Pocket

今回はカペラステークス2017予想 荒れるレース波乱診断&最終追い切り有力馬と穴馬診断を中心とした記事を書いていきます。

 

このレースはJBCを戦い終えた実力馬と、これから重賞戦線で戦っていこうとする新興勢力がぶつかり合うレースといったところでしょう。

 

JBCを目一杯に作った馬は、体調の維持を図ってココに出走してきている訳ですが、そういう馬は紛れが生じる可能性が高そうです。

 

カペラステークスのレース自体、それなりに荒れる頻度は高いので、出走する馬の状態を最終追い切りを見て、紛れが生じやすいレースかどうか判断していきたいと思います。

 

 

第1部では「カペラステークスは荒れやすいレースか?」「脚質は何が有利か?」など、データ検証していきます。

 

第2部では「有力馬の最終追い切り診断を中心とした記事を書いていきます。

 

 

カペラステークス想定オッズ

 

1番人気 サイタスリーレッド  3.1倍

2番人気 ブルドッグボス   4.3倍

3番人気 ニットウスバル   5.0倍

4番人気 ノボバカラ     6.9倍

5番人気  コーリンベリー   10.6倍

 

第1部 カペラステークス荒れるレース波乱診断

 

まずは、このカペラステークスがどのような傾向のレースか、紐解いてみましょう

 

人気&配当

 

過去9年で、3連単10万以上の馬券が3回でています。

 

 

脚質傾向

 

 

基本的には先行馬有利といえますが、追い込み馬の活躍が目立ちます。

 

 

カペラステークス荒れるレース波乱診断

 

9レース中3回10万馬券以上がでているので、少なくもなく、多くもなくと言ったところです。

 

出走馬の状態を見て判断します。

 

 

 

第2部 有力馬最終追い切り診断

 

サイタスリーレッド

 

最終 12月6日 栗東
坂路良 53.2-38.7-25.1-12.6
馬なり

 

一週前 11月30日 栗東
坂路良 52.3-38.3-12.5
一杯

 

前走時最終  栗東
坂路稍重 52.2-38.3-13.4
一杯

 

最終は坂路単走で追い切られました。

 

ピッチ走法でダートがとても合いそうな走りをします。

 

動きは申し分無しです。タイムも一週前のタイムと前走時最終のタイムを比較しても、全体時計はほぼ同じですが、最後12秒台で走った今回の方が好感が持てます。

 

前走敗戦の原因が、水が浮く馬場が敗因であったのであれば度外視してよいものと思われます。

 

 

ブルドッグボス

 

最終 12月6日 浦和
ダート良65.9-52.4-37.8-13.4
一杯

 

前走時最終 10月30日 浦和
ダート不良 50.6-37.5-13.0
強め

 

最終はダートで併せ馬を行いました。

 

馬場差も有ると思いますが、前走時に比べ4Fで2秒近くタイムが悪くなっています。

 

7月からの連戦で今回6戦目となりますし、前走JBCでそこで目一杯仕上げてきている可能性が高いので、「疲れ」が非常に気になります。

 

実力はココ最近の着順を見ても分かるとおり上位ではありますが、今回に関しては疑ってかかりたいと思っています。

 

 

ニットウスバル

 

最終 12月7日 美浦
坂路良 55.8-39.2-25.5-12.4
一杯

 

前走時最終 美浦
坂路稍重 57.8-42.3-13.7
馬なり

 

最終は坂路単走で追い切られました。

 

タイム・動きともこの馬にしたら良い方だったと思います。

 

前走は後方からの差しで勝利を掴みましたが、3着、4着、5着も後方から差してきた馬がきていますので、展開利が相当あったものと思われます。

 

カペラステークスは追い込みも届くレースであるため、嵌まる可能性はありますが、そこまで信用はおけないところです

 

 

ノボバカラ

 

最終 12月6日 美浦
南W良 69.0-53.3-39.5-13.5
強め

 

一週前 11月30日 美浦
南W良 67.5-53.2-39.1-12.6
軽く追う

 

前走時最終 美浦
南W稍重 67.5-52.2-39.1-13.4
一杯

 

最終はWコースで単走で追い切られました。

 

前走時との比較では、一週前で全体のタイムは同じだが、最後の1F12秒台は良かったです。

 

昨年の覇者ですが、リピート優勝も十分考えられます。

 

 

コーリンベリー

 

最終 12月6日 美浦
南D良67.7-52.7-39.2-13.0
馬なり

 

一週前11月29日 美浦
南D良 61.0-47.4-35.3-12.3
一杯

 

前走時最終 美浦
南D稍重 65.0-51.2-38.1-12.8
馬なり

 

最終はダートコースで併せ馬を行いました。

 

何と言っても一週前の追い切りでしょう。

 

あまりお目にかかれない調教タイムです。

 

この馬は速い時で4F50秒前半を出している事が多いですが、3秒近く短縮しています。

 

やり過ぎた感があったのですが、最終もしっかりタイムを出して調教していますので、余程体調が良いという判断をしました。

 

過去にJBCを勝っている実績もあるので、今回の状態を考えたら買わない訳にはいかないでしょう。

 

 

まとめ

 

有力馬の追い切りの診断をしてきました。

 

人気上位5頭の中で、一番良かったのはコーリンベリーです。

 

続いてサイタスリーレッド、ノボバカラの順に良かったです。

 

枠順発表後に改めて最終予想をして行きたいと思います。

 

最後に、穴馬で面白い馬をコチラ↓で紹介したいと思います。

 

人気ブログランキング

※金曜深夜まで公開

 

最終 12月6日 栗東
坂路良 53.8-38.6-25.3-12.9
軽く追う

 

一週前 11月30日 栗東
坂路良 53.1-38.2-13.4
馬なり

 

前走時最終 栗東
坂路良 53.6-38.6-12.6
一杯

 

最終は坂路単走で追い切られました。

 

動き、タイムとも申し分無しです。

 

3走前にダート1200mを良馬場で1分10.5と勝っており、ここでも十分通用するものと判断しています。

 

当日ここまで人気がないのであれば、期待値が高いので、穴馬の筆頭格とします。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

yama

競馬は人と同じような買い方していたら大半の人は負けます。 当ブログは名前のとおり、荒れる確率の高いレースをターゲットにしているサイトです。 荒れる確率が高いレースを厳選し、狙ったレースを多点買で仕留めます。