判断になりますが、場合によっては消す予定です。

 

 

アドマイヤウイナー

 

神戸新聞杯は0.7秒差の5着

 

2着には差程負けていませんし、悲観する内容ではありませんでした。

 

距離適性としては、長距離向きな馬でありますので、穴馬としては面白い存在だと思います。

 

 

穴推奨1 人気ブログランキング

 

デビュー戦で道悪惨敗していますが、この馬には人気薄馬としての魅力を感じます。

 

前走は休み明けという事もあり成績がよくありませんでしたが、皐月賞のように先行粘り込みなレースをしてくれれば、上位に食い込んで来る可能性も高いと思っています。

 

出来れば内枠希望ですね。

 

 

その馬はコチラ

 

 

 

競馬ブログランキング

 

 

明日は全頭考察(後編)をしていきます。

 

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。